« 【叡電】初夏の花シリーズ(2013)その4 元田中のツユクサ | トップページ | 【叡電】話題のハートのつり革を見つけました »

2013.06.18

京都市美術館80周年記念「市展・京展物語」

15日は、昼からとの予報が出ていたので、午前中にいくつかイベントを見てきました。最初に向かったのは、京都市美術館の80周年を記念する展覧会「市展・京展物語」です。
*
201306okazaki02
副題に「-みんなここから羽ばたいた-」とあるように、昭和10(1935)年から、関西の芸術家の登竜門として運営されてきた、京都市美術館公募展の歴代の受賞作品などが展示されています。

戦前の作品は、今見れば、画題や技法に古さを感じさせるものもありますが、けっして陳腐でもローテクでもありません。むしろ風景画や風俗画は、写真とはまたちがって、描き手の個性を通して、当時の情景を今に伝えてくれますし、工芸・デザインは、いま見てもその斬新さに意表を衝かれます。

戦後から1970年代の高度経済成長が頂点に達した頃の作品は、若い頃からなれ親しんだ作風の作品が多くて、一番共感ですますね(^^♪

そして、1999年以降の現行制度の京展に応募された作品は、アブストラクトな作品が多いです。

京都にゆかりの著名な作家の作品がたくさん並んでいる割には、鑑賞者が非常に少なくて(大展示室に私とスタッフの人だけのときも多かった )、それで、良いのか悪いのか判りませんが(笑)、作品をそれこそ舐めるように近寄ったり離れたり回ったりしながら鑑賞することができました。
*
Kyotenshiten03
特設コーナーでは、上村松園、上村松篁、上村 淳之の親子孫三代の作品が一度に展示されています。

なかなか三代の作品を一度に鑑賞する機会はすくないので、これも見比べ(失礼)ができて良かったです。

8月18日までと期間はまだありますので、一度足を運んでみてください。
:
(次回は、並河靖之七宝記念館です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】初夏の花シリーズ(2013)その4 元田中のツユクサ | トップページ | 【叡電】話題のハートのつり革を見つけました »

コメント

こんばんは
明日からは愈々本降りの様ですね(・。・;
それも集中豪雨が有ったりするそうですので、大変です…
京都市美術館。車でなら行き道分かります♪
お盆休みに行けたら行ってみますね♪
姪っ子達は動物園に置いて行こうかな(*^_^*)

>> na nori さんへ

こんにちは。
やっと梅雨らしい天気になってきましたね。
水不足だけ解消するような大雨だとよいのですが、なかなか
そうはいかないでしょうね。

岡崎の動物園も最近はリニューアルして、以前とは雰囲気が
変わっているそうですよ。姪ごさんたちも、大喜びかも

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都市美術館80周年記念「市展・京展物語」:

« 【叡電】初夏の花シリーズ(2013)その4 元田中のツユクサ | トップページ | 【叡電】話題のハートのつり革を見つけました »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ