« 京の梅雨晴れの散歩 大徳寺から今宮神社へ | トップページ | 京の梅雨ばれの散歩 西陣のお花たち(その2) »

2013.07.04

京の梅雨ばれの散歩 西陣のお花たち(その1)

西陣の街歩きは、大徳寺から考古資料館を見て、出町方面に向います。

途中、目に付いたお寺や神社に参って、夏の花壇を撮影させてもらいました。
*
201306_3nishijin01
大徳寺境内とは、バス通りで区切られてしまってますが、塔頭の雲林院に参ります。観音堂横の百人一首の歌碑をバックにハスの蕾を一枚。咲いてりゃなお良かったんですが
*
201306_3nishijin02
鞍馬口通りを通って、水火天満宮へ。ここも夏越の茅の輪くぐりがしつらえてあります。

左回り、右回り、左回りと八の字に3回くぐります。半年の穢れを祓って、これから本番になる夏の暑さに備える神事です。

たしかに、青々とした茅の束をみると、その生命力がこちらに伝わってくる気持ちがしますね。
*
201306_3nishijin03
「日本最初の天満宮」の文字は、由緒書によれば、「醍醐天皇より水火天満宮の勅命により神号を賜り天満宮としたこと、初めて菅原道真の神霊を勧請したこと」によるそうです。
*
201306_3nishijin04
寺之内通りまで下って、妙蓮寺へ。このお寺も隠れた花の寺で、ひろい境内に四季の花が植えてあり、よく参らせてもらってます。

門前の真っ赤な芙蓉は、夏の象徴ですね。
*
201306_3nishijin05
ここのハスは良く咲いています。ちょうどお昼時で真上から日光が差し込み、花弁を透き通らせています。
*
201306_3nishijin07
このお寺の家紋は調べると「尻合せ三つ楓」と呼ばれる模様だそうです。
*
201306_3nishijin09
キキョウも咲いてます。この花は、晴れていても曇っていても絵になるようです。
*
201306_3nishijin08
ひと株だけですが、早くも萩が花をつけてました。いくら天候不順とはいえ、気の早いこと
*
(次回は、相国寺から上御霊神社、出町寺町へとあるきます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の梅雨晴れの散歩 大徳寺から今宮神社へ | トップページ | 京の梅雨ばれの散歩 西陣のお花たち(その2) »

コメント

こんにちは
始めの写真蓮が咲いていたらキッとまた撮り位置も違ったんでしょうね♬
芙蓉は最近よく見かけます。走っていると色々な花を見かけるけれど
何だろう~って思いながら通り過ぎるだけ…
蓮の透明感は好きですね(#^.^#)

>> na nori さんへ

こんにちは。
この写真を撮ってから、もう数日過ぎているので、きっと
今頃は満開でしょうね。

蓮は、ご本尊の千手観音様へ捧げる花ですね。
早起きして、どこかの蓮池に撮影に行きたいです。
たしか琵琶湖博物館には、広い蓮池がありましたね。

おはようございます。

2枚目の写真(夏越の茅の輪くぐり)は、先月の29日に岩清水八幡宮に参拝した時に見ましたよ。

自分が来た頃に、ちょうど準備をしていて、参拝を済ませた頃には、出来上がっていましたよ。

岩清水八幡宮へ参拝したのは、本当に久しぶりでした・・・。

>> 京阪快急3000 さんへ

おはようございます。

茅の輪は、草で作られているので早くから準備すると
シオレテしまったりして、タイミングが難しいんでしょうね。
毎年の行事ですから、神社の方も心得たもので
しょうけどね。

芽の輪くぐり、東京では年末年始しかみたことありません。
てっきる、お正月のものと思っていましたが違うんですえね。

こんにちは

5枚目のハスの花、
見入ってしまいました。
こんなにきれいに撮れるものなんですね

>> キハ58さんへ

こんにちは。
東京では、年末年始に茅の輪くぐりがあるのですか。
知りませんでした。わたしは、6月末の行事だとばかり思ってました。
ところ変われば品変わるものですねぇ

>> slowmotion さんへ

こんにちは。

5枚めのハスの花は、たまたま鉢植えで間近に寄れたのと
太陽光線の差し込む方向の加減で、透過光で撮影できた
偶然の出来です(^^ゞ

ある方のブログに「お花は真上からではなく、すこし見上げる
位の角度から写すときれいに撮れる。」
と、書いてあって参考にさせてもらいました。

たしかに、普段の上から目線とはちがった写真になりました。

こんばんは。

茅の輪くぐりはあちこちの神社でやっておられますね。

これを見るともう一年の半分が過ぎたんだと、月日の流れる早さを実感致します。

私は30日に住吉っさんにて夏越の祓えをしてもらいました。

ここは変わっていまして、茅の輪くぐりはひと月遅れの7月31日、住吉夏祭りの時に行われます。

>> kaz_eg6 さんへ

こんにちは。
一日は、長いですが(とくに仕事の忙しい日は) やはり
月日は、ながれてもう祇園祭・天神祭・住吉祭と夏祭りの続く時期に
なってきましたね。

なかなか忙しくて阪堺線へも足が向きませんが、下町の雰囲気を
楽しみに行きたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の梅雨ばれの散歩 西陣のお花たち(その1):

« 京の梅雨晴れの散歩 大徳寺から今宮神社へ | トップページ | 京の梅雨ばれの散歩 西陣のお花たち(その2) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ