« 貴船神社節分祭 「京炎そでふれ!葵和」の演舞 | トップページ | まぎらわしいバス停名 »

2013.02.07

吉田神社節分祭 

さて、貴船から戻ってからすこし休憩して、今度は日の暮れから吉田神社の節分夜祭に出かけました。
*
201302yoshida02
いつもは、昼間にお参りしているので、宵宮は初めてです。今年は土曜の夜に当たって、例年以上の人出みたいです。

バス停からふつうなら5分ほどで本殿に着くのですが、途中、混雑整理の入場制限などがあって、30分ほどかかってお宮の境内に入ります。
*
201302yoshida03

ここからが、また大変で(笑) この商品陳列所にならぶ景品(一等はなんと乗用車!!) を目当ての福引つきの福豆を買うのにならび、本殿でお賽銭をあげるのに、またかなり並びと、なかなか進みません(^^ゞ
*

201302yoshida04
本殿を出たところで、おおよそ1時間経過。このあと吉田山を登って、「菓祖神社」に参ります。

このお宮は、垂仁天皇の命で、常世の国に非時香菓(ときじくのかぐのこのみ-橘の実とされる)を取りに行った田道間守命(だじまもりのみこと)と、日本に中国から初めて饅頭を伝えたとされる林浄因のふたりをお菓子屋さんの祖先として奉っています。

お菓子屋さんの組合のひとが、お菓子と豆茶を接待してくださいます。

いつもは寒い中、熱いお茶でほっと一息つくところですが、ことしは気温が高くて、参道を歩いているだけで暖かくなってきます。
*
201302yoshida05
さらに山をのぼって、大元宮にお参りします。

ここには、伊勢の内宮、外宮をはじめ全国津々浦々の八百万の神様が祭られています。この境内を一周するだけで、全国の神様をすべてお参りできるというしごく便利(笑)なところです。

ここは、割かしスムーズに動きましたが、旧六十六国すべてに頭を下げて回ると、1時間半になりました。
*
201302yoshida06
帰り道は、屋台を冷やかしながら、ゆっくりと帰路につきましたが、それでも買い食いやなんかしてて、結局もとのバス停に戻るとひと回りに2時間以上かかってました。

はじめての夜の節分参りでしたが、その人出の多さには圧倒されました。これだけ多いと神様もいちいちお願いを聞き届けるのが大変でしょうね(^_^.)

明日には、福引の抽選会があります。なにか当たるといいなぁ(^^)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 貴船神社節分祭 「京炎そでふれ!葵和」の演舞 | トップページ | まぎらわしいバス停名 »

コメント

 吉田神社は、京都大のところにある、神社かと思います。
古本屋が何軒か並んでいて、何かありそうで、
時折出かけていました。
 豊橋にも吉田神社があり、(他に吉田宿・吉田城など)直接の末社では
ないようですが、7月の祇園祭など、京都の八坂神社由来との
説もあるようで、何か関係があるかもしれませんね。
吉田山は、一度登ってみたいと思います。
 吉田神社は、普段、参詣者は、それほど目立たなかったようですが、
節分祭は、神事で、吉田神社は、全国の元締め的な役割を担ってきたようですから、
随分、賑わったのでは、ないでしょうか。

吉田神社の節分お豆さん
初詣並みの人ですね(#^.^#)
福引の抽選会当たると良いですね(#^.^#)
そうで無くてもまめに暮らせます様に

>> としちんさんへ

こんにちは。吉田神社の参道から、京大の時計台がライトアップされて
いるのが良く見えました。

最近は、学生さんもあまり本を読まないのか、新刊店、古書店とも
減ってしまいましたね。
それと、パチンコ屋や麻雀荘もやっぱり減ってます。

私たちの学生時代とは、勉強も遊びも大きく変わったみたいですね(笑)

吉田神社と三州吉田のつながりは、としちんさんのブログのおかけで
すぐに気が付きました。記事にも、三河国と遠江国の神様の写真をあげさせて
もらってます。

>> na nori さんへ

こんにちは。
初詣にいった八坂神社周辺よりももっと大勢の人出でしたね。
屋台も、京都中の(笑)テキヤがみんな集合したみたいにたくさん
出てます。

福引は、なにか当たったらブログ紹介しますけど、なにも書かなかったら
ハズレ と思ってくださいね。

吉田神社。。。なつかしー!!
絵馬にある、○前に、「京都の大学に受かりたい」ってかいてあるのは 私のです!!京都大学に受かりたい・・、だったんだけど だんだん自信なくなって、さいごは 「京都大学」の、京都と大学の間に 「の」が 入ってしまった!

バス停は東山通りの東一条?
それとも今出川通りの農学部前?

御写真では、凄い人混みですね。

境内から神楽岡へ出る道が、個人的には懐かしいです。

>> まぶちょんさんへ

こんばんは。
結果はどうあれ(しつれい)京都大学を受けようと思うだけすごいですね。
私なんか、ハナから京大なんて、受けるつもりなかったもんね。

>> 笠井君 へ

こんばんは。
今夜は、寒いねぇ。雪が舞ってるよ。
明日は、入試の学校も多いみたいだけど、受験生も大変みたいだね。

バス停は東一条です。今は、「京大正門前」に変わってます。
吉田山は、いまでもよく散歩に行ってます。修学院からだと
ちょうどよい距離なんで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉田神社節分祭 :

« 貴船神社節分祭 「京炎そでふれ!葵和」の演舞 | トップページ | まぎらわしいバス停名 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ