« 五十の手習い(笑) | トップページ | 京の春の散歩 梅宮大社の神苑のツツジと藤(後編) »

2013.04.24

京の春の散歩 梅宮大社の神苑のツツジと藤(前編)

20日の土曜日に、梅津の梅宮大社の神苑を散策してきました。
*
201304umemiya01
この神社は、右手の石碑にもあるように、子授け・安産の神様として有名です。そして、楼門に積まれた薦被りに象徴される、酒造りの神様でもあります。
*
201304umemiya02
神楽殿から本殿を見たところ。神楽殿には、歌仙絵が掲げられてますね。
*
201304umemiya04
本殿の向かって、右側に神苑の入り口があります。まず入ってすぐに見えてくるのが、咲耶池です。祭神の木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)から名前をとっているのでしょうね。
*
201304umemiya05
まずは、池の周りを一周します。 

八重の大きな椿の花。この春はあちこちで、名椿を見ることが出来ましたが、シーズンの最後に、一番ボリュームのある(笑)花をみることができました。手のひらを一杯に開いたくらいのサイズはあります。
:
201304umemiya06
つづいて、ボタンとツツジの競演。
*
201304umemiya07
白っぽい花を咲かせはじめたツツジ。この付近は、まだ咲きはじめで、花のあるところを選んで写真を撮っていたのですが、
*
201304umemiya08
もう少し行くと、ツツジのトンネル状態になったところを進みます。ここもまだ満開には至ってませんが、その種類とボリュームには圧倒されます。
*
201304umemiya09
ツツジのトンネルをぬけると、池のいちばん向こう側のお茶室の前に来ます。

ここには、ドウダンツツジが白いボンボリのような花を一杯つけてました。バックのピンクは散り椿の赤です。見た目は、もっと色彩のコントラストが見事なんですが、私のカメラワークでは、この程度が限界(^^ゞ
*
(後半へつづく)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 五十の手習い(笑) | トップページ | 京の春の散歩 梅宮大社の神苑のツツジと藤(後編) »

コメント

おはようございます。

今日の近畿地方は、全般的に雨模様ですね。

つつじは、自分の地元でもちらほら見かけるようになりましたよ。

こんにちは^^
こちらは、椿はそろそろ終わりですが、
ツツジはあちらこちらで、道を歩いていても
花盛りです

こんばんは☂
この雨も上がり明日からはお天気に成りそうですね(#^.^#)
ツツジが良く咲いていますよね♪
我が家でもツツジ、石楠花が咲いています
ドウダンツツジもある野ですけれど花は咲いていないような気がします
この時期だったですかね~(-_-;)
ずっと我が家の庭にあるのにねいつ花盛りなのか思い出せない…そんな私です

>> 京阪快急3000さんへ

昨日は、いちいち雨でしたね。
今朝は、雨上がりの新緑の街路樹がきれいです。

>> くまモンママさんへ

いままであまり気にしていなかったのですが、
ツバキにもいろいろと種類があって、2月頃から
4月末まで楽しめるんですね。

週末は、どこか藤やつつじの名所をたずねてみたいです。

>> na nori さんへ

こんにちは。
お庭に、石楠花やドウダンツツジが植えてあるのですか。
手入れが大変でしょうけど、緑に囲まれたおうちはいいですね。

GWの前半は、まあまあの天気みたいです。
そんなに遠くへはいけませんが、また花の名所を
探したいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の春の散歩 梅宮大社の神苑のツツジと藤(前編):

« 五十の手習い(笑) | トップページ | 京の春の散歩 梅宮大社の神苑のツツジと藤(後編) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ