« 京都精華大学 日本画グループ「いろは展」 in be京都 | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2013)その1 早春の草花 »

2013.03.25

京の春の散歩 相国寺付近ふたたび(梅・雪柳・木蓮・ほか)

本満寺のしだれ桜が意外と早く満開になってまった(笑)ので、あわてて、また出町から相国寺~上御霊神社~寺町のお寺と回ってきました。

たくさんお花が咲いていたので、梅・雪柳・木蓮ほかと椿と桜の3回に分けてご紹介します。
*
201303syokokuji201
相国寺塔頭 林光院
*
201303syokokuji209
相国寺塔頭 普廣院
*
201303syokokuji203
相国寺 宗旦稲荷
*
201303syokokuji206
相国寺塔頭 普廣院
*
201303syokokuji211
これは、梨の花でしょうか? (普廣院は、隠れた「花のお寺」みたいです。この後も椿の花がたくさん出てきますよ。)
*
201303syokokuji213
相国寺塔頭 豊光院
*
201303teramachi01
寺町通りの阿弥陀寺

このお寺には織田信長公と嫡子信忠公とその家来方(森蘭丸ほか)のお墓があります。

*********************************************

彼岸の中日は、小雨で「もしっとりしてて良きかな」と、思いましたが、やはり写真は、の日に限りますね。
*
(続く)  (花とえーでんの春編と交互でお届けします。次回は叡電鞍馬線の早春です。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京都精華大学 日本画グループ「いろは展」 in be京都 | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2013)その1 早春の草花 »

コメント

花の寺・・・かぁ。いいですね。
京都の寺は 紅葉でもいいし、桜でもいいし、絵になるとこばかりですね。
情緒があって、物静かな空気が好きです

>> まふちょんさんへ

こんにちは。

相国寺は、いつもは本堂へ行って泣き竜であそんで、それから美術館へ行って、
すぐ帰る、パターンばかりで、隅々まで歩いてみたのは初めてなんです。

意外と(失礼)たくさん、塔頭のお寺があって、どこもきれいなお庭と
丹精されたお花がありました。

水上勉さんの雁の寺(瑞春院)は、いま拝観停止中ですけど、また開いたら
行きたいです。

こんにちは~
今日は寒かったですね(~_~;)
お花もそれぞれ綺麗でボーっと見てましたけど❀
一番初めの瓦屋根にもわー綺麗って思ったのは私だけかなぁ~
(#^.^#)変な所に目が行きますねぇ

>> na nori さんへ

こんにちは。

一枚目の瓦屋根は美しいでしょ。一日目は、雨でもあり見逃して
ましたが、二日目は、朝日に光る黒瓦の幾何学模様に
息を飲みました。

白壁からのぞく白梅も、心憎い演出ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の春の散歩 相国寺付近ふたたび(梅・雪柳・木蓮・ほか):

« 京都精華大学 日本画グループ「いろは展」 in be京都 | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2013)その1 早春の草花 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ