« 枚方菊フェスティバル | トップページ | 京の晩秋の散歩 禅寺の秋(建仁寺) »

2013.11.17

京の晩秋の散歩 山科の旧街道を歩く

山科の旧街道を地下鉄御陵駅から小野駅に相当する区間を歩いてきました。
*
201311yamashina01
地下駅をでて、しばらく三条通りを東に歩くと、御陵駅の由来ともなっている天智天皇陵の参道にでます。いつも素通りなので、いちどお参りしてみることにしました。

参道は思ったより長くて、300mくらい歩いた先に、御陵はあります。

大化の改新を成し遂げ、近江宮に即位した中大兄は、即位10年12月3日(西暦672年1月7日)崩御し、山科陵に葬られました。

天皇の臨終に望んで后の倭姫王の詠まれた

天の原ふりさけ見れば大君の
御寿(みいのち)は長く天(あま)足らしたり

(万葉集 巻2-147)

の歌は、有名ですね。

さて、歴史の教科書によれば、天皇は近江宮で崩御されたことになっていますが、平安中期にかかれた「扶桑略記」という本には、

あるとき、天皇は山科へ乗馬に出たまま行方不明になり、どこで亡くなったか分からなかった。ただ靴だけが見つかったため、そこにお墓を作った。

という記述があります。これをもって天智天皇は、天武天皇の手先によって暗殺されたのだ。とする説が昔からあります。

歴史に彩られた天智陵は、また「鉄」のメッカ(笑)、山科大カーブの直近でもあります。お参りしている最中にも、東海道線を走る電車の音が響いてきて、心が騒ぎます。

参道から三条通に戻ったときに、なんと、トワイライトExp.色のEF81が数両の12系座席車(に見えましたが?)を引いて北陸方面に向っていくのが見えました。とっさのことで、写真には撮れませんでしたが、こんなレアな列車がたまに見られるのが、山科の面白いところなんですね。

わたしも死んだら、山科大カーブの見れるお寺に葬ってもらおうかな
*
201311yamashina02
天智陵をでて旧東海道を山科駅方面に歩くと、この日のメインの訪問地の当麻寺に着きます。

山科の三条通商店街のバザーに合わせて、このお寺に秘蔵されている、「当麻曼荼羅」が一般公開されるので見学に来たのです。
*
201311yamashina11
ちょうど、立命館大学の「出前ちんどん」サークルの学生さんが、♪美しき天然♫などのジンタを流しながら景気を付けているところでした。

プロのちんどん屋さん自体も珍しくなりましたが、学生サークルがあるんですね(^^♪
*
201311yamashina03
本堂に入ると、まず「山科大仏」と呼ばれるご本尊の丈六(2.7m)の阿弥陀如来さまの大きさにびっくりします。

そして、脇のかべに掛けられているのがこの秘蔵の「当麻曼荼羅」です。鎌倉時代に開山の証空上人(法然上人直弟子)が奈良の当麻寺から伝えられたとも、室町時代頃の制作ともいわれます。江戸時代に修復されたそうですが、ほとんど公開されていないため、非常にきれいに色が残っています。ほんの数年前に作成されたかのようです。

スマホの撮影で細部が不鮮明ですが、クリックするとすこし拡大しますので、じっくりご鑑賞下さい。
*
201311yamashina04
全身にお経の文句を書き連ねた、象の張りぼてもありました。

普段は非公開の小さなお寺ですが、こんなところ(失礼)にもすごいものが眠っているのが、京都の奥深さですね
*
201311yamashina05
五条別れで東海道から醍醐街道に入って、醍醐寺へ向ってまた旧街道を歩きます。

途中は、本願寺の山科別院があるくらいでとくに見るものはあのませんが、昔からの商店街に木造モルタル塗りの好ましいお風呂屋さんがありました。きっと湯船には富士山と三保の松原が描かれてたりするんでしょうね
*
201311yamashina06
名神高速を潜って、旧奈良街道に合流し、もうすぐ小野小町ゆかりの随心院というところで、えらい事に気がつきました。

なんとスマホを充電してくるのを忘れてて、残量がすこしになってるうえ、万歩計アプリのスイッチが入ってなくて、これまでの数千歩が全然カウントされていないのです(>_<)

急に疲れがでて、あとふた停留所で醍醐寺というところであえなく棄権(^^ゞ やってきたバスで京都駅に戻ることにしました。
帰ってから調べると、それでも7キロ以上は歩いてました

ちなみに、「山科急行バス」の標識のナスのデザインは、「もてなすくん」といって、三条街道商店街のマスコットキャラです。

山科駅付近をあるくといたるところで見かけることが出来ます。
*
201311yamashina12
山科三条街道商店会 http://www.sanjokai.jp/index.html
*
(次回は、禅寺の秋をお届けします)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 枚方菊フェスティバル | トップページ | 京の晩秋の散歩 禅寺の秋(建仁寺) »

コメント

おはようございます。

この日はお疲れ様でした。

美しく、素晴らしいものや人をいろいろと見せていただき、心がリラックスできました。

ちんどん屋さんのサークルなんてあるんですね(笑)
お経を書いた像も見てみたい。。。
当麻寺はぽっくり寺ですか?
昔 父が癌だと知らされた時 お参りに行った記憶が・・・
それと山科・・・
若い頃 山科の友達と明け方まで飲んで 帰る電車がなくて 酔った勢いでタクシーに・・・
名神飛ばして帰って来たのはいいけど 料金が2万円超
優しい(?)タクシーのおっちゃんが
「1万円でいいよ・・・」って負けてくれました

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。
最近、スタンプラリーに凝って、あちこち乗り歩いてます。
地下鉄だと電波が届きにくくて、駅に着いても、ネットにアクセス
出来ず、わざわざ降りたり、バスや徒歩で再度、アクセスしに
行ったりしてます

学生さんのちんどん屋さんも面白いですね。

>> 音姫さんへ

最初、ちんどん屋さんは、「キネマの天地」の松竹蒲田のテーマソングを
流しながらやってきたのですが、演じているのが若い女の子ばかりで
びっくりしました
最近は、なんでも有りなんですね。

当麻寺は、とくにぽっくり寺で有名なことは聞いたことがないですねぇ。
奈良の大安寺が癌封じで有名なのは聞いたことが有りますが?

山科から東大阪までタクシーですか。わたしも船場から京都まで
タクシーで帰ったことありますよ。いくら掛かったかもう忘れましたが(笑)

こんばんは
お天気も良さそうで良かったです♪
ちんどん屋さんやはり目を引きますよね(#^.^#)
他にも写真を撮っている方が居られるみたい(*^_^*)
全身にお経を書いてある像も凄いですね
4年前山科駅の前にあるクリニックに父が病気の時通っていたので
そのあたりは時間を潰すために良く歩いてました(*^_^*)
もてなすくんってあったんですね(~_~;)私周りは見てなかったみたいデスね

>> na nori さんへ

先週末は、ひさしぶりに良い天気でしたね。
テクテクと歩いていると、暑くなってきて最後は上着を脱いで
しまいました。

ちんどん屋さんは、やっぱり珍しく思う人が多いですね。
最近見かけた記憶がほとんどありません。

もてなす君は、三条通りや外環状線などのバス通りには
ほとんどなくて、旧東海道の方へ入らないと見れないかも
しれませんね。人気があるのは良いのですけど、夜中にこっそりと
持って行ってしまう心無い人がいて困っているのだとか

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の晩秋の散歩 山科の旧街道を歩く:

« 枚方菊フェスティバル | トップページ | 京の晩秋の散歩 禅寺の秋(建仁寺) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ