« 散歩の途中に見つけたアジサイほか | トップページ | 京の梅雨晴れの散歩 大徳寺から今宮神社へ »

2013.06.30

考古資料館で最古のいろは歌の土器と伏見人形展を見学

昨日は、梅雨晴れの良い天気でした。もうすこし曇りで、いよいよ見ごろも終わりに近づいてきたアジサイの撮影に好都合か
と、思ってましたがちょっと当てが外れました。

それでも土砂降りよりはのほうが、カメラ散歩にはまだ好都合なので、例によって、西陣地区をぶらぶら歩いてきました。

歩きの順ではありませんが、新聞でも紹介されて一躍有名になった、「日本最古級のいろは歌の書かれた土器」を見学に、京都市考古資料館へ。
*
Koukosiryokan03
写真は、京都新聞に載ってたものですが、実物はもうすこし大きい(直径9cm)です。それでもふつうの小皿です(笑) 素焼きの神社のお供えに使うような皿の裏側にびっしりと文字が書かれてます。たしかに「いろはにほ・・・・」と読めますね。

900年くらい前に今の二条城前付近にあった、堀川院跡の井戸から発見されたものです。もう30年も前に掘り出されていたのですが、ながく倉庫に仕舞いこまれていたのが、最近になって他でも文字の書かれた皿が見つかって、再調査の結果、日の目を見たんだそうです。

あまり上手い字じゃないので(失礼) 「子供の手習いの練習用か?」とも解説されてます。
*
201306_1kouko02
続いて、特別展「伏見人形」を見ます。

伏見人形というのは、京都の伏見稲荷大社付近で作られた素朴な土人形です。日本の土人形・郷土人形の元祖ともいわれます。今では伏見の窯元は、ほぼ「丹嘉」さん一軒だけになってます。

これも高さ数センチの小さな人形がほとんどです。今で言えばフィギュアのプラスチック人形のイメージですね。
*
201306_1kouko03
素焼きで、まだ彩色されていないのも展示してあります。
*
201306_1kouko04
遺跡からは、こんな状態で出土するそうです。子供が遊ばなくなってまとめて捨てたのでしょうか
*
201306_1kouko05
201306_1kouko06
こんな楽しいスタンプも置いてあります。
わたしは、蜃気楼が気に入りました。
*
(次回は、大徳寺から今宮神社を歩きます。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 散歩の途中に見つけたアジサイほか | トップページ | 京の梅雨晴れの散歩 大徳寺から今宮神社へ »

コメント

なかっちょさま
こんにちは
このように素晴らしい歴史的価値のあるものが、お近くで簡単に見られるのは、羨ましき限りです。

こんばんは
今日は降りませんでしたね(*^_^*)風邪は少々強めでした(-_-;)
伏見人形凄いですね。
展示されている物も本当に良いですね。
小さい物をコツコツ造るっていると時間を忘れます
昔の人もそうだったのかな。
スタンプこの中で選ぶと蜃気楼は言われたので…
神馬かな

>> 輝ジィ~ジさんへ

こんにちは。コメントありがとうございます。

文化財も、王侯貴族の残したものだけでだけ、一般庶民の生活感の
感じられる品々まで、調査・保存の対象になってきまして、いろいろと
変わったものがみられるようになってきました。

京都は、文化財の宝庫のひとつですが、輝ジィ~ジさまのお近くの
上信越の山々も自然の宝庫で、いつも高山植物や残雪の風景を
見せていただいて感動しております。

お国自慢の品が次の世代に引き継がれていくようにサポートして
いくのが、われら熟年世代の務めですね。

>> na nori さんへ

こんにちは。
きょうも、すこしの時間帯はありましたがは降りません
でしたね。

残念ながら展示は、今日で終わりです。
完成品も、作りかけのモノも、捨てられたのを拾ってきた?のも
みんなみんな可愛くて、ひとつくらいこっそりと貰って来たくなります

昔の人も、ひとつひとつ粘土をこねて、型に入れて、焼いて、色付けして、
着物を着せて、お店に飾ったんでしょうね。

それを買った人も、割れないようにボロ布かなにかに包んで、京土産として
お国の子供たちに持ち帰ったんですかね。

御所人形や博多人形も、もちろん良いですが、わたしはこんな土人形の
ほうがより好きです。

次回の今宮神社、甘い「あれ」は出てくるでしょうか。好きなんですよねー!

>> キハ58さんへ

こんにちは。
残念ながら食べログではありませんので、「あれ」は出て参りませんm(__)m

二軒のお茶屋さんが張り合って(笑)ますが、わたしは神社に向って
左側のかざり屋の方が好みですが、もちろん右側の一文字屋が良いという
ひともたくさんいますね。

キハ58さんは、どちら派ですか

おはようございます。

「京都市考古資料館」という施設で、このような企画を催しているのですね。

自分も一度、行ってみたいと思いました。

>> 京阪快急3000さんへ

入場無料ですから、よろしければ行って見て下さい。
7月20日から「平安貴族の住まいとくらし」という特別展が
はじまるみたいですよ。

私は、向かって右、古井戸のある一和いっぽんです!

>> キハ58さんへ

これは好みの分かれるところですね。
だからこそ2軒のお店が何百年も続いているんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考古資料館で最古のいろは歌の土器と伏見人形展を見学:

« 散歩の途中に見つけたアジサイほか | トップページ | 京の梅雨晴れの散歩 大徳寺から今宮神社へ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ