« 【叡電】『詩の電車』vol.2「結晶」~6人の詩人と6種の鉱石~ | トップページ | 京の冬の散歩 霊鑑寺 »

2013.02.18

太秦映画村の水戸黄門ラーメン

建国記念の日に、太秦映画村へ行ってきました。
*
201302eigamura01
時折、小雪の舞う寒い日でしたが、それなりに見物客は来ています。さすがに春秋のトップシーズンほどではありませんが。

村内はリニューアルされて、あたらしい体験型のイベントも増えています。そのうち、からくり忍者屋敷とおもしろ迷路館と手裏剣投げに挑戦しました。

忍者屋敷は、おなじみの「どんでん返し」や「隠し通路」などが続いてなかなか面白いです。仕掛けが判らずに進めなくて、焦るときもあります

迷路は、目の錯覚を利用したトリックアートがいっぱい詰まった楽しい迷路です。目がチカチカしたり、人によっては気分が悪くなることあるそうです。出てきたときは、ちょっとフラッとしました

手裏剣投げは、それなりに重い鉄製のを投げます。一枚も敵に刺さりませんでした

時代劇の江戸の町並みや新撰組の屯所を見たり、屋内ステージでの模擬撮影を見たりしてるうちに、お昼の時間になりました。
*
201302eigamura02
「水戸ラーメンセット」というのを頼みました。見た目はふつうの醤油ラーメンとチャーハンのセットですが、小皿がついてます。
*
201302eigamura03
小皿のアップです。
中身は薬味なんですけど、「ショウガ・ニンニク・ニラ・ネギ・ラッキョウ」が入ってます。ネギ以外は、あまりラーメンには付けませんよね。これには説明書があって、

「日本ではじめてラーメンを食べたのは水戸黄門様である。

黄門様は儒学(朱子学)に凝って、儒学者の「朱瞬水」を水戸に招き、学問のほかに中国麺の製法も教えられた。

黄門様は、自分で麺を作って家臣に振舞ったそうで、そのときに五辛と呼ばれるショウガ・ニンニク・ニラ・ネギ・ラッキョウを添えた。」

と書かれています。さらにネットで調べると、

水戸光國公が、中国の麺を食べられたのは史実のようですが、それが今のラーメンと同じものであるかは、はっきり判っていないようです。

水戸市では、水戸藩ラーメンとして再現されています。レンコンの粉を練りこんで全体に黒い和ソバのような麺です。シイタケとチンゲンサイとチャーシューもはいっています。

五辛と青梗菜は薬膳、肉とシイタケは陰陽五行説にもとづく相性の良い食品、となかなかウンチクが詰まってます

割り箸の袋は、刀の鞘のデザインになってるのも時代劇の茶店みたいで記念になりますね。
*
(京の冬の旅 霊鑑寺の一般公開につづく)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】『詩の電車』vol.2「結晶」~6人の詩人と6種の鉱石~ | トップページ | 京の冬の散歩 霊鑑寺 »

コメント

こんにちは

ラーメンに大きなチンゲン菜が入っているのが
面白いですね。ちょっとヘルシーで
薬味もこんなに充実してたら、うれしいですヨ。

最近は即席麺も太麺が人気ですが、
黄門さまの時代ははどんな味だったんでしょう

そうなんだよね。水戸黄門が 初ラーメン食べたんだよね
私も これ、聞いたよ。
さすが、偉人は うにょに 寛大だったのねぇ!!

>> slowmotion さんへ

こんにちは。

青梗菜は、中国を強調するために入れてるんでしょうけど、
黄門様の時代は、まだ日本には照会されてなかったで
しょうね。

黄門様が召し上がったのは、今のかん水を使った黄色い麺では
なく、茶色か黒い汁そばだったみたいですね。

>> まぶちょんさんへ

黄門様って、なかなか好奇心旺盛なお殿様だったんですね。

昔、水戸へ行ったときは、まだ黄門様のラーメンはやってなか
けど、今は納豆につぐ名物みたい。

黒っぽい麺が、ふしぎな食感でした。

こんにちは
どうだったのか気に成ってました(*^_^*)
映画村もリニューアルしてお客を呼ばなくてはね(*^。^*)
最近行っていないので、色々と面白そうですね
黄門さまがラーメンを初めて食べたのは知ってましたけど
薬味は知りませんでした(*^^)
水戸藩ラーメン食べてみたいですね
割りばしの袋持って帰りたいです

>> na nori さんへ

こんばんは。

映画村の前後も、いろいろとネタがあって、アップが一週間も
遅れてしまいました。

映画村も、ただ見るだけじゃなくて体験できるテーマパークに
変わりつつありますね。あと2つほどアトラクションが準備中で
春休みくらいには、オープンするそうです。

水戸藩ラーメンは、美味しかったですよ。ぜひ食べてみてください。
お持ち帰りの生めんも売ってるのかなぁ?
割り箸は、お土産用に袋詰めされたのを売ってましたよ。

ひえー、江戸時代のほりからネッシーが・・・このようになっているんですね。ちょっとびっくりです。

>> キハ58さんへ

これは、こ存知の「特撮の池」です。

普段は、江戸の町の川や池になってますが、
ボタン一つで怪獣が出現します

俳優さんが扮装をして園内を案内してくれるツアーの
時間に合わせて、操作してるみたいです。

なかっちょさんへ
 
 映画村は、4年前に行きました。  
 京都にいたときは、近くをよく通った記憶がありますが、
入場料が少し高く感じたようで、1度も入りませんでした。
 湖西市の中学の修学旅行は、4月後半、2泊3日、
奈良・京都のようですが、映画村は、最終日の班別自由行動で、
人気があるうです。
 自分たちで、計画した観光は、パック旅行よりも、
何倍も楽しいと思います。

>> としちんさんへ

こんにちは。
たしかに映画村の入場料は、すこし高いような気がしますね。
4人家族でいって、アトラクションや食事代もふくめると一万円は
飛んでしまいそうです

修学旅行生は、たいせつなお客さんのようで、「学割あります」
という張り紙があちこちでみかけました。

春の訪れとともに、京都もまた修学旅行の季節になりますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太秦映画村の水戸黄門ラーメン:

« 【叡電】『詩の電車』vol.2「結晶」~6人の詩人と6種の鉱石~ | トップページ | 京の冬の散歩 霊鑑寺 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ