« 比叡山に初詣に行ってきました(前編) | トップページ | 【叡電】岩倉1号踏切の薄雪の朝 »

2013.01.04

比叡山に初詣に行ってきました(後編)

今朝の洛北は、うっすらと雪化粧してます。比叡山も粉砂糖をまぶしたように緑と白が混じった装いです。

2日の、比叡山の初詣の続きです。
山上の正月法要を無事に終えて、巳年にちなんで無動寺の弁天堂にお参りすることにします。
*
201301hieizan07_2
一旦、延暦寺の東塔をでて、坂本ケーブルの駅を過ぎ、無動寺坂を10分ほど下っていくと、紅白の幕を張って、迎春の準備の調った参道にでます。
*
201301hieizan08_2
弁天堂の門前です。本堂はこの奥にあるのですが、撮影は遠慮してます。

3日の初巳法要に供えて、若いお坊さんや信者の方が忙しそうに準備されてます。その中で本堂では、住職さまが一心不乱にお祈りされてました。なにか心打たれる所作でした。
「法要中でも自由にお参り下さい」とは書いてありますが、信者でもないものがお堂に上がるのははばかられて、外から拝んでおきます。
*
201301hieizan09_2
続いて、明王堂に参ります。ここでも行者さんが、護摩を焚き、ご祈祷されているらしいお経の声が境内に響いていました。ときおり飼われている犬の鳴き声や麓の騒音が風に乗って上がってきて、読経と変奏曲?を奏でておりました。

時間は、午後3時を回ったところです。できれば15:50のケーブルに乗りたいのでもときた道を戻ります。
*
201301hieizan10_2
明王堂は、標高550m。ここから根本中堂の標高680mを通ってつつじヶ丘のピークの標高780mまで上がり、またケーブル比叡駅の標高690mまで下ります。(ちなみに比叡山の大比叡一等三角点は、標高848m) 距離は3キロほど、標準タイムは1時間ほどです。50分まで短縮しましたが、チョットのことで乗り遅れて、次は16:25の最終便まで30分待ちです

大正14年開業の古い重厚な建物が西日を浴びています。広場のベンチに立つとちょうど我が家のある修学院地区が真下にみえます。
*
201301hieizan11
駅前広場には、こんな立て札がありました。昭和17(1942)年の京都電燈の解散と関連鉄道線の合併により京福電気鉄道(株)ができて50年。すでに昭和61(1986)には、平坦線と呼ばれた叡山線・鞍馬線は、叡山電鉄(株)として分社化されてますが、この鋼索線・架空索道線は京福電鉄に残されて数年経った頃ですね。

この後も、山頂遊園の閉鎖(2000年)、八瀬遊園の閉鎖(2001年)、人工スキー場の閉鎖(2002年)・八瀬かま風呂温泉閉鎖(2005年) と京福の洛北地区での観光事業は急速に縮小していくのですが、このケーブル線のみは、冬季運休が定常化した以外は、いまだに直営で運行されています。

やはり、八瀬・比叡山地区を観光地として切り開いたパイオニアとしての自負があるのでしょうね。
*
201301hieizan12
16:13 最終のロープウェイが下ってきました。
これを受けて、最終のケーブルの改札もはじまりました。
*
201301hieizan13
16:25 最終便のケーブルが、ケーブル比叡駅を発車します。

ところで、最終便の運転士さんや車掌さんや駅員さんは、どうやって山を降りるんでしょうねぇ。駅前に車が置いてありましたが、運転士さんたちは、翌日の始発に備えて、山頂で当直なんでしょうかねぇ?

雪もなく、寒くもなく、歩きやすい一日でした。次はGW初めの遅咲きの桜祭り(4/28-5/6 予定)の頃に、また徒歩で縦走したいです。
*
(次回は、叡電の初撮りです。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 比叡山に初詣に行ってきました(前編) | トップページ | 【叡電】岩倉1号踏切の薄雪の朝 »

コメント

こんばんは。

比叡山への初詣の記録、じっくりと拝見させていただきました。

比叡山のケーブルカーと、ロープウェイは、機会ができたら乗ってみたいです。

>> 京阪快急3000さんへ

こんばんは。
今日は、今年はじめての積雪(と、いっても薄っすらと雪化粧ですが)が
あったので、朝方に岩倉の田んぼへ写しに行ってきました。
写真は、明朝Upします。

次は、たぶん4月半ばか5月初めに比叡山に行くと思います。
もし、足に自信があれば、一緒にきらら坂を登りましょうか

あけましておめでとう御座います。
寒い中お出かけしてきましたか、元気いっぱいですね。
私はお酒で体を温めていましたよ
今年もよろしく。<(_ _)>

>> 西町さんへ

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
曇りがちの天気でしたので、山の上もそんなに寒くなかったです。

お寺では、お酒は一応(笑)禁止になってるので、
ぜんざいで温まってきました

お疲れ様でした。
近いところに、いろいろな乗り物があるとイイですねー!

>> キハ58さんへ

京都府下には、4ヶ所もケーブルカーが走っていて
乗り比べると面白そうですね。

こんばんは!

>最終便の運転士さんや車掌さんや駅員さんは?
本当に不思議ですね
分かったら是非教えて下さいね!

比叡山人工スキー場は懐かしいです。
修学院小から見えたスキー場。真っ白な三角形。
一度だけ、1981年に滑りに行きましたよ。

正伝寺庭や円通寺庭の借景である比叡山。
正伝寺案内2003年版では、頂きに電気がともっています。
その通り。
われわれが小学校の頃の比叡山頂は、下から見上げても明るかったね。

それが再び暗くなる。
経済面では凶兆なのでしょうが、自然防衛、環境保護、景観保存の観点からは、いいことだと思います。

ただ、ケーブルとロープウェイは、それ自体すでに歴史的「遺物」ですから、いつまでも現役でいてほしいですね。

あけましておめでとう!今年もよろしくです!
比叡山 いったことないです。遠いイメージがあって・・・。
ここで 比叡山に初詣だ!あはは!!
なんちゃって!

>> けいあんさんへ

昔はやった、三球・照代の地下鉄漫才みたいに、
「それ考えると一晩中眠られなくなるの
って話は、たくさんありますね。

こんど、駅員さんに聞いて見ます(^^♪

>> 笠井くんへ

今朝の比叡山人工スキー場の跡はは、昨日の雪がまだ消え残って
きらきら輝いてましたよ。

政権が変わって、株は上がり、円は下がってますけど、
相場でのマネーゲームだけじゃなくて、実態経済にちゃんと反映
してくれると良いんですけどねぇ。

この先、日本では、ケーブルカーやロープウェイが新規開設される
ことは、まず無いでしょうねぇ。スキー人口も減って、リフトも流行らない
みたいだし。

>> まぶちょんさんへ

比叡山は、自動車で簡単に山頂まで上がれるし、(大津ICから1時間も
あれば十分)、三塔巡拝して堅田に下りてびわこ大橋渡ったら、瀬田東IC
から名古屋方面へ戻れますよ。

やっぱり春から初夏にかけてのドライブがお勧めね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 比叡山に初詣に行ってきました(後編):

« 比叡山に初詣に行ってきました(前編) | トップページ | 【叡電】岩倉1号踏切の薄雪の朝 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ