« 【京都市電】地下鉄竹田車庫に移送された保存車 | トップページ | 【叡電】初秋の花シリーズ(2013)その2 車庫のまわりのちいさな秋 »

2013.09.12

【叡電】初秋の花シリーズ(2013)その1 すっかり秋の気配

9月に入っても、異常気象が続き、各地で自然災害が頻発しています。被害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。

さて、被害地区の方には申し訳けありませんが、京都市内は地蔵盆の過ぎた頃からだんだん涼しくなり、順調に季節は移ろっております。

「花とえーでん」のシリーズも、真夏号yacht の終電車を発車させるほどのネタが無いままに(笑)。初秋号maple の発車時刻になってしまいました。

これから10月半ばくらいまで、何本か運転したいと思ってます。みなさまのご乗車とご感想をお待ちしております。
*
802_87
やはり、「秋になったなぁ....」と、感ずるのは、田んぼの稲穂が伸び始めたのを見るときでしょうね。

おなじみの岩倉一号踏切付近も、ことしから電車のバックの田んぼが住宅になってしまいましたが、まだ案山子の立つ田んぼが2・3枚残ってます。
*
901_0171
今年は、猛暑の影響で、お米の品質が良くないのだとか。

まだ先のことですがmapleの色つきにもおそらく影響するんでしょう。残念ながら、昨年ほどの照りは期待できないかもconfident
*
813_81
岩倉川のキバナコスモスの花付きも良くありません。例年なら河原がオレンジに染まるのですが、ことしはグリーンが目立ちます。
*
801_90
でも、秋雨にぬれる花は風情がありますね。
*
Tateha
タテハチョウもやってきてました。

ここで、また本降りになってきたので一旦家に戻ります。
**
(続く) (次回は、修学院車庫の回りにちいさな秋を探します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【京都市電】地下鉄竹田車庫に移送された保存車 | トップページ | 【叡電】初秋の花シリーズ(2013)その2 車庫のまわりのちいさな秋 »

コメント

生きている自然と、生きている電車が身近にある風景はイイですね。
花付少なくても、黄緑とのコラボが素敵ですよ!

こんばんは。
今日も夕方から雨降ってました☂
雨の中お写真お疲れ様です♬
でも雨のしずくを撮った写真綺麗だなぁって最近思います。

おはようございます。

お待ちしておりました。
毎年恒例のこのシリーズ。

拙いご質問かもしれませんが、3枚目と4枚目の写真は、電車ではなく、お花(キバナコスモス)に向けて、ピントを合わせて、焦点距離は望遠向けにしているのでしょうか?

>> キハ58さんへ

こんにちは。
叡電沿線も、どんどん開発が進んで、自然が減ってきました。

すこしでも残っているうちは、記録しておこうと思ってます。

>> na nori さんへ

こんにちは。
昨晩は、京都では降りませんでしたがムシムシした夜で
またエアコンを入れました。

ベランダへ出ると涼しいのですけど、風が無くて部屋に
自然の冷気が入ってくれませんhappy01

この日も、降ったり止んだりの日だったんですけど、
雨の合間に数枚撮影しました。

いつもこの時期になると、コスモスを見に行くのですが、
雨のしずくが光って、ちょっと目先の変わった写真に
なりました。

>> 京阪快急3000さんへ

詳しい撮影データを持ち合わせていませんが、
花にピントをあわせて、絞りは開放ちかくにして
背景をぼかしています。

カメラから花は、2m、電車までは80mくらい離れてます。

いいですねgood
岩倉あたりは何度か歩いたのでとても懐かしいです。
蝶やトンボもいろいろ見かけますが、私のへっぽこカメラには
なかなかおさまってくれませんbearing

>> ターコイズ さんへ

こんにちは。
いつも、新宿御苑のお花の写真で楽しませてもらっています。
花と蝶、ススキに赤とんぼは、名コンビですね。
どちらもなかなかじっとしてくれませんが、しばらく待ってると
かならず花の上でお休みするタイミングがあるので、そのときに
狙ってみてください。

さて、ご存知かと思いますが、岩倉駅からこの川に沿って登っていくと
実相院の参道に出ます。

この日の参道は、ぼちぼちとススキの穂もでて、彼岸花もすこし
花芽をだして、秋の訪れを告げてました。

今週末は、三宅八幡の秋祭りです。雨が降らなければまた
岩倉を散歩してみるつもりです。

おはようございます。

今年は8月終盤の荒天で、夏が終わる前に秋が来てしまったような感がありますね。

年々沿線の田んぼが減っているようですが、構図に工夫されてお見事です。

できるだけ人工物を入れなくするのは難しいですよね。

>> kaz_eg6 さんへ

8月の下旬は、週末ごとに雨が降ったりして、結局、夏から秋に
移り行くような景色は撮れずじまいでした。

まあ、自然が相手のフィールド撮影では、お天気任せなのでrain
仕方ありませんがsmile

叡電の岩倉~木野間の農地もどんどん宅地に変わり、線路の両側
とも農地のところは、ほぼ皆無になりました。

でも、ボヤいていると、不思議と新しいアングルが見つかるものです。
今まで、ばくぜんと見えてても、注視していなかったみのが、代わりに
視えてくるんでしょうね。

自分の体の機能なのに、人間の感覚には驚かされるものがありますcoldsweats02

地蔵盆、懐かしい。よき伝統です。

田んぼの写真。嬉しいですね。

東京二十三区では、畑はあっても田んぼはもう見かけないです。小学校のビオトープで水稲を育てているのを例外としては。


それでも!
生き物の生命力はすごい。学校のプールで繁殖したものか、東京中野では現在、赤とんぼか舞い飛んでいますよ。

>> 笠井君へ

こんにちは。
ちょっと前まで、あんなにあった田んぼも、ここ数年のうちにどんどん
つぶされて、もう数えるほどになってしまいました。

東京は、台風の影響大丈夫ですか?
こちらは、雨が降ったり止んだりの状況です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/58147300

この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】初秋の花シリーズ(2013)その1 すっかり秋の気配:

« 【京都市電】地下鉄竹田車庫に移送された保存車 | トップページ | 【叡電】初秋の花シリーズ(2013)その2 車庫のまわりのちいさな秋 »

フォト

ススキ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ