« 京の秋の散歩 旧若狭街道に秋の草花をさがす | トップページ | 【JR貨物】人道橋としての最後が近づく赤川鉄橋 »

2013.10.11

京の秋の散歩 大原の里に秋の草花をさがす

先週末の大原散策の続きです。東海道自然歩道のコースにそって田舎道を歩きます。
*
201310ohara21p
バス停から三千院の門前まで律川にそって、ずっとみやげ物屋が続きます。個人的には、この観光地のみやげ物屋の前を通るのがあまり好きくないんですね

さっと横道に入って、田んぼ脇の高台の休憩所へ。ここから大原の里を一望できます。もう1・2週間前にくれば、田んぼは黄金色に染まり、畦にヒガンバナの咲き乱れる光景も見られたのでしょうけど、今は閑散としています。
*
201310ohara22
この休憩所には、お地蔵様がおられました。赤ピーマンや栗の実のお供えが、山里らしいです。
*
201310ohara23
ししおどしを見つけました。名庭園で知られる宝泉院の境内・・・・・ではなくて、なんと通用口です。優雅な防犯装置(笑)?

おそらくは、拝観コースから見えないところで、コーン、カーン♪と音だけ参拝者に聞かす工夫なんでしょうね。
*
201310ohara24
天を突く、キンエノコログサ。

調べると、雑穀米やお餅にするアワ(粟)の原種は、エノコログサなんですね。若い葉や穂は、付け焼きやてんぷらにして食べられるのだそうです。摘み草料理を出すお店は、大原にも何軒かあります。
*
201310ohara25
大原に数々ある石仏様の中でも、わたしの一番気に入っているお地蔵様です。宝泉院から国道に下りる里道の脇に立っておられます。
**
201310ohara26
まだ、丸ポストが現役の大原郵便局。金木犀が香ります。

この前の道も旧街道で、バイパスができるまではこの狭い道を京都バスと市バスが仲良く走っていました。その頃は、この付近が大原の中心地で区役所や消防署の出張所、駐在所、バスの案内所などが並んでました。
*
201310ohara27
ふたたび、大原川を渡って、里の西側に出ます。畑に植えてあるのは、すぐきの苗のようです。正月の漬物用に育てられているのでしょう。

初夏にこの畑を通ったときは、一面に柴漬け用のシソの葉が植えてあり、紫に染まっていました。
*
201310ohara28
畑の脇では、あたり一面を真っ赤に染めたであろう彼岸花も、宴のあとの寂しさを漂わせています。
*
201310ohara29
カラスウリの実を見つけました。あたり一面の緑の中に、朱色の実はよく目立ちますね。これだけ目立つのに鳥や獣に食べられないのは、なにか毒性でもあるのでしょうか?
*
201310ohara30
最後は、いかにも日本の田舎の秋といった情景でお仕舞いにしたいと思います。

最後まで、散歩にお付き合いくださいましてありがとうございました<m(__)m>
*
(次回は、最後の赤川鉄橋訪問です。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の秋の散歩 旧若狭街道に秋の草花をさがす | トップページ | 【JR貨物】人道橋としての最後が近づく赤川鉄橋 »

コメント

こんにちは^^
今日も素敵な写真をたくさんみせていただきありがとうございます。
私も故郷の人吉での観音巡りを思い出しました
それから、京都でのししおどしですが、私の№1は、二尊院のそれです
燃えるような紅葉とししおどしの心洗われるような音の響きがセットになって
思い出されます

(⊹^◡^)ノo゚。*こんにちわぁ~*。♡
金木犀が、もうこんなに咲いてるんですね
近所の公園の金木犀は、まだ全然です
早く、我が家の近くでも、香ってこないかな~

お地蔵様や、石仏様に、ちゃんときれいなお花が
飾られていて、地域の方々で大切にされているのが
よくわかります。素晴らしいですね

>> ターコイズさんへ

こんにちは。最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

人吉の相良三十三観音めぐりのHPを見てみました。
地元の方が、ちいさな観音堂を守っておられるようですね。
関西では、滋賀県の湖北の観音霊場めぐりのような感じに見受けました。
ちょっと遠いですけど、JR九州のななつ星を見に行く機会があれば
寄ってみたいですね。

そろそろ二尊院も、いちばん美しくなる季節が近づいてきましたね。
そういえば、お庭にししおどしのカーン・カーンが響いていたような
気がします。

>> mik さんへ

こんにちは。

金木犀は、うちの近所や会社のまわりではぜんぜん香っていないのに
大原では、庭木や生垣にしているお家がたくさんあって、良い香りに
包まれて散策できました。

大原は、ふるくからお寺さんが多いので、地元の方も信心深い方が
たくさんおられるんでしょうね。

田んぼのあぜや山道などのあまり人が通らないところにおられる
お地蔵様も、ちゃんとお花や前垂れが供えられて、感心します。

こんばんは。
今凄い雨が降って来ました。
やはり明日からは少しヒンヤリとしてくるのでしょうか。
椿地蔵様の説明書きが良いですね(#^.^#)
つい手を合わしてお願いしたくなります♪
若い葉や穂は、付け焼きやてんぷらにして食べられるのって凄いです
味はどうなんでしょう♫摘み草料理を出すお店もあるのですね一度食べてみたいです
最近のカラスさん落ちている柿やみかんも食べないですね。
落ちたのはいつまでも落ちたままに成っているのを良く見かけます…
何を食べてるんでしょう~

>> na nori さんへ

こんにちは。
京都では、傘がいるかいらないかくらいの小雨でしたね。
今朝は、すこしひんやりしてます。運動会のところも多いでしょうけど
スポーツ日和ですね。

摘み草料理とは、いわゆる山菜料理です。お店によっては
ちかくの野山でつんできた野草をそのまま料理して食べさせて
くれます。
エノコログサがメニューに出るかどうかは知りませんが

こんにちは

大原、いいですね。
最近お散歩ができていないんですが、
なかっちょさんの記事を読んで、
大原いいなあ・・・と行きたくなってしまいました

最近は歳のせいか、すぐに季節が移ろってしまうような
気分がしています。
この一瞬は、すぐに見られなくなってしまうんでしょうね

>> slowmotion さんへ

こんにちは。
いつも読んでくださってありがとうございます。

いま大原は、勝林院の一千年紀でにぎわっています。
お坊さんの男声合唱の声明を聞く機会はなかなかないので
いちどいかれてはどうでしょうか?

紅葉が色付くと、どっと観光客が増えます。11月初旬くらい
までが、人が少なくて良いかも。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の秋の散歩 大原の里に秋の草花をさがす:

« 京の秋の散歩 旧若狭街道に秋の草花をさがす | トップページ | 【JR貨物】人道橋としての最後が近づく赤川鉄橋 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ