« 【近鉄】秋の木津川鉄橋(奈良寄り) | トップページ | 京の秋の散歩 嵯峨野の里道を歩く(鹿王院周辺) »

2013.10.20

京の秋の散歩 地元でまったり(^。^)

もう一週間前の話題になってしまってますが(笑)、体育の日の3連休の前半は、鉄分を十分に補給したので、最終日は、地元の散歩道でまったりしてきました。
*
201310ichijyoji01
まずは、離宮道を赤山禅院に向います。まだ紅葉の色付くのには早くて、お参りの人はちらほら。

七福神様に、「どうぞ、今年も良い紅葉の写真が撮れますように。」とお祈りしてきました。
*
201310ichijyoji02
修学院離宮の前を通って、禅華院へ。境内の柿の木がたくさん実を成らせていましたが、渋柿なのか実が落ちるに任せてあります。果物の痛んだ甘い香りが漂っておりました。これは収獲ならぬ臭覚で感じる 秋ですね。
*
201310ichijyoji03
つづいて、きらら坂を登って曼殊院へ。紅葉シーズンほどではありませんが、タクシーやマイカーで参拝の方は多いです。ぶらぶらと散策されている方ともすれ違います。

ここも紅葉はまだまだのようです。水鏡とカメさんのコラボが面白いので一枚
*
201310ichijyoji04
曼殊院を出て、武田農園の中を通り抜けて葉山観音堂まできてびっくり この前の台風によるものなのか、境内が土砂崩れして立ち入り禁止になっています。

幸い、観音堂は無事のようですが、手前のお庭だったところがブルーシートに覆われています。出来るだけはやく復旧されることを祈りたいです。

(写真は、生々しいのですこしボカシを入れてます。)
*
201310ichijyoji05
西圓寺の境内に咲いている芙蓉の花。これは酔芙蓉のように色変わりする品種ではないようです。
*
201310ichijyoji06
この赤い実も西圓寺の門前に成っていたのですが、何の実でしょう?
*
201310ichijyoji07a
圓光寺の門前の民家の土蔵に茂るセイヨウアサガオ。土壁とのコントラストが印象的でした。
*
201310ichijyoji08
詩仙堂のとなりの八大神社で一休みします。境内の隅にサザンカの大木があって、かなり高いところに薄ピンクの花を咲かせていました。この秋のサザンカの初見です。

おなじ地区内に、夏の花のイメージの朝顔と冬の花のイメージの山茶花が一緒に咲いてて、季節感がゴッチャになりますね
*
201310ichijyoji09
金福寺への道すがらの本願寺北山別院の掲示板に、芭蕉庵にちなんでか芭蕉翁の句が貼ってありました。

ガラスに風景が反射して、面白い絵になりました。句にならって、人も車も途絶えた一瞬にシャッターを切ってます。写っているのが田舎の田んぼ道ならもっと風情があるんですけどね

この後、図書館に寄って、また何冊を借り出して帰宅しました。
*
(次回は、嵐山・嵯峨野を歩きます。)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【近鉄】秋の木津川鉄橋(奈良寄り) | トップページ | 京の秋の散歩 嵯峨野の里道を歩く(鹿王院周辺) »

コメント

こんにちは^^
カメさんの写真、ナイスですね
なかなかこんな場面に出くわすとは、なかっちょさんも、もってますね
赤い実は、ウメモドキでは?と思いましたがどうでしょうか

こんばんは。

葉山観音堂は残念なことになっていますが、カメさんや綺麗なお花、そして芭蕉の句の写真もバッチリですよ。

>> コータイズさんへ

こんにちは。

この弁天池にはカメさんがたくさんいるのですが、
こんなしぐさを見せてくれるのは初めてです。
竜宮城ご招待(笑)ほどではなくても、なにか良いことが
あるかも

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。
歩きなれた道でも、季節が変わるごとに何か発見がありますね。
それを探して歩くのが面白いです。

曼殊院や詩仙堂の池の亀って、たくさんいたよね。
たしか前に 蕎麦屋さん、なかったっけ?
食べた記憶が・・・。
でも今もあるのかな?

こんばんは☽
今日も雨がずっと降ってました
カメさんどこまで登ったのかな♫
赤い実、ウメモドキっぽいですね(#^.^#)
最後の写真面白いです~
毎日見ていますけれど土砂崩れの後は見るたびに恐怖に成りますね…

>> まぶちょんさんへ

こんにちは。
お忙しいところ、コメントありがとうございます。

曼殊院の前のお蕎麦屋さんは、弁天茶屋ですね。
いまもやってますよ。この写真を撮ったときも、お昼ちょっと前で
参拝の人が、お店に入っていきました。
秋の紅葉シーズンを控えて、お店の裏では補修工事を
してましたよ。

>> na nori さんへ

昨日は、雨でどこへも行けませんでした。

赤い実は、やはりウメモドキですか。
名前は聞いてしってますけど、こんなカワイイつぶつぶの実
なんですね。

最後の写真も、ぐうぜん光の反射の加減で撮れました。
こんなのを見つけられるのも、ブラブラ歩きの楽しみですね。

一乗寺の金福寺は、2011年に初めて行って大ファンになりました。

庭園と、室内(!)にも入ってきた猫(老齢)がいたのをよく覚えています。

さて。
2007年から使っている私のパソコンの壁紙=「枯山水と、寺の廊下で顔を洗っている猫」。

なんと、パソコン壁紙はコレでした! 偶然にもほどがある!


金福寺に写真とパソコン壁紙のコピーを送ったら、丁寧な返事かきましたよ。
猫は、観光客のあいだで有名なんですって。

あれから二年。
猫はどうしているかなあ。

>> 笠井君へ

こんにちは。

金福寺のネコは有名ですね。自分が行ったのはもう4・5年前
かもしれないけど、いましたよ。ものすごく人馴れしてて
カワイかった

他の人のつぶやきなんか見てると、まだ元気に観光客を
迎えてくれてるみたいですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の秋の散歩 地元でまったり(^。^):

« 【近鉄】秋の木津川鉄橋(奈良寄り) | トップページ | 京の秋の散歩 嵯峨野の里道を歩く(鹿王院周辺) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ