« 京の初夏の散歩 哲学の道を歩く(南禅寺境内) | トップページ | 【叡電】初夏の花シリーズ(2013)その4 元田中のツユクサ »

2013.06.14

京の初夏の散歩 哲学の道を歩く(大豊神社から安楽寺へ)

昨日(6/13)の京都市内の最高気温は35℃を越えて、真夏日でした 夜の11時過ぎにベランダにでてもまだなま暖かい風が吹いて、寝苦しかったです

哲学の道の散歩は、やっと川沿いを歩きだします。
*
201306tetugaku21
回り道をしてしまいましたが(笑)、ふたたび若王子にもどって疏水べりを銀閣寺の方向へ向います。

今の時期は、夕暮れになれば蛍が飛び交うのですが、さすがに昼間はだれも歩いていません。やはり春秋のシーズン中に来るところでしょうね。
+
201306tetugaku22
狛ねずみで有名になった大豊神社の参道に入ります。ここもたくさん花が植えてあって、今はアジサイが盛りです。

子年(2008年)の初詣からもう5年もご無沙汰です。
*
201306tetugaku23
向って右側の阿形(あぎょう-口を開いている)の獅子の後姿と、
*
201306tetugaku24
左側の吽形(うんぎょう-口を閉じている)の横顔。こちらは足元のつゆ草が初夏を告げています。
*
201306tetugaku25
そして、大黒様のお社を守る、狛ねずみ。ネズミ年の正月は、ものすごい参拝者で賑わい、お参りするまでにかなり並びましたが、今は静かなものです。
*
201306tetugaku26
コバルトブルーのアジサイの群生。雨上がりにはもっと輝きを増すのでしょう。ひと雨欲しいところです。
*
201306tetugaku27
この散歩の一番の目的の疏水べりのアジサイは、残念ながらまだ咲き始めでした。写真は、渦巻きのフィルタであそんでいます
*
201306tetugaku28
桜橋を渡って、山手に向います。特別公開が終わって門を閉ざした霊鑑寺を横目に、初夏の一般公開中の安楽寺に参ります。
*
201306tetugaku29
ここは、何といっても秋の紅葉の頃が一番すばらしいのですが、やはり人が多くて朝早くか夕暮れ時で無いと、静かにお参りできません。

その点、初夏の公開時は、お参りがやや少ないのでじっくりと見て回れます。

苔庭や植え込みがここ数日の日照でちょっと元気が無いのが残念でしたが、本堂で法話を聞き、阿弥陀さま、法然さま、親鸞さまにご挨拶できました。そのあと奥座敷で大文字山を借景にしたお庭を拝見します。

喫茶コーナーもあり、一服することもできます。
*
201306tetugaku30
このお寺は、法然上人の徳を慕う、松虫姫・鈴虫姫と姫を出家させた安楽上人・住蓮上人の悲話が伝えられています。

このブログでは、法然院や法然上人の霊場めぐりの時に書いたような気がするので、詳しくは書きませんが、ご興味の方は安楽寺のHPなどをご覧ください。
http://anrakuji-kyoto.com/
*
201306tetugaku31
安楽寺をでて、銀閣寺の門前にでるとそれまでの清閑さが一変して、修学旅行生の歓声と土産物屋の呼び込みが響き渡っています

うるさいので、横道を通って銀閣寺道のバス停へ戻ります。途中にカモのつがいが遊歩道にあがって日向ぼっこしています。年によってはヒナを連れていることもありますが、観光客がぞろぞろ歩いているのに、ぜんぜん恐れるふうもありません。ひと慣れしてるんでしょうねぇ
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の初夏の散歩 哲学の道を歩く(南禅寺境内) | トップページ | 【叡電】初夏の花シリーズ(2013)その4 元田中のツユクサ »

コメント

こんにちは^^
関西は猛暑のようですが、大丈夫ですか?
綺麗なお花も強い日差しのもとでは、ちょっとかわいそうな姿ですね
最後に登場したホタルブクロは、こちらでは白はあまり見かけません。
貴重な写真をありがとうございました。

こんにちは。

東京は、雨みたいですね。こちらは少し曇ってますが、降る予定は
まったくなさそうです。

お寺の苔庭などは、赤く枯れだして写真を撮るのも忍びない
ところもありますし、サツキもあまり元気ありません。
さすがにお池の花ショウブやアヤメはイキイキしてましたけど

調べると、ホタルブクロは、関西は白が多くて、関東はムラサキが多いんだ
そうですね。私は、赤紫のホタルブクロをみて「珍しい!」って写真に撮った
んですよ。

所変わればは、こんな野草にも及んでいるんですね

こんにちは。
雨が上がって東京も、むあっとしています。
狛ねずみ、初めて見ました。
お宝を運んでいるようで、サッカーはしそうにないですね。

こんばんは。

ここ数日、大阪も30度を超えて、とても暑いですよ。

こういった場所で涼むのも、良いかも・・・と思いました。

「狛ねずみ」は、自分も初めてみました。

>> マイマイ さんへ

毎年、年末になると翌年の干支にちなむ神社やお寺が
紹介されて、初詣客がどっと押し寄せるような正月が
続いてます。

でも、ひとの好奇心の遷ろうのも早くて、今は、ネズミ君も
静かに大黒様のお宝を捧げています。

でも狛ねずみを考えた人は偉い!!

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。
大黒様のお使いは、ネズミなので大黒天をまつる神社には
狛ネズミがあるのかといえば、ネットで調べてもここの他にも
何箇所かありました。

狛ウシとか狛トラとか狛ウサギ・・・・・狛イノシシも探せば
あるんでしょうね

えっ。今もホタルが棲息しているのですか。

それは感激!

疎水べり・・・、いいとこですね。こういうとこ大好き!1度も歩いてないので 歩きたい!
詩仙堂あたりが 結構 好きです。

渦巻きフィルター、楽しそうですね。イイナア、この1枚。
鴨が日向ぼっこしているマッタリ雰囲気、こういう瞬間に出会えるなかっちょさんが、少しうらやましいです

>> 笠井君へ

こんばんは。
数年前から、だいぶん川の水もきれいになってきて、高野川や疏水分線でも
ホタルが飛び交うようになってきました。

そんなに数は多くないですけど、ポッポッと光ってます。

>> まぶちょんさんへ

こんばんは。

女の子好みのカワイイ系のお店もたくさんありますよ

ホタルを見るなら、あと一週間が限度かも?

>> キハ58さんへ

こんにちは。
元の画像のヘタさを、小細工で誤魔化してます

銀閣寺のカモさんは、なぜか岸に上がっていることが多いですね。
近所の人がエサをやったりして世話しているのでしょうか?

こんばんは
今日は雨が降っていました。
蛍、こちらでは守山が有名かな
最近あまり聞かないけれど、数は少し減っているそうで…

紫陽花の青紫綺麗ですね。色を付けたみたい(*^。^*)
かものつがいも可愛らしいです。人なれしてるんですね。
ジッと見てたいです。。。

>> na nori さんへ

こんにちは。
今朝は、昨日の雨ですこしほこりが取り払われて、山の緑も
いきいきした感じになってますね。

守山の蛍は知りませんでした。テレビのニュースか何かで見た
ような気もしますが、巡回バスなんかもでて、大掛かりなイベントに
なっているんですね。

守山というと、中仙道の宿場町で人形館を思い出します。

銀閣寺のかもさんは、いつもいるのかどうかは知りませんが、
夏場はよく見かけますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の初夏の散歩 哲学の道を歩く(大豊神社から安楽寺へ):

« 京の初夏の散歩 哲学の道を歩く(南禅寺境内) | トップページ | 【叡電】初夏の花シリーズ(2013)その4 元田中のツユクサ »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ