« 京の春の散歩 雨宝院の御衣黄桜・観音桜ほか | トップページ | 京の春の散歩 千本十二坊の紅しだれ桜と八重山吹 »

2013.04.16

京の春の散歩 千本ゑんま堂の普賢象桜

西陣の花の寺めぐりは、雨宝院をでて千本ゑんま堂に向かいます。
*
201304nishijin2_06
途中の浄光寺(千本寺之内東入る)に江戸時代の画家「池大雅」の墓を見つけました。「故東山画隠大雅池君墓」と彫られています。

前に、池大雅の展覧会を見たときに、お墓は西陣にあると書いてあったので気をつけていたら偶然立て札をみつけて、お参りできました。

なにも用意してこなかったので、手持ちのお茶を汲んでお供えしてきました。
*
201304nishijin2_07
ゑんま堂に着きました。閻魔様を奉っているお寺ですが、そんなにおどろおどろしい(笑)ことは、ありません。
*
201304nishijin2_08
まずは、閻魔さまに日ごろの懺悔をして、出来れば地獄に落ちないようによくお願いして(笑) から、桜苑に回ります。
*
201304nishijin2_09
普賢象桜は、「花の中心からみどりの葉が二本伸びていて普賢象菩薩の乗る象のきばのように見える。」
らしいのですが、葉っぱは見えませんね? 違う種類を写してきたのでしょうか
*
201304nishijin2_10
これは、琴平という種類です。金比羅さんと関係あるのでしょうか?
*
201304nishijin2_11
こちらは「関山」。八重咲きでは、よく見る品種です。
*
(次回は、千本十二坊へ回ります。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の春の散歩 雨宝院の御衣黄桜・観音桜ほか | トップページ | 京の春の散歩 千本十二坊の紅しだれ桜と八重山吹 »

コメント

こんにちは^^
こちらは、ピークを過ぎたのでここでまた二度目の
お花見をさせていただいております
関山は、もっとピンクが濃くてボテッとした印象でしたが
さすがに京都の関山は上品ですね

なかっちょさんには、連日、紹介いただき
ありがとうございます。

坂東で生まれ育った私のような がさつ者にとって
京は憧れの地。

地図を片手に、なかっちょさんのブログを拝見して
まだ見ぬ京の彼の地へ想いを馳せています。

こんばんは
今日も一日暖かく良い一日でした♫
明日はお天気少し崩れそうですね(~_~;)
八重桜はボリュームが有り、見ていても綺麗です❀
もうそろそろ終わりごろかと思いつつも
まだまだ残っていますね♬
大阪の造幣局の通り抜けも今日から始まりましたね♬
一週間だけですけれどキッと凄い人でしょうねぇ
一度だけ行った事あります♬
今年の桜は幾度となくこの場所で母と堪能させて頂きました(*^^)v

>> くまモンママ さんへ

こんにちは。

ことしの桜前線は、関東にいち早く上陸して、それから関西に
戻ってくるという、けったいな(笑)動きですね。

西陣は、やはり着物の街なので、図柄の参考にするのか
桜にかぎらず、ちょこちょことお花を植えてるお家が
多いです。

いままで、ひとからげに「桜」としか見てませんでしたが、
いろんな種類があるんですねぇ

>> ホーリーナイトさんへ

こんにちは。

逆に、関西人からは、東京はやはり日本の首都で
ひとも多いけど、遊びに、仕事に、と、エネルギッシュな
町たど思います。

今回は、お花を中心に歩きましたが、つぎはまた
ちがったテーマを選んでみたいと思います。

>> na nori さんへ

こんばんは。

造幣局の通り抜けが始まりましたね。
帰りの電車の中から、大川の向こうの
ぼんぼりと桜並木がチラッと見えました。

朝一番に行けば、土日でもすこしは
空いているのでは?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の春の散歩 千本ゑんま堂の普賢象桜:

« 京の春の散歩 雨宝院の御衣黄桜・観音桜ほか | トップページ | 京の春の散歩 千本十二坊の紅しだれ桜と八重山吹 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ