« 考古資料館で最古のいろは歌の土器と伏見人形展を見学 | トップページ | 京の梅雨ばれの散歩 西陣のお花たち(その1) »

2013.07.02

京の梅雨晴れの散歩 大徳寺から今宮神社へ

29日は、梅雨晴れの良い天気でした。もうすこし曇りで、いよいよ終わりに近づいてきたアジサイの撮影に好都合か
と、思ってましたがちょっと当てが外れました。

それでも土砂降りよりはのほうが、カメラ散歩にはまだ好都合なので、例によって、西陣地区をぶらぶら歩いてきました。

先に、考古資料館の記事を載せましたが、その前に大徳寺と今宮神社を歩いてます。
*
201306_2daitokuji01
バスを建勲神社前で降りて、境内に入っていきます。すぐに民家が途切れて、お寺の長い土塀が続きます。

年季の入った住居表示の「久邇洋裁学校」は、たしか子供の頃には見たような記憶がありますが今は、もうないようです。

塔頭 大光院
*
201306_2daitokuji02
瓦を塗りこんだ土塀は、大徳寺ではよく見かけます。

塔頭 龍光院
*
201306_2daitokuji03
入り口が駐車場だったので、入ってみましたが、やっぱりお寺は拝観謝絶でした(^^ゞ

塔頭 玉林院
*
201306_2daitokuji04
塔頭 高桐院
*
201306_2daitokuji05
塔頭 総見院
*
201306_2daitokuji06
今宮神社参道
*
201306_2daitokuji07
塔頭 聚光院
*
201306_2daitokuji08
南門付近
*
201306_2daitokuji09
今宮神社境内にて

ペンキ画ではなくて、切り絵なのが面白いですね。境内にある幼稚園児の作品でしょうか
*
あえて色彩を殺してみました。座禅ひとつ体験したことがない管理人がこんなことをいうのも失礼でしょうが、自分なりの侘び寂びの世界を表現したつもりです。

シャッターをおした瞬間の光景は、もう二度と再現されません。一期一会ですね。

次回は、西陣の街歩きで見つけたお花たちです。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 考古資料館で最古のいろは歌の土器と伏見人形展を見学 | トップページ | 京の梅雨ばれの散歩 西陣のお花たち(その1) »

コメント

おお!ちょっとレトロさが また良い~!(*^ー゚)bグッジョブ!!
京都の 半端ない暑さに やられてませんかぁ~?
暑さに負けず、頑張って走り回ろう!

>> まぶちょんさんへ

こんにちは。
ここしばらくは、曇りがちでそんなに暑くないんですよ。
まだ、梅雨明け宣言も出てませんし、これからか夏本番
でしょうけど

こんばんは
曇空の日が続き暑さをあまり感じませんね
明日もお天気は少し雨が降ったりするそうです
色々な写真もレトロ感が良いです♬
最後の切り絵で作られた、境内マップだから「ッ」が
無いんですね園児募集のポスターからしても
やっぱり園児たちが切り絵を作ったのかもしれませんね♬

こんばんは(*^-^)
影が・・・迫力ありすぎて、ちょっと恐かったです
でも、素敵で不思議な感じで、目が離せなかったです~←でもやっぱちょっとビビリです

おはようございます。

なかなか良いところですね。

「境内マップ」は、良い感じですね。

「あえて色彩を殺してみました。」
自分にとっては、ハードルが高そうだと思いました。

>> na nori さんへ

こんにちは。
昨日は、よく降りましたね。今日もところによっては大雨の
おそれもあるとか、注意したいです。

たしかに「ッ」が抜けてますね。屋外だからはがれたのかも
しれません。

土曜日で、幼稚園はお休みでしたが、園庭の周りには
たくさんアジサイが咲いてました。

>> mik さんへ

こんにちは。

ちょっとコントラストがキツ過ぎましたか(笑)
行かれたことがあるかとも思いますが、実際のお寺は
もっとカラッと明るいです(^^ゞ

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。
最近、プロカメラマンの作品を見て歩く機会があったので、
ちょっとマネしてみました。

何を捕え、何を省くかは、難しいところですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の梅雨晴れの散歩 大徳寺から今宮神社へ:

« 考古資料館で最古のいろは歌の土器と伏見人形展を見学 | トップページ | 京の梅雨ばれの散歩 西陣のお花たち(その1) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ