« 【京阪】大津線の旧特急色603+604 | トップページ | エキッシュ(モバイル鉄道スタンプラリー) »

2013.11.07

京の秋の散歩 山中越の旧道を歩く(滋賀里から北白川へ)

文化の日の三連休の初日は、近場の紅葉の名所の色つき具合を駆け足でみてきました。コースは三条→山科(毘沙門堂)→石山寺→坂本→比叡山→一乗寺→八瀬です。

京阪大津線の乗りつぶしを終えて、帰り道は山越えで京都へ戻ることにします。
**
201311yamanaka01
石山寺駅から山中越えの旧道の基点の滋賀里駅に向います。途中の近江神宮前駅から団体さんが乗り込んできました。聞くと「天智天皇の足跡をたどるハイキング会」だそうで、やはり崇福寺跡へまわるようです。

それで一旦、坂本まで乗り越して日吉神社の参道で時間をつぶすことにします。

駅前の案内板を見ていると「公人(くにん)屋敷」というのがすぐ近くにあるので入ってみました。

公人(くにん)とは、今風に言えば天台宗の事務局員兼大津市役所坂本支所員といったところで、僧侶でありながら妻帯と名字帯刀が許され、延暦寺の寺務や坂本の町の行政事務を勤めていました。

上の写真は、玄関から座敷を見たところです。大津絵の屏風や山水画の襖絵が飾られています。

坂本というと、滋賀院や日吉大社ばかりが有名ですが、こんな門前町の名主さんクラスの生活を垣間見るのも勉強になって面白いです。
*
201311yamanaka03
小一時間ほどヒマをつぶして再び滋賀里駅にもどると、もう団体さんは通過したあとで静かになってました。でも駅前の商店で弁当を買おうとすると、「団体さんがみんな買っていかはったんで、パンしか残ってまへん」とのこと 浜大津あたりのコンビニで買っときゃ良かったです

仕方ないので、菓子パンをかって田舎道をたどります。しばらくいくと山の中に入り、百穴古墳群にでます。6世紀後半の朝鮮系渡来人のお墓だそうです。

古代の大津から坂本にかけての地域は、当時のハイテク地帯だったんでしょうね。
*
201311yamanaka04
もうすこし山道を登ると、滋賀大仏さまの祠があります。高さ3mの阿弥陀仏で室町時代の作だそうです。

この山中越えには、たくさんの石仏が奉られています。厳しい峠道の安全を祈願して作られていったのでしょうね。
*
201311yamanaka05
大仏の前からしばらく行くと、道は比叡山と京都方面の分かれ道になります。すこし比叡山への道をたどると崇福寺跡にでました。

崇福寺は7世紀後半に、天智天皇の命で建立され大伽藍が誇りましたが、室町時代には廃絶してようです。

今は、石碑だけが立っています。
*
201311yamanaka06
崇福寺跡から、1時間たらずで志賀峠に着きました。途中、台風で土砂崩れや倒木があって、道がわかりにくくなっている箇所があり、迷いかけたりしましたが、無事に到着です。標高は460mですが、見晴らしはまったくありません。
*
201311yamanaka07
ここからは、北白川まで下り坂です。しばらくいくと京都側からの比叡山への分岐点にでます。この石灯籠は無動寺の弁天堂の参道を示すものです。この道を進むと、途中、一乗寺や修学院から尾根に登る道を合わせて、比叡山に向います。
*
201311yamanaka08
どんどん下ると、山中上のバス停のところへ出てきました。山中町を通り過ぎます。

この山中越の道は、バスや自家用車では何度も通ってますが、歩くのは初めてです。白川の清流がこれほど見事とは知りませんでした。

百人一首にもでてくる、

山川に風のかけたるしがらみは流れもあへぬ紅葉なりけり
(古今集秋下 春道列樹)

の歌は、ここ志賀越えの途中に詠まれたものです。まだ散り紅葉どころか、色付いた葉っぱもほとんどありませんが、12月初旬くらいに、紅葉が堰きとめた川面を見に来たいですね。
*
201311yamanaka09
京滋府県界にたつ、山城近江の国境碑。

ここから北白川までは狭い急カープの続く道を車に注意しながら下りて行きます。景色をみてる余裕も休憩できるような場所もないので、ひたすら左右を確認しながらモクモクと歩きます。時間が合えば、バスで通過することをお勧めします。(特に登りは)
*
201311yamanaka10
京都側の基点ともいえる北白川仕伏町の石碑でゴールです。ここから2日の記事でお伝えした八瀬駅のフランス列車のイベントに参加したのでした。
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【京阪】大津線の旧特急色603+604 | トップページ | エキッシュ(モバイル鉄道スタンプラリー) »

コメント

風流ですね~
癒されます(o^-^o)

こんばんは。

今回なかっちょさんが行かれたところは、「白川の清流」など、素晴らしいところばかりですね。

自分も機会が出来れば、行きたいと思いました。

こんばんは☽
今日は急な雨や雷ゴロゴロでした(-_-;)
冬だなぁって思える写真ですね
清流の写真がやっぱり綺麗ですね

>> 音姫さんへ

おなじ京都~大津へ抜ける道でも、国道1号線の逢坂山みたいに
排気ガスが充満してる峠とちがって、歩いてて楽しいです。

途中は、牧場なんかもあって、お弁当もちで一日遊べますよ。
延暦寺の行き帰りに、ちょっと寄って見て下さい。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

同じ歩くなら、車が通らないハイキングコースのほうが
楽しいですからね。

交野線の終点から、くろんど池までのハイキングコースは
いかがですか?

>> na nori さんへ

こんにちは。

大阪では、すこし小雨がパラつくくらいで、雷は鳴りません
でしたねぇ。

京都へ帰ってきて、急に寒く感じて、気候の違いに
びっくりしました。大阪は生暖かかったです。

琵琶町、健在でしたか?
確か温泉があったと思うけど。

>> 笠井君へ

北白川ラジウム温泉は、いまも盛業中ですよ。
連休中なので、駐車場には何台も車が止まってました。

お風呂には入りませんでしたが、ベンチで一服しました。
峠道の途中で、休憩できるのは、ここだけですね。

石山寺はいったけど 北白川あたりは あまり記憶になかった・・・。
散策してみると いろんな名所があるんですね。
まだまだ旅初心者ですね私・・・

>> まぶちょんさんへ

こんにちは。

北白川付近は、メジャーなところは銀閣寺とか法然院くらい(失礼)
ですねぇ。

旧街道ぞいには、それなりに見るとこはあるんだけど、観光目的
よりは、ウォーキングの途中に立ち寄るとこですかね。

すこしヒマになったときに、また来て見てください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の秋の散歩 山中越の旧道を歩く(滋賀里から北白川へ):

« 【京阪】大津線の旧特急色603+604 | トップページ | エキッシュ(モバイル鉄道スタンプラリー) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ