« 京のお彼岸散歩 相国寺の梅と椿の庭 | トップページ | 京の春の散歩 相国寺付近ふたたび(梅・雪柳・木蓮・ほか) »

2013.03.23

京都精華大学 日本画グループ「いろは展」 in be京都

お彼岸の散歩の続きです。
*
Iroha_ten01

相国寺を抜けて、同志社大の新町校舎の近くにある、ギャラリーbe京都でやってる精華大の学生さんのグループ展に回りました。

前に、岡崎の美術館に卒展を見に行ったときに、「後輩の作品も見てあげて」と、やさしい(厳しい?)先輩にいわれて、足を運んでみたのです。

会場のギャラリーは京町屋を改造した、まったくの民家そのもので、畳の間や床の間や坪庭もあります。和の作品の展示には、持って来いの環境でした。

案内してくれた学生さんの話では、40人ほどのクラスに男子はたった3名。この展示会には男子はひとりなんだそうです。

画題は、インコ、三輪車、乗用車、サンショウウオ、スコップ、手押し車、オウム、オランウータン、お菓子屋さん店先、洋酒瓶、新緑、タマネギなどなど。動物園や水族館に行って写生したり、みじかな題材をデッサンしたりして仕上げたそうです。模造紙一枚分より大きいくらいのキャンバスもありますから、写生から完成まで3~4ヶ月は掛かったといってました。

誰一人、花鳥風月とか古典芸能といった、従来の日本画によくある画材をまったく描いていないのには

奥の方にあった、漆塗りのお盆は、逆に良く見るモチーフばかりでしたが、ひとりキノコを描いてるのが面白かったですね。

肝心の作品の感想ですが、やはり、4年なり6年なりの経験をつんだ先輩の作品にくらべて未完成さは残りますね。まだ、見たままを描いている感じで、もうすこし自分の感じたこと、想いを描きこむ必要があるかと ← シロウトのおっさんが偉そうなこと言ってスンマヘン
m(__)m

でも、若い人のモチーフ、色使い、画面構成などは、写真を撮るときにも参考になりますね。
なぜかって? 私の腕も、学生さん程度かそれ以下なので、プロやハイアマの作品は、高尚過ぎて、マネできないからね

(本満寺のシダレ桜が早くも、満開近しになったそうなので、予定を繰り上げて明朝、再訪してきます。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京のお彼岸散歩 相国寺の梅と椿の庭 | トップページ | 京の春の散歩 相国寺付近ふたたび(梅・雪柳・木蓮・ほか) »

コメント

精華大学近い?11月は京都2回いったけど またしばらく予定ないなぁ・・・。
精華大学はいろんなイベントしてるね。多いよね。

>> まぶちょんさんへ

こんにちは。

精華大に限らず、京都の芸術系の大学は、どこも元気ですよ
それにひきかえ、人文系は最近は元気ないし、理科系の学部も、人気薄だし

がんばれ京都の大学生!!

こんばんは~
絵を書くのは好きなのでね
大きなキャンバスに大きな絵ゆっくりと時間をかけて
心のゆとりのある時に描いてみたいけど
もう描けそうにありません~せいぜいブログで書く程度ですね(~_~;)
乗用車の目の部分だけを書くのも面白いです♬
本満寺のシダレ桜が早くも、満開が近いのですね
こちらの桜は一部咲いている位で全く咲いていない気の方が多いです
こちらも暖かいはずですけど、咲く樹と遅く咲く気が有るのでしょうね♬
7分咲きの樹も今日見つけました♫

>> na nori さんへ

お忙しいところ、わざわざコメントいただきましてありがとうございます。

大きなキャンバスに大きな絵ですか
絵ごころのあるひとは、うらやましいです。

桜の方は、日当たりの良いところからポチポチ咲きだして
ますね。今週末までには見ごろになりそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都精華大学 日本画グループ「いろは展」 in be京都:

« 京のお彼岸散歩 相国寺の梅と椿の庭 | トップページ | 京の春の散歩 相国寺付近ふたたび(梅・雪柳・木蓮・ほか) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ