« 京の紅葉散歩 岩倉実相院の門前(その2) | トップページ | 京の紅葉散歩 下鴨神社の糺の森の晩秋 »

2013.11.25

京の紅葉散歩 円通寺の借景の庭

実相院をでて、比叡山を借景にしたお庭で有名な、幡枝の円通寺へ向います。

車だと、10分ほど、歩きだと30分ほど掛かります。
*
201311iwakura13_2
最近は、都市計画道路が出来て、地下鉄の駅からまっすぐに来られるようになりましたが、やはり旧鞍馬街道や幡枝道と呼ばれる旧道を歩いてくアプローチするのが良いですね。

「旧幡枝離宮跡」「臨済宗大悲山圓通寺」とかかれた参道を入るとまず、この観音堂が見えてきます。

このお堂には不空羂索観音さまが奉られています。のちほどお参りしましょう。
*
201311iwakura12_2
参道の途中にある、今は使われていない門。もともと鞍馬街道側に参道が続いていたときに正門として使われていたのでしょうか?
*
201311iwakura11_2
参道の奥に、苔むした檜皮葺の山門があります。この苔の門は、苔庭と合わせて、初夏の梅雨時がしっとりとして良いのですが、晩秋の、黄葉・紅葉とのコントラストもまた一段と素敵ですね。
*
201311iwakura14_2
山門を潜ると、前庭があって、崩れた築地塀がまた、よい味を出しています。

境内の整備が進んでいるのに、ここだけ壊れたままに残してあるのは、実は耐震補強済みで山寺に見せるための演出なんでしょうか
*
201311iwakura16
受付を済ませ、廊下を通って、座敷に入ると、この光景が飛び込んできます。

まず、北面の真っ赤なもみじに、思わず「きれい!!」(上の写真↑ クリックすると拡大します。)
つぎに、借景の比叡山に「すばらしい。」(下の写真↓)

みなさん、座敷に座ってお坊様の説明を聞きながら静かにお庭を眺めておられます。
*
201311iwakura15_2
お坊様の説明では、廊下の縁先ではなく、座敷の奥にすわって、柱越しに眺める「額縁の景色」が一番良いのだそうです。時間は比叡山に日が当たってくる午後2時から4時ごろがベストとか。

あえて、その一番良い構図の写真は載せてません
是非みなさんの目でお確かめ下さい。
*
(続く) (次回は、下鴨神社へ向います)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の紅葉散歩 岩倉実相院の門前(その2) | トップページ | 京の紅葉散歩 下鴨神社の糺の森の晩秋 »

コメント

これこれ、京都らしい紅葉ですね
まわりの風景にどう溶け込んでいるか!
大事なポイントですよね

>> ターコイズさんへ

こんにちは。
京都市内には、まわりの山を借景に取り込んだお庭は
たくさんありますが、ここと西賀茂の正伝寺が両横綱
ですね。

ここに離宮を造られた後水尾天皇は、この地を見つけるまで
12年間も洛北の景勝地を探し回られたそうです。

ここでお茶を一服頂きたいです

飲み放題に1050円出すなら お抹茶1杯の方が価値がある
きっと心身共に安らぐはず( ^ω^ )

>> 音姫さんへ

このお寺は、お庭以外、なぁ~んにも無いですけど、
それがまた良いんですねぇ。

すこし場所を変えながら、30分ほども比叡山を
眺めてました。

いや~あえて載せてらっしゃらない1枚、柱が庭園の木々とシンクロしている光景でしょうか。写真を構えたことはないのですが、外と部屋の明るさでの露出、フーカスの仕方・・・難しそうですね。
正伝寺と円通寺の両横綱は、まったく同感です!

おはようございます。

お座敷の写真と最後の写真は、本当に「素晴らしい!!」と思いました。

やはり長年の経験からできた「匠の技」と言ったら、おおげさでしょうか・・・?(苦笑)

>> キハ58さんへ

座敷からの額縁の景色は、ポスターをはじめ
ネットにもいくらでも転がっているので
ヘタな写真を乗せるより、そちらをみてもらう
方が良いですからね

>> 京阪快急3000さんへ

座敷の写真は、大勢が並んで写真を撮ってる間から
パチパチと写してきただけです。

本当に、ポスターにあるような写真を撮りたければ
朝の開門と同時に座敷に飛び込んで、場所を確保
しないとダメですね。
それに三脚やストロボは禁止なので、よほど露出を
考えないといけません。
また、当日の天候に非常に左右されます。一番よい
時間帯は午後なんですけど、参拝者がいっぱいで

円通寺の大ファンです。
貴君の写真を見て、行った気分になれました。有り難う。

因みに、私が知る限り1995年以前は撮影禁止。
入口でカメラを預かられました。
ポケットに忍ばせた「写るンです」で「盗撮」したりして。

それが、2002年に訪れた際は撮影OK。
理由を尋ねると「近隣開発の計画がある。借景が台無しになる。今のうちにどうぞ撮影しておいてください」と言われました。
精華大が規模を拡大していた頃です。

>> 笠井君へ

こんにちは。
そういえば、前は撮影禁止だったかもしれませんね。
「写ルンです」も、コンデジやケータイカメラが普及して
最近は見かけなくなりましたね。

景観問題は、景観保護条例ができてお寺のまわりの
開発が制限され、空き地だったところにも木が植えられて
ひと安心といったところですね。

ただ都市計画道路が出来て、ひじょうに行きやすくなって
山寺の風情がすこし失せたのが残念ですが(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の紅葉散歩 円通寺の借景の庭:

« 京の紅葉散歩 岩倉実相院の門前(その2) | トップページ | 京の紅葉散歩 下鴨神社の糺の森の晩秋 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ