« 上賀茂神社社家 梅辻家住宅を拝見 | トップページ | 【叡電】真夏の花シリーズ(2012)その3 秋の訪れ »

2012.09.15

宇治へ行って来ました。(その4)宇治上神社から早蕨の道を歩く

先日の集中豪雨で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害に合われました方へ心からお見舞い申し上げます。

宇治の散策の最後は、宇治上神社から早蕨の道を通って、黄檗駅まで歩きます。
*
201209uji27
宇治上神社の境内では、「清めの砂」の山を作ってました。毎日整備するんでしょうけど、けっこう大変なのかな?
*
201209uji28
この神社のお使いはうさぎです。祭神の菟道稚郎子(うぢのわきいらつこ)がこの地に宮殿を構えられた時に、うさぎが道案内したとされる古事にちなみます。

右のうさぎの口から出てくるのは、桐原水と呼ばれる名水です。
*

201209uji18

*
*
*
*
*
*
*
*
*

**これもうさぎ?

**黒い鵜の鳥と白い鷺の鳥で

**ウサギ

 

*
201209uji31
神社をでて、背後の大吉山に上ります。ゆるいハイキングコースが続いています。
*
201209uji32
山頂近くの展望台からは、平等院・宇治橋が見下ろせ、遠くは大阪市内の高層ビルも見通せます。天気の良い日は大阪南港のコスモタワーまで見えるんだとか。
*
201209uji33

もときた道を下って、さわらびの道を三室戸寺の方に向かいます。ここは前に源氏物語宇治十帖のスタンプラリーで歩いたことがあります。そのときの記事は、
↓のアドレスへ
http://nakkacho.cocolog-nifty.com/main/2006/11/post_7191.html 
*

201209uji36
しばらくは、古民家の残る旧街道らしい風情の道を歩きますが、京滋バイパスの陸橋を渡ると急に進行住宅地になってちょっと興ざめ

電車の窓から見えた茶畑で最後の一枚を撮影して、JR黄檗駅から帰路につきました。
*
(宇治・伏見の電車に続く)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 上賀茂神社社家 梅辻家住宅を拝見 | トップページ | 【叡電】真夏の花シリーズ(2012)その3 秋の訪れ »

コメント

平等院の俯瞰写真は見事ですね。それに、茶畑と鉄道の写真、関東ではなかなかできないショットです。

鵜 と 鷺、で うさぎ・・・。
座布団1枚!!なかっちょさんが 壊れたぁ?? (゚▽゚*)あはは!!

>> キハ58さんへ

ポスターでこの構図を見て、神社で場所を聞いて登っていきました。

皆さんは、お寺や大阪平野の遠望にカメラを向けてましたが、
わたしは15分後とにやってくる電車ばかり写してました(笑)

電車と茶畑は、JR川越線や西武新宿線と狭山茶のコラボを
昭和の頃に撮影したことがありますが、もうマンションに
変わっちゃったんでしょうねぇ。

>> まぶちょんさんへ

この小噺は、すでに江戸時代の笑話集にも載ってる古いネタ
なんですよ。

ウサギを2羽、2羽と数えるのも、鳥の名が入ってるからだとか????

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 上賀茂神社社家 梅辻家住宅を拝見 | トップページ | 【叡電】真夏の花シリーズ(2012)その3 秋の訪れ »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ