« 節分「おばけ電車」in叡電 | トップページ | 吉田神社節分祭  »

2013.02.06

貴船神社節分祭 「京炎そでふれ!葵和」の演舞

節分イベント「京都おばけ祭」のおばけ電車に乗って、貴船神社までやってきました。

2月上旬とは思えない暖かな中で、京都精華大の演舞チーム「京炎 そでふれ!葵和(あおなぎ)」の踊りがはじまります。
*
2aonagi01

まずは、宮司さんの挨拶です。

「貴船神社は、節分の豆まきの発祥の地である。」
「貴船神社の縁日は丑(うし)の日。隣の鞍馬寺の縁日は寅(とら)の日。両方あわせて艮(うしとら)つまり東北の方角となり京都の鬼門を守っている。」
「絵に書かれる鬼が牛の様に角をはやし、虎のパンツをはいているのは、丑寅の方角から来ている。」

と、なかなか興味深いお話をしていただきました。一同納得

詳しくは、貴船神社のHPの「貴船にまつわる物語」のページをご覧ください。
http://kibune.jp/jinja/index.html
*

2aonagi02
続いて、マネージャーの女の子の説明。

一回生といってましたが、なかなか堂にいった紹介ぶりです。やっぱりあちこちで公演してるんで、舞台度胸がつくんでしょうね(笑)

以下、わたしの拙い写真ですが、舞台の一端をご紹介します。
*
2aonagi03
創作舞踊「貴船 葵縁鬼縁(あいえんきえん)」の奉納とアナウンスがありました。
*
2aonagi04
*
2aonagi05_2
*
2aonagi06
*
2aonagi07
*
2aonagi08
*
2aonagi09
*
2aonagi10
*
2aonagi11
*
2aonagi12
わずか15分ほどの短い演舞ですが、神社の狭い境内と舞台を使って、若さと活気溢れる舞台を見せてくれました。

葵和のみなさんに拍手喝采
*
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 節分「おばけ電車」in叡電 | トップページ | 吉田神社節分祭  »

コメント

こんばんは~o(*^▽^*)o学生さん達、生き生きとしていて、
とても楽しそうだし みんな笑顔がすてきですね~
私まで、若くなった気になります
ところで、たぶん、ここ↓、ツッコミどころかな?と思って・・・
一番最初のお写真、左側の金ぴかのダンディと
唐草模様のダンディの方々は?( ´艸`)プププ

京都の鬼門を守っているというのは、知りませんでした。
寒さ吹き飛ぶ熱演ですね。
それと、mikさんと同じお二人が気になりますー!

>> mik さんへ

こんばんは。

やっぱし、こんな激しい演技をみてると、若いっていいなぁ
って、思ってしまいますよね。

唐草模様のひとと、金ぴかのひとは、たぶん先生だと思います。
ほかの写真を見てると学生に指図したり、交通整理したりしてるのが
写ってますから。

>> キハ58さんへ

鞍馬・貴船は、京の都の鬼門よけであり、鴨川の水源
としても聖なる地として崇められていたようです。

唐草模様は獅子舞の、金ぴか&シルクハットは、
外国の道化師の仮装なのかもしれませんね。

こんばんは☆
一生懸命練習したのでしょうね
d(⌒ー⌒)!
歳は関係なく何かに一生懸命な人は
輝いてますね
良い笑顔ですね♪

>> na nori さんへ

こんにちは。

聞くところでは、宝ヶ池公園の屋外舞台で練習してるみたいですね。

「歳には関係なく一生懸命の人は輝いてる

そうですね。この舞台からもらったパワーで私たちも全速前進

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貴船神社節分祭 「京炎そでふれ!葵和」の演舞:

« 節分「おばけ電車」in叡電 | トップページ | 吉田神社節分祭  »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ