« 京の春の散歩 梅宮大社の神苑のツツジと藤(前編) | トップページ | 京のGWの散歩 鳥羽の藤を見に行ってきました。 »

2013.04.25

京の春の散歩 梅宮大社の神苑のツツジと藤(後編)

20日の梅宮大社の神苑の続きです。

池を半周して、「これで見るべきものはだいたい見た。」と思っていると、散策路はさらに奥に伸びています。知らなかったのですが、お庭は神殿を囲んで東→北→西と順に回れるようになっていました。

案内にしたがって歩いていくと、勾玉池と呼ばれる池が見えてきました。
*
201304umemiya10
やや見ごろを過ぎた八重桜のむこうの池越しにみごとな藤棚が見えてきました。
*
201304umemiya11
まだ、房が伸びたところで花は元のほうしか付いていません。今週末以降が見ごろでしょうか。
*
201304umemiya12
藤棚の下には、サツキの花もちらほらと。
*
201304umemiya13
もちろん、山吹もあちこちに植え込まれてます。ここのが新緑を背景に咲いてたのが気に入ったので、下から見上げるように写してみました。
*
201304umemiya14
池のまわりは、花ショウブ苑やあじさい苑になってますが、さすがに花期には早く、園内西側の椿苑や梅苑は、もうお仕舞い。

最後に、いまが盛りのハナミズキを写して、戻ることにします。
*
201304umemiya15
ツツジにかこまれた百人一首の歌碑がありました。

大納言経信卿
夕されば 門田の稲葉おとづれて 芦のまろやに秋風ぞ吹く

(71番) (金葉集 秋183)

この神社の周辺は、平安朝のむかしは、一面の田畑で、貴族の別荘などが散在していたようです。秋は稲穂が桂川の川風にさやさやと葉ずれの音を立てていたのでしょうね。
*
201304umemiya03
最後に、咲耶池をパノラマモードで撮影して、神苑を後にしました。次は、花ショウブやカキツバタの咲く5月半ばごろにまた来てみたいです。
*
(すこし忙しくなってきまして、ブログの更新頻度も週2回程度に減らさざるを得なくなりました。ゴメンナサイ。またUp出来たら見てやってくださいね。)
:
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の春の散歩 梅宮大社の神苑のツツジと藤(前編) | トップページ | 京のGWの散歩 鳥羽の藤を見に行ってきました。 »

コメント

おはようございます
やっと良い天気に成りました(*^_^*)
お忙しい中のUP有り難うございます♬
藤ももう咲き始めているのですね。ビックリです
昨年私も愛知県江南にある曼陀羅寺公園の藤まつりへ行って来たのですけれど
色々な種類の藤が有り、とても綺麗でした❀
今年は25日から5/6日までだそうですけれど
いけそうにありません。。。
ハナミズキも今花盛りですね♬
UPされたら必ず見ますね
色々と頑張って下さいね\(~o~)/

>> na nori さんへ

こんばんは。

藤も、さつきも5月をまたずに咲き出してきましたね。
週末は、なんとか時間をつくって京都市の鳥羽下水処理場の
藤棚を見に行きたいと思ってます。
ご存知かもしれませんが、「鳥羽の藤」で検索すると出てきます。
おそらく、京都市内で最大の藤棚でしょう。

おはようございます。

綺麗なお花ばかりですね。

自分は後日、京阪から発売されている「比叡山1dayチケット」を使用して、比叡山観光をしたいと考えております。
どこかお勧めの場所があれば、教えていただけないでしょうか。

p.s.忙しい事は、良い事だと思います。公私共々、マイペースで頑張って下さいね。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

比叡山へ行かれるのなら、根本中堂のある東塔だけでなく
西塔や横川へも回ってみてください。

出来れば、シャトルバスで移動するのではなく、
行者道を歩かれることをお勧めします。

ただし、それなりのハイキングの用意はいりますが(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の春の散歩 梅宮大社の神苑のツツジと藤(後編):

« 京の春の散歩 梅宮大社の神苑のツツジと藤(前編) | トップページ | 京のGWの散歩 鳥羽の藤を見に行ってきました。 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ