« 【阪堺】しばらく振りにチン電に乗車 | トップページ | もみじ3連休(その1) 岩倉実相院の床もみじ »

2012.11.24

【叡電】三宅八幡付近の開業当初の架線柱がいよいよ取替えへ

今日は、三宅八幡~八瀬付近へ叡電の撮影へ行ったのですが、帰りの三宅八幡駅前で、開業当初からの古い鋼トラスの架線柱がコン柱に取り替えられる工事が進んでいるのを目撃しました。
*
Miyake_16
駅のホームから八瀬方面を望んだところです。すでにコンクリート柱が立ち、架線も吊り換えれています。17日に蓮華寺に行った時は気が付かなかったのです、この一週間のうちに工事が進んだようです。

最近、「えーでんで踏切か電柱の工事してはんでぇ。」と家人から聞いてたのですが、まさかこの架線柱の取替え工事だったとは.....
*
Miyake_17
比叡山をバックに古い鉄柱の下を電車が走る風景も、いよいよ見納めになりました。
*
Miyake_18
連休返上で、夕日が沈むのを追いかけるように、電気工事が進みます。

作業員のかたには申し訳ありませんが、休み中に工事があったからこそ、この最後を見届けられたわけです。
*
Miyake_19
踏切と急カーブの重なる地点は、複線ではめずらしい片持ちになっています。元田中~茶山間もそうでしたが、急曲線が取替えの遅れた原因なのでしょうか?
*
Miyake_20
もう少し、八瀬よりにも数本古いのが残ってましたが、一緒に取り替えられるのでしょう。

これで、叡電開業以来の架線柱は、大正14年以来、87年目にして全滅と思われます。

またひとつ、叡電の隠れた撮影ポイントが消滅しましたbearing
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【阪堺】しばらく振りにチン電に乗車 | トップページ | もみじ3連休(その1) 岩倉実相院の床もみじ »

コメント

今晩はnight
寒く成りました(~_~;)
なかっちょさんの所はどうでしたか
写真には雲が少ないようですので、わりと暖かかったのかなぁ~
こちらは曇り空と風がきつくてとても寒かったですよcoldsweats01
87年来のものが無く成るのは、いくら錆びていても趣があるのに
勿体ないですねcoldsweats01
古い物を新しく変えて行かなくてはいけないのでしょうけどねsweat01

>> na nori さんへ

おはようございます。
今朝は、よいsunですが、メチャ寒いです。
この秋一番の冷え込みかも?

子供の頃から見ていた、電信柱がとうとう新しく
なってしまいました。ちょっとさみしいですconfident

こんばんは。

今日はとても良いお天気でしたが、朝はとても寒かったです。

冬の訪れともに、消えゆく叡電の架線柱・・・。
何か寂しさと残念さを感じました・・・。

87年も使用されていたとは、知りませんでした。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。今朝は寒かったですけど、日中はかなり暖かかったですね。

またひとつ、京都電燈→京福電鉄→叡山電鉄とつづいた歴史が消えて
しまいました。まあ車両にも施設にも耐用年月がありますし、新しく出来る
ということは、それだけ財務に余裕のある証拠なんでしょう。

また、新しい架線柱で、あたらしい叡電の歴史を刻んでいって欲しいです。

複線に片持ちってあったんですね。全然気づきませんでした。トラス構造の鉄柱、味がありますよね。

>> キハ58さんへ

全区間の架線柱の配置を頭に入れているわけではありませんが、
叡電の複線区間では、はじめてかもしれませんね。

トラス構造架線柱は、関西私鉄ではよく見かけましたが、
どんどん取り替えられているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/56181752

この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】三宅八幡付近の開業当初の架線柱がいよいよ取替えへ:

« 【阪堺】しばらく振りにチン電に乗車 | トップページ | もみじ3連休(その1) 岩倉実相院の床もみじ »

フォト

ススキ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ