« 今年もよろしくお願いします。 | トップページ | 比叡山に初詣に行ってきました(前編) »

2013.01.02

巳年の初参りは、弁天さんへ

2013年、改めまして今年もよろしくお願いします。

鉄道のこと、京都の名所旧跡のこと、古典のこと、その他いろいろと楽しいと思っていただける話題をお届けしたいと思ってます。

まずは、元日の初詣の話から
*
201201hatuhi
あさ8時ちょうどに目覚めると、東山から初日が昇ってくるところでした。電線なんかが邪魔ですが、もう広いところかマンションの屋上まで走ってる間もなさそうなので、ベランダから一枚。

そんなに寒さも感じないし、快晴の空。一年のはじまりにふさわしい天気になりました。

今年は喪中で、神社への初詣は遠慮しないといけないので、巳年にちなんだ弁天さんを祭るお寺に参ります。

最初は、祇園の六波羅蜜寺へ。

京阪祇園四条駅を降りると、四条通はものすごい人並み。押されるように祇園石段下へでます。八坂神社をスルーして、東大谷さんへ。ここは母方の祖父母のお墓があります。もう足が弱くなって石段を登れないという両親に代わって、お参りします。

冬場は空気が澄んでいるので、高台の墓地から京都市内のパノラマがくっきりと見えます。

再び四条通へ戻って、花見小路を南へ。花街のお正月は意外と質素な感じで、普通の昼下がりとそんなに変わりません。もちろんお茶屋さんの中では、いろいろと正月の行事が進んでいるのでしょうけど、格子戸の外からはうかがうすべもありません。

歌舞練場の前から建仁寺の境内に入ります。辰年は終わっちゃいましたけど、双龍の天井画を見る人が本堂に流れていきます。私は何度も見てるし、パスして栄西禅師が中国から持ち帰ったというお茶樹の垣根越しに、南門をでます。

南門には、摩利支尊天(まりしてん)堂があります。この神様のお使いはイノシシで、亥年には初詣で賑わってました。まあ、祇園一帯は神社や寺院がたくさんあるので、ブラブラ歩いているだけで十二支どれかにゆかりの寺社がひとつかふたつは見つかるんですね(笑)
*
201201rokuhara
昭和初期に建てられ、おそらく80年は経過しているであろうレトロなNTT祇園別館(旧祇園電報電話局)の庁舎の前を通りすぎると、幽霊飴で知られる六道の辻、西福寺です。子育て地蔵さまにお参りし、六文銭で作った「六道之辻」と書かれた額などを見ていると、息子の学校の先生とばったり出会いました(^^ゞ

西福寺の隣が、六波羅蜜寺です。ちょうど七福神参りの団体さんが着いたところで、そのグループに巻き込まれるように弁天堂の前へ。団体さんと一緒にお坊様のお加持を受けて、参拝記念の稲穂まで頂いてしまいました(笑)

普段は、団体さんを避けるようにしているのですが、たまには余得をもらえることもあるのですね。

団体さんが移動してからじっくりと見てみると、うわさに聞く金ぴかの女神さまです。ロウソクの光に映えて妖しいばかりの輝きです。昨秋に山科の毘沙門堂でみた弁天様もそうですが、なぜかこの女神様はなまめかしいお姿ばかりで煩悩が増すばかりです

本堂で十一面観音さまに新年のご挨拶をして、裏の宝物館に回ります。ここには歴史の教科書でも良くでてくる、「(伝)平清盛像」と口から六体の小像を吐き出す「空也上人像」ほか、運慶・湛慶仏師の像などの貴重な彫像が展示してあります。

清盛の像は、ちょっとヤブ睨み(失礼)の坊さんがお経を読んでいるような姿をしています。八百数十年の昔、ここに平家の六波羅屋敷があったことは間違い有りませんが、今では、奢る平家を偲ぶものは、この木像一体しか見当たらないようです。

最後に、銭洗い弁天さんに参って、ザルでお金を洗って今年の金運上昇を祈願して、六波羅さんを後にしました。
*
201201demachi
京阪出町柳駅までもどって、出町の弁天さんで親しまれる、出町青龍妙音弁才天にお参りします。

この弁天様は商店街の一角にあって普段はなにげなく通り過ぎてしまうのですが、さすがに巳年の正月とあって、参拝の人が列をなしています。ここにも稲穂がお供えしてあります。弁天様と稲穂は関係があるのでしょうか?

ご本尊様は、写真の画像(複製)ですが、普段は非公開です。お祭りの日かなにかに、ご開帳があるのかもしれません。

出町の弁天さまの前後は、下鴨神社にお参りされる方が多いですが、わたしは遠慮の身なので、そのまま帰宅しました。
3afe1861011eac7c908fb4740390bbe1
最後になりましたが、今年一年の読者の皆様の、ご健康とご発展を祈願しております。
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 今年もよろしくお願いします。 | トップページ | 比叡山に初詣に行ってきました(前編) »

コメント

今年もよろしくお願いします。
京都の正月は、八坂神社でもらった火を消さないようにして自宅に持って帰り釜戸で火を起こすと思っていました。(* ̄ー ̄*)
そんなことは続いていませんよね。でも私が京都におりました昭和58年頃には、そんな人が実際にいたのではないでしょうか。
話を聞いて京阪電車の中をどうやって持って帰るのと真剣に考えたことがあります。

私の父母も東大谷の祖廟に眠っております。次に京都に参りましたらお参りに行くつもりです。

こんにちは。
今年もよろしくお願いします。

ベランダから日の出が見られるのはいいですね。
うちの近辺だと堤防くらいまで行かないと見れません。
記事を拝読していて、
自分も墓参りに行きたくなりました。

>> SILVIAおじさんへ

こんにちは。
今でも、近くのひとはおけら参りの火をぐるぐる回しながら家に
持ち帰って、それでお灯明の火をつけると聞きますね。

わたしも、3年ほど前の大晦日におけらびを貰いに行きましたが
円山公園を抜けたところで危ないので、消してしまいました。

その昔(戦前か昭和30年ごろ迄?)は、市電や京阪電車に
火種をつけたまま乗れたと聞くことがありますが、今では
歩いて帰るか、自家用車じゃないと無理でしょうね(笑)

SILVIAさんのご両親も東大谷さんにお休みでしたか。
北陸には本願寺の門徒さんが多いですね。

>> slowmotion さんへ

こんにちは。こちらこそ、よろしくお願いします。

写真では黒く沈んでいますが、手前の家並みの向こうが
叡電の修学院と車庫です。ここから、電車の様子を眺めて
変わった電車を見つけると、素早く出動します

お墓は、遠くなのでしょうか。行きやすいところであれば
ぜひお正月にもご先祖様へ参られてくださいませ。

今晩は
家からの素敵な日の出ですね
緑の光が矢印に見えますね何だか良い予感
今年も京都の名所、電車、古典の事を楽しみにしていますね
(#^.^#)
お昼前にコメントを入れた筈でしたけど
コメント入って入なかったようですね
初詣は御神神社へ行って来ました(*^_^*)

>> na nori さんへ

こんばんは。何度もアクセスしていただいてすみません。
ときどき回線の加減か、アップされないことがありますね。

今年は、3年振りくらいで快晴の元日になりました。
「一年の計は元旦にあり」です。
ことしもシステムがうまく作動するようにと祈っときました

御上神社神社に行かれたのですか、わたしは比叡山に登って
びわ湖越しに三上山と遠く鈴鹿山地を望んできました。
すこし霞んでましたが、清々しい風景でした。

こんばんは。

ご自宅から初日の出が拝められるとは、羨ましいです

こういった年には、神社ではなく弁天様を祀る、お寺参りをするのが良いのですね。
自分の近所にはあるのでしょうか・・・?

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

京阪沿線の弁天様で、寝屋川から近いところは、中書島駅から5分ほどの
長建寺はどうでしょうか?
宇治川派流運河沿いにあって、京阪本線と近鉄京都線もちかくで
わたしはよく電車の写真を撮りに行った帰りにお参りしてます。
詳しくは、下のアドレスへ

http://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=10&ManageCode=423

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巳年の初参りは、弁天さんへ:

« 今年もよろしくお願いします。 | トップページ | 比叡山に初詣に行ってきました(前編) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ