« 京の秋の散歩 嵯峨野の里道を歩く(鹿王院周辺) | トップページ | 京の秋の散歩 嵯峨野の里道を歩く(大沢池から広沢池へ) »

2013.10.24

京の秋の散歩 嵯峨野の里道を歩く(渡月橋から大覚寺へ)

嵯峨野の散策は、鹿王院をでて、渡月橋から大覚寺へ向います。
*
201310sagano11
鹿王院の前の道を嵐山方面に向うと、嵐電嵯峨駅前にでます。ここでわら葺きの畳屋さんを見つけました。

嵯峨野でも奥のほうへ行くと、まだたくさんワラ屋根は残ってますが、こんな駅前の商店街にあるとは、驚きですね。さすが嵐山
*
Arashiyama03
畳屋さんの看板と嵐電のコラボです。踏切を渡って少し行くと、JRの嵯峨嵐山駅です。
*
201310sagano12
渡月橋の見える川原で一服しました。見たところ橋も中ノ島公園もきれいに修復され、大勢の観光客で賑わっています。ただ川岸の護岸が崩れて立入禁止になっている箇所は、ところどころあります。
*
201310sagano13
長辻通りは観光客で一杯なので、嵐電嵐山駅の裏口をでて鹿王院から続く旧道に戻って、大覚寺に向います。
*
201310sagano14
JRの踏切を渡り、新丸太町通りを横断して、前回に、油掛地蔵のところで紹介した愛宕道と鹿王院からの道の出会うところにまた地蔵堂がありました。
*
201310sagano15
中には、こんな可愛らしい四体のお地蔵様がおられました。
*
201310sagano16
お隣の旧家の前には、フジバカマの一株が。バス通りから一歩裏道に入るだけで、まだまだ昔の嵯峨野の風情を残すところを歩けるのは、うれしいですね。
*
201310sagano17
大覚寺の門前に着きました。時間はまだ3時前ですが、秋の日の暮れるのは早く、はや夕方の空になってきました。お寺には入らずに、大沢池から広沢池への散策路だけを歩くことにしましょう。
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の秋の散歩 嵯峨野の里道を歩く(鹿王院周辺) | トップページ | 京の秋の散歩 嵯峨野の里道を歩く(大沢池から広沢池へ) »

コメント

こんにちは^^
渡月橋は、もう何回渡ったか数えられないくらいです。
住まいが豊中だったので、十三乗り換えで阪急電車というのが
京都通いのパターンでした。河原町まで行くより、嵐山から
嵐電で、沿線のお寺さんをみてというのが回数としては
多かったですね。 先だっての水害には心が痛みましたが
また綺麗な紅葉がみれたらいいですね

こんばんは。

嵐山の渡月橋の眺め、とても良いですね。

それにしても、なかっちょさんは本当にお花のことをよくご存じですね。

ちなみに自分の母は自分が小学生の頃、生け花の先生の免許を持っていて、近くの施設で生け花の教室をしていました。

その生け花の先生が守口市に住んでいらっしゃって、当時母はその守口市で、歯科の助手のお仕事をしていました。

>> ターコイズさんへ

今朝から、叡電や京阪の駅にももみじ便りのポスターが張り出され
ましたが、まだまだ色付くにはちょっと早いですね。

ここしばらく台風で不順な天気が続いているのも気になります。

でも、きっと今年もキレイな紅葉が見られると思いますよ。
楽しみに待ちましょう

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。
嵐山は、ボランティアのみなさんの活躍や市当局の援助もあって
アッというまに元通りになりました。

わたしもそんなに花に詳しいわけでもありませんよ
ただ、「きれいだなぁ」と思うと写真に撮っておいて、
名前がわからないと調べたり、聞いたりして知識を
増やしてます(笑)

こんにちは
わら葺きの屋根、街中にあるんですね~すごいですね~
瓦の部分の少し苔むした感じも いいですね~(* ̄ー ̄*)
維持も大変でしょうが、このままずっと存在していて欲しい建物ですね
神社仏閣とは、違った歴史や文化が感じられてステキですね

なかっちょさん

こんばんは。

渡月橋、一時はどうなる事かと心配しましたが
元気なようで何よりですぅ。。。

>> mik さんへ

こんにちは。

たしかに街中だけに、ワラ屋根を補修するワラやカヤを手当てするだけでも
たいへんでしょうねぇ。ちょっと前までは、ワラは近くの田んぼでススキも
桂川の川原でいくらでも手に入ったでしょうけど、いまは無理ですね。

いっそのこと、観光客相手のカフェにでもしたら、人気爆発かも

>> ナンシーさんへ

こんばんは。

渡月橋は、ほんとに間一髪というところで、川の水が引き始めて
崩壊といった最悪の事態は、まぬがれましたね。

それでも水が引いた後は、悲惨な状態だしたがわずか一ヶ月
足らずで、何事も無かったのように復旧するとは、さすがに
嵐山のネームバリューの力ですね。

あとはこの先冷え込んで、綺麗な紅葉が見られることを
祈りましょう。

初めてお邪魔しましたが ホッと一息つけました
行った事のあるお寺・・・木津川の赤い橋・・・
1週間の疲れが飛んだ。。。
そんな心安らぐ風景でしたよ

深夜 酔っ払ってまた覗きに来ると思います

>> 音姫さんへ

いらっしゃいませ。

見慣れた京都近郊の町並みを歩きながら、できれば絵葉書写真
とは、ちょっとちがった風景を探し出しては、ブログに載せております。

ほっこりいただけましたら、幸いです。
これからも、ごひいきに

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の秋の散歩 嵯峨野の里道を歩く(渡月橋から大覚寺へ):

« 京の秋の散歩 嵯峨野の里道を歩く(鹿王院周辺) | トップページ | 京の秋の散歩 嵯峨野の里道を歩く(大沢池から広沢池へ) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ