« 京の春の散歩 藤森駅付近の疏水のさくら並木 | トップページ | 京の春の散歩 北野の椿寺(地蔵院)の五色八重散椿 »

2013.04.06

二ノ瀬の白龍園の春の特別観覧に行ってきました

叡電二ノ瀬駅ちかくの安養寺山麓にひろがる「白龍園」の春の特別観覧に行ってきました。
*
201304hakuryuen14
白龍園のあらましは、上のパンフレットをご覧ください。

ここは、長く非公開で、地元民でも実際に中を見た人は少なかったのですが、昨年秋から一般公開が始まりました。

秋は公開の時期が短く行けなかったのですが、桜の満開の時期を迎えて、休暇をとってじっくりと見てきました。
*
201304hakuryuen01
駅から鞍馬街道をすこし戻ると、庭園の入り口があります。このような一般公開はたいがい押すな押すなの大混雑ですが
ここは一日100名限定しかも入場券は叡電出町柳駅のみの発売のため、静かに、心ゆくまで別荘の景観を楽しみことができます。

ちょうどお昼前後にいったのですが、すれ違ったのはたったの5人、案内の方は3~4人と贅沢な観覧でした。
*
201304hakuryuen02
入って、まず目に入るのが、この上野の寛永寺から京都へ運ばれたとされる大石灯籠です。徳川三代将軍家光公の戒名「大猷院殿」の文字が彫られています。
*
201304hakuryuen03
さらに階段を上ると、広場にでます。満開のさくらと咲きかけのツツジがお出迎えです。

奥に見える鳥居が、「白髭大神(商売繁盛の神様)」と「八大竜王(不老長寿の神様)」の参道です。二柱の神様の頭文字をとって、白龍園と名づけられました。
*
201304hakuryuen04
お社は撮影禁止なので、手前の手水舎のつくばいを貼ります。右手の野草は何という名前でしょうか?
*
201304hakuryuen05
神社から、また石段をのぼると、展望台のようなところにでてあずま屋「福寿亭」があります。
*
201304hakuryuen06
ここからは、鞍馬川をはさんで対岸の夜鳴峠を借景に手前にツツジ、中ほどにサクラ、向こうには北山杉の花粉(笑)が春を告げていました。

花粉症の方は、厳重にマスクしましょう。ここはひと山が杉と檜の植林地で、花粉の量はハンパぢゃないですから
*
201304hakuryuen07
「安養寺」は、むかし二ノ瀬の里にあった古寺だそうです。
*
201304hakuryuen08
一番低いところにある「清風亭」です。
*
201304hakuryuen09
あずま屋から「鞍馬石干支灯籠」を眺めています。明治時代の職人技の逸品だそうです。
*
201304hakuryuen10
灯籠のまえの苔庭と飛び石。この苔を守るため、観覧者を制限しているのだそうです。

まだ冬枯れから目覚めたところですが、会期末(5/12)頃には、青々としてくるのでしょう。雨上がりにもう一度来たいですね。
*
201304hakuryuen11
躑躅と桜の競演。ほかに梅・桃・柳・木蓮・椿などなどが咲き誇ってます。

この華やかさとあずま屋の渋さのコントラストにだだただ感動するばかりです。
*
201304hakuryuen12
これは、洛北名花のエイザンスミレです。宅地開発でどんどん減ってます。ここは貴重な群生地です。もうすこしするとやはり洛北名花のシャガの白い花も見られるでしょう。(まだ花芽は出てませんでした。)
*
201304hakuryuen15
最後に、「彩雲亭」から「鶯亭」(手前)と「龍吟亭」(奥)をみて、コースはお仕舞いになります。

それぞれのあずま屋で10~20分ほど休憩してじっくりと景色を堪能していると一時間があっというまに過ぎてしまいました。

園内は飲食禁止ですが、鞍馬川の河畔にたつ休憩所でお茶と軽食をいただけます。

鞍馬・貴船方面の散策の折には、ぜひ足を運んでみてください。地元民がヒイキでいう訳ではありませんが(笑)、絶景です。

詳しくは、叡山電車のHP
http://eizandensha.co.jp/
(次回は、花とえーでんシリーズ「桜満開編」です。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の春の散歩 藤森駅付近の疏水のさくら並木 | トップページ | 京の春の散歩 北野の椿寺(地蔵院)の五色八重散椿 »

コメント

こんにちは

どれも情緒があって、
いい景色ですね
お天気も最高で、
目の保養になります

でもやっぱり、
あずまやではお茶とお団子が欲しくなりそうですね~

こんにちは♬
今日は生憎のお天気ですね☂
この雨で桜の花も散ってしまいそうですね(~_~;)
どれも素敵な景色気持ちもいいです♬
午前中はのんびりと過ごして今は気分も良いです(*^_^*)
安養寺私の住んでいる所の近くにもあります♬
小さい庭園も有るようですけれど、行った事は無いです(~_~;)

こんにちは~
もうツツジが 咲いているんですねでも桜もまだまだ
超見ごろの満開で綺麗です~
あづま屋の屋根の苔むした感じが、すっごくいい~~
ここで、した~い
エイザンスミレも可憐で素敵ですね~

「白龍園」というところは知りませんが、
京都の庭はどこも、たいへん風情がありますね。
こうした日本的な庭を見ると、心が落ち着いてきます。

私は、10年ほど前に、仕事の都合で、
11月の京都に一ヶ月間、滞在した事がありますが、
休日の度に秋の神社、寺を巡りました。 
仕事の疲れを忘れるいい時間が持てました。

竜安寺にある灯篭、蹲と同じデザインの物を、
昨年、購入して庭に据えました。
眺めていても、飽きません。

>> slowmotion さんへ

こんにちは。
このお庭は、子供の頃からここにあるのは知ってるのですが、
「某呉服商の別荘で、だれも入いれへんのや」と
聞かされてて、「中はどんなとこだろうと?」と、ずっと気にしてました。

中は、予想にたがわずすばらしい日本庭園でした。
花見酒が出来ないのは、ちと残念ですが

>> na nori さんへ

こんにちは。
せっかくの週末なのに、台風並みの雨風で残念ですね。
でも、用事で銀閣寺の近くまで行くと、観光客の傘の行列が
続いてました。哲学の道のサクラは、どんどん散ってますが、
疏水に浮かぶ、花筏もまた良きかなですね。

ネットで調べると、栗東ICの近くに安養寺というお寺が
ありますね。特に秋のもみじの頃のお庭がきれいと書かれてます。
秋になったら訪ねてみたいですね。

>> mik さんへ

こんにちは。

鞍馬というと、京都市内でも北のほうで、花の時期は市内中心部
より少し遅いのですが、今年ははやくもツツジが咲きかけで
びっくりしてます。まだ4月第1週ですもんね。

お茶席もあって、お抹茶やお菓子をいただけるみたいですよ。
ちょっと渋すぎるので(笑)、お子様抜きの大人の旅にいいいかも。
京都行こう!女子会を企画されては

>> たかchan さんへ

こんにちは。
はじめて入りましたが、ほんとうにすばらしい景観でした。
サクラやツツジの色物がなくとも、苔と石組みだけでも
十分堪能できます。

こんなときに、たかchanさんのように、絵心があれば、
さらさらとスケッチして、絵手紙でも描けるのですが(笑)

秋の京都に長期出張とは、有り難いですね。夏や冬は
過ごしにくいですが、秋は最高です。

龍安寺の蹲は「吾唯足知」と彫られたものですね。
苔庭の春日灯籠とあわせて、お庭を引き立たせて
くれることでしょう。

おはようございます^^
やっぱり、京都は奥深いですね
一応、メジャーといわれる場所は、駆け足で巡ったつもりですが
次に行くときはこういう所こそ、じっくりみてみたいものです。
いつもながら、写真のアングルも素晴らしい
ええもん、みせてもらいありがとうございました

なかなか、いい風景をありがとうございます。
こういう情報はここならでは(京都ですが)のものの様な気がします。
「白龍園」、訪れてみたいです。

やはり、景色を見るタッチが似ているような気がして、微笑んでしまうようです。

手水舎の野草はショウジョウバカマに似ていますね。

こんな山の中にも、すばらしい庭があるのですね。
社員が庭を手入れして、これだけに保っているのはすばらしいです。
野草はみやまじんくさんのおっしゃる通り ショウジョウバカマですね。
気をつけてみれば、まだまだたくさん山野草がはえているのかもしれません。

>> くまモンママさんへ

こんにちは。

ここは、まだガイドブックなどでもあまり取り上げられていない
穴場ですね。京都には、まだまだ個人所有で、たまにしか公開
されないお庭がたくさんあります。

5月半ばまで開いてますので、機会があればいちどお寄り
下さい。花が無くて、苔庭をみるだけでも価値ありと思います。

は、他のもっと上手な方の作品をまねてるだけです(^^ゞ
撮影者の腕の未熟を、カメラの性能と画像ソフトの仕上げでカバー
しております。

>> みさまじんぐ さんへ

コメントありがとうございます。

我流で撮ってますので、写真サークルへ入ってられる方などからは
笑われそうな出来のものばかりで、お恥ずかしいです。

若い頃は、花とか石組みなんて、ぜんぜん興味がなくて、ただの
キレイな背景ていどに感じていたのですが、50歳の声を聞いた
頃から、急にそのよさがわかってきたような気がします。

野草は、「ショウジョウバカマ」というのですか、勉強になりました。

>> Eさんへ

こんにちは。

このお庭は、地元のひとでも、知らない人が多い、幻の名園のひとつ
ですね。長いこと気になってたんですけど、いつも閉まってて、
ひとの気配もないし、手入れしてるところをみたこともありませんでした。

それが、昨秋に急に、一般公開されて、だれでも入れるように
にりました。

大阪からでも、京阪と叡電を乗り継げば、2時間ほどで二ノ瀬に
着きます。お時間のあるときに、いちどお訪ねください。

野草の名前をありがとうございます。私は、園芸には不慣れで
貴重な草花を見落としてかもしれません。Eさんの目で探してく
ださいな。

100人限定なら ゆっくりと見学できていいですね。
入り口ではなく 出町柳駅で 拝観券発売なの?そういうのは、知らないと、入れないね。。。

>> まぶちょんさんへ

一日100人に限定してるのも、電車でしか入れないのも、
狭い田舎道をたくさん車が押し寄せて、交通渋滞するのと、
たくさんの人を入れると、踏まれてて苔などが痛むのから
守るためみたいですね。

個人の庭園らしい配慮だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二ノ瀬の白龍園の春の特別観覧に行ってきました:

« 京の春の散歩 藤森駅付近の疏水のさくら並木 | トップページ | 京の春の散歩 北野の椿寺(地蔵院)の五色八重散椿 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ