« 【京阪】旧3000系で行く叡電修学院車庫見学ツアー | トップページ | 京の冬の散歩 目と舌で味わう京菓子資料館 »

2013.02.28

【叡電】京阪旧3000系で行く修学院車庫見学ツアー

24日は、京阪の旧3000系を使った団体ツアー列車が走りました。叡電でも、修学院車庫の見学コースのグループを受けた貸切列車が運転されました。
*
802_74
祇園四条で、旧3000系を撮影した後、次の特急で三条で下車したツアー客に交じって、出町柳駅に移動します。ここでツアーに参加中の京阪快急3000さんにご挨拶して、一緒に貸切列車の到着シーンを撮影。
*
Syusyako35
先回りして、修学院まで戻って、貸切列車は、修学院で折り返して車庫に入庫するものと思って、車庫脇の踏切で待機してると、そのまま八瀬方面に発車coldsweats01

仕方ないので、車庫へ回ると見学会の準備で700形4色揃いと貨車を並べ終わったところでした。

なかなか普段は、ここまで奇麗に並ぶことはあり得ないので、撮影会ならではのシーンといえましょう。
*
Syusyako36
「桜が丘高校前」のプレートをだした721号
*
Syusyako37
724号とHMを交換して、X印のひだまりスケッチになった723号。行き先表示の「宝ケ池」にも注目!!
*
Syusyako38
鞍馬線系統の丸板をつけた731号。このあと「市原」や「びわこ連絡」に取り替えたりもしてました。

ここまで撮影して、一旦昼食のため、車庫見学会の終わると聞いていた時間まで家にいたのですが、予定より早くイベントは終わったらしく、車庫をみるとすでにみなさん解散されたあとでした(^^ゞ
*
Syusyako39
イベント終了後、再び並んでいた電車が定位置にもどると、後ろから塗装を剥がされた801号が現れました。相方の851号は、まだ工場棟で整備中なのでしょうか。

平成2年の登場から20年以上経過し全面的に再塗装するようですが、まさか新塗装で出場することはないでしょうねぇsmile

今回は、事前のリサーチが不十分でシャッターチャンスを逃してばかりで反省ですcoldsweats01
まあ、イベントの前後のだれもいない時間帯に、準備と撤収中の面白いシーンを撮れて良しとしましょう。
*
0108
ツアーの自由時間に、京阪快急3000さんと、やはりこのブログにもよくコメントをいたたくkaz_eg6さんの3人が集まって、元田中駅まで撮影しながら移動しました。

粉雪が舞うさむい道でしたが、話しながら歩くとすぐですね。星型のひだまりHMを付けた724号を撮影し、ツアーに先回りして撮影されるkaz_eg6さん、ツアーにもどられる京阪快急3000さんの順に、またお別れして楽しい半日の撮影を終えました。

ご一緒くださったおふたりさまありがとうございました。
*
(次回は、週末の散歩ネタです。)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【京阪】旧3000系で行く叡電修学院車庫見学ツアー | トップページ | 京の冬の散歩 目と舌で味わう京菓子資料館 »

コメント

こんばんは。

この日はどうもお世話になりました。

叡電の貸し切列車はデオ802-852だったのですね。
私は勘違いしていたようです…

車庫に並ぶ700系は壮観ですね!

こんにちは~happy01

天気のいいのも手伝ってsun
どの電車trainも男前に写ってますね。
最後の比叡山(?)の写真、
その場の気温まで伝わってきそうですconfident

ウワー、2枚目の右端はデト1001でしょうか。珍しいものが見られたんですね!

こんばんは~night
地下にも入ってくるとやはり人だかりができるのでしょうね
知ら無い人にとっては何だろ~ですし
見たくなりますよね
写真を撮りたい人にとってはギャラリーさんは邪魔ですねcoldsweats01
こうして見ていると車以上に面白いですねcatface
だからファンも増えるのかな♬

>> kaz_eg6 さんへ

kaz_eg6さんのブログに載せておられる写真は、見学会が終わって
構内を入換え中のところですね。

わたしは、この電車の向こう側の柵のところでこの入換え作業を
見てました。

ツアーはかなり盛況でしたから、もしかしたら第2弾があるかも?

>> slowmotion さんへ

こんにちは。

この日は良い天気でしたが、寒かったです。
叡電の関係者の方も、ツアー客に喜んでもらおうと、
精一杯に準備されてました。

比叡山をバックにした写真は、それまで曇っていたのが
急に晴れて、非常に良い光線の元で撮影できました。

大阪からお見えになった友人おふたりにも喜んで
いただけて良かったです。

>> キハ58さんへ

こんにちは。

デト1001は、いつも車庫の片隅で昼寝してて、動いているのを
ひさしぶりに見ました。

>> na nori さんへ

こんにちは。

電車の世界でも、春先は別れと出会いのシーズンなんです。
最近は、新聞やテレビでも「ふるい電車がなくなります。」とか
報道されることも多くて、撮影には苦労しますcoldsweats01

na nori さんも、鉄子さんの仲間入りしますかhappy02

こんばんは~②
私も鉄子さんの仲間入りheart04
つま先程度は仲間入りさせて頂いたような~
全ての知識はなかっちょさんですけどねhappy02

写真右端の貨車。
上下二色の色使い。上が黄土色で下が濃い緑。
市電とおんなじだね。

>> 笠井君へ

おはようございます。

そうですね。貨車の色は昔の市電と同じだった、京福電車の色を
今も残してます。

1974年製だから、来年は40歳だそうですよ。最近は、トラックに
押されてあまり活躍してないみたいだけど、いつもでも頑張って
欲しいです。

>> na nori さんへ

お待ちしてましたぁhappy01

こんばんは。

あの日は、大変お世話になりました。

自分は、お目当ての「叡電のひだまりスケッチ」の2両がどちらも撮れた上に・・・。

(1)京阪旧3000系の貸切ツアーに参加。さらに、叡電の貸切列車で、修学院車庫の見学&洗車体験。
(2)自由行動は、自分×なかっちょさん×kaz_ez6さんで揃って撮影会。

と、自分の人生において、とても想い出に残る一日でしたよ。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

楽しい一日になってよかったですね。
また機会がありましたら、ご一緒ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/56832052

この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】京阪旧3000系で行く修学院車庫見学ツアー:

« 【京阪】旧3000系で行く叡電修学院車庫見学ツアー | トップページ | 京の冬の散歩 目と舌で味わう京菓子資料館 »

フォト

叡山ケーブル

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ