« 京の晩秋の散歩 禅寺の秋(建仁寺) | トップページ | 【JR】梅小路SL館のスナップ »

2013.11.21

京の晩秋の散歩 太秦太子道を歩く

西陣から太秦広隆寺を経て、嵐山・嵯峨野へ向う道を太子道とか愛宕道と昔から呼んでいます。

10月は、その道の嵐山付近の様子を紹介しましたか、今度は西ノ京から太秦まで歩いてみることにします。
*
201311uzumasa01
出発は、JR円町駅前です。このまま線路に沿って新丸太町通りを進んでいけば、自然と嵯峨野に到着しますが、それでは詰まらないので(笑)、春日通りを南に下ります。

しばらく歩くと、「壷井」という古い井戸がありました。説明書によると「行基上人が掘られた。」との伝承があり、「明治になって交通機関が発達するまでは街中と嵯峨野を往来する人々のよき休憩所になっていた。」そうです。

いまでは水は枯れているようですが、お地蔵様に閼伽水を供えるためのヒシャクが置いてありました。
*
201311uzumasa02
西京高校や島津製作所の建物が見えてくると御池通りです。ここで右折して、西に向います。

島津の工場が途切れたあたりに、本願寺の角坊御坊がありました。浄土真宗の開祖親鸞聖人の終焉の地とされています。

今まで、親鸞聖人の亡くなったのは松原通西洞院東入の高圓寺か、御池柳馬場上ルの現御池中学校の付近(どちらにも終焉の地の石碑が有り)だとばかり思ってました。

なぜ、鎌倉時代の当時は一面の農地であったろう西ノ京を終焉地にしたかの答えは、当時の親鸞の伝記の読み方にあるのですが、このブログではあまり突っ込まないことにしましょう

ご興味のある方は、「親鸞終焉の地」といったキーワードでググッてみてください。ヒントは、「平安京は左右対称」なのです。
*
201311uzumasa03
途中、駅の近くをを通過するたびにスタンプをGetし、太秦広隆寺に着きました。

境内には、あまりカエデの樹はありませんが、けっこう紅葉を楽しめます。
*
201311uzumasa04
朝日に映える紅葉です。やはり紅葉の撮影は早い時間帯が良いですね。10時をまわると人が増えてダメです
*
201311uzumasa05
大映商店街に、「大魔神」の像がありました。足元に埋め込まれたプレートによれば、「その昔太秦にあった大映京都撮影所で1966(S41)年に撮影された映画「大魔神」の美術セットを制作会社で復元したもの」 だそうで、今年の春に設置されたばかりです。

この映画は、当時に読んでいた少年向け雑誌にも特撮のようすが詳しく紹介されてたのを覚えてます。映画のあら筋も忘れましたが(笑)なんと40数年ぶりのご対面ですね
*
Linemomiji2
さて、お約束の(笑) 嵐電撮影ですが、今年も広隆寺の山門越しの紅葉とチンチン電車のコラボに、また挑戦してみました。

毎年のように、来てますがどうしても人や車が邪魔するので、今回は朝早く(8時台)に写してみました。
*
Uzumasa05
車体色が紫色になって、逆にくっきり写りこむようになりました。
*
Uzumasa06
レトロ電車のようなシックな色合いは秋色に埋まりこんで映えません(^^ゞ
*
Uzumasa07
9時の本堂の参拝開始とともに急に観光客がやってきました。これにて引き上げぇ
*
(次回は、梅小路SL館のスナップです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の晩秋の散歩 禅寺の秋(建仁寺) | トップページ | 【JR】梅小路SL館のスナップ »

コメント

いつ見ても見事な写真ですね
ちんちん電車が紫
なんかイメージが・・・

こんにちは^^
やっぱり、人は写りこんでほしくないですよね
早起きしていただいたおかげで、ステキな写真をみれて
ありがとうございました

こんばんは
朝の誰もいない凛とした感じが良いですね
深呼吸したくなりますね
モミジが透けて見えているのも綺麗ですね
有り難うございました~

>> 音姫さんへ

嵐電は、大半が紫色一色になってしまいました。
しかも何両かは、広告電車になってます

>> ターコイズさんへ

この日は、息子が試合で朝7時前には出かけていったので、
私も7時すぎに家をでて、9時前にお寺に入りました。

受付で「まだ閉まってますよ」と、云われましたが
お庭だけ写させてもらいました。

今週末は、良い天気なので、鞍馬か大原へ行きたいと
思ってます。

>> na nori さんへ

このお寺は、それほど紅葉の名所というほどではありませんが
いろいろと紅葉する木があってよい雰囲気で写真が撮れました。

ここは、東映京都撮影所のすぐ近くなので、時代劇・現代劇を
問わず、よくドラマの撮影をやってます。

おはようございます。

素敵な写真ばかりですね。

嵐電と風景と絡めたものも素晴らしいですね。

でも「大魔神」の像があるのには、少し驚きました・・・。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

山門越しの嵐電の写真は、一瞬なのでなかなか難しいです。
このマシな3枚を写すのに、電車を10本ほど見送りました←ヒマだねぇ(^^)

大魔神は、最近は、テレビの再放送もないので、ほんとうに
久しぶりに見ましたが、映画の街らしいオブジェですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の晩秋の散歩 太秦太子道を歩く:

« 京の晩秋の散歩 禅寺の秋(建仁寺) | トップページ | 【JR】梅小路SL館のスナップ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ