« 【京都市交】竹田駅で駅撮り | トップページ | 京の初夏の散歩 哲学の道を歩く(若王子から最勝院へ) »

2013.06.08

【叡電】初夏の花シリーズ(2013)その3 小町寺のキンシバイ

梅雨入りしましたが、ぜんぜんrainが降りません。このまま降らないと空梅雨、水不足だ野菜不足だと、また大騒ぎすることになるのでしょうか?

叡電撮影隊(笑)は、もうすこし北上して市原駅まで来ました。この駅裏にはアジサイがたくさん植えてあるので様子をみにきたのですが、まだチラホラ咲き出したくらいで、見ごろにはもうすこし掛かりそうです。それで小町寺に寄ってみます。
*
901_0166
このお寺の裏手は峠のサミットになってて、坂を上ってくる電車の迫力ある姿と、キショウブをからめて写せるポイントがあるのですが、なんと泥田だったところはきれいに整地されて、近くの保育園の観察水田になっます(^^ゞ またしても振られてしまいましたhappy02

「ほかに何か釣り物はないかいな?」 と、周りを見渡してみるとお寺の駐車場に、キンシバイ(金糸梅)が咲き誇っています。

時刻は、ちょうど赤きららの来るところ、構図を決めて、ヨシ!!
っと、シャッターを押したのですが、なんと真正面に電柱がcoldsweats01
*
801_87
気を取り直して、こんどは上り電車に挑戦。
「井堂雅夫 四季風景画展」のHM付きの電車がやってきて、まずまずの成果でした。
*
815_0120
電車の前についてるマークは、こんなデザインです。どこのお庭でしょうか? 車内には奥州平泉の景色の版画も飾ってありますから、中尊寺か毛越寺かもしれませんね。

平泉は、学生時代のまだ東北新幹線も開通していない頃に、夜行列車を乗り継いで芭蕉の「奥の細道」の跡を訪ねたときに行きました。でも、フィルムを交換するときにうっかり撮影済みのフィルムをお寺に忘れて、せっかくの金色堂などの写真を持って帰ることが出来ませんでした(笑)

いまでも、平泉の話題がでると思い出します。
*
Ono_no_komachi
みちのくといえば、小野小町は出羽の出身ともされてますね。秋田から京へ上るのに、あるいは一関から奥州街道を歩いたのかもしれません。そしてこの洛北の地で生涯を終えたのかもしれませんね。

市原の小町寺には、小町百歳の姿といわれる「小町老衰像」や小野小町が亡くなってから風化までの様子を描いた「小野三相図」、小町と深草の少将の供養塔があります。
*
(次回は、哲学の道を歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【京都市交】竹田駅で駅撮り | トップページ | 京の初夏の散歩 哲学の道を歩く(若王子から最勝院へ) »

コメント

こんばんは☽
雨降りませんね…(~_~;)
黄色い花キンシバイっていうんですね(#^.^#)
電車の正面の写真は今にもぶつかりそうに見えます
いつとるんですかぁ(~_~;)

>> na nori さんへ

こんばんは。
今日は、降るかな? というお天気でしたけど、結局降りませんでしたね。
今週は、台風の影響で、また梅雨空に戻るのかな?

電車のアップは、駅に止まってるところを踏切から写してます。
カーブしてるホームから撮れる駅もありますよ。

最近は、電車にのってもツイ無意識に、絵になりそうな場所を探してしまって
困りますbearing

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/57549336

この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】初夏の花シリーズ(2013)その3 小町寺のキンシバイ:

« 【京都市交】竹田駅で駅撮り | トップページ | 京の初夏の散歩 哲学の道を歩く(若王子から最勝院へ) »

フォト

ススキ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ