« 京の紅葉散歩 円通寺の借景の庭 | トップページ | 京の紅葉散歩 松ヶ崎大黒天の紅葉 »

2013.11.27

京の紅葉散歩 下鴨神社の糺の森の晩秋

もみじ散策は、こんどは自宅から南の方向へ歩くことにします。

下鴨神社は、それほど紅葉の名所として名が知れているわけでも無い(失礼)ので、今まで晩秋にお参りしたことはなかったのですが、いちどどんな感じか見ておこうとやってきました。
*
201311shimogamo01
葵橋からみた高野川と松ヶ崎山です。五山の送り火のひとつ「妙法」の「法」の字が色付いた里山に浮かんでいます。

川べりの赤は桜もみじです。春先は、ピンクに染まります。
*
201311shimogamo03
糺の森に入ると、休日ということもあって思いのほか大勢の参拝者です。七五三の家族づれも目立ちます。我が家も数年前に、ここで七五三参りしました。

最近、「日本第一美麗神-美人にして下さる神様」として、女性に人気急上昇の河合神社に参ります。

絵馬殿には、お化粧した似顔絵を描いた鏡絵馬がずらり。これだけお願いが多いと、祭神の玉依姫命(たまよりひめのみこと)さまも大変でしょうね
*
201311shimogamo04
なぜか森の中の馬場を馬車が走り回っていました。七五三でやってくる子供たちへのイベントみたいです。

もともと競べ馬や流鏑馬などの馬術を奉納する場所ですから、馬がいてもおかしくありませんが、なんか場違いな感じ
*
201311shimogamo05
本殿にお参りして、西門から出ます。この西の鳥居ふきんは、意外と楓の木が多く、真っ赤に色付いています。

朱色の鳥居や金ぴかの灯籠に良く映えてくれます。
*
201311shimogamo06
お供え物を調製する「大炊殿(おおいどの)」の入り口。いわば神様の台所のお勝手口といった門なんですけど、しめ縄が貼られて潔斎されています。

紅白のコントラストが良かったので一枚。
*
Linemomiji3
さすがに、世界遺産「賀茂御祖神社」だけのことはあって、境内は四季を通して見るべきものが備わっていると感心しました。

次のお参りは、もう初詣でしょうか?一年の進むのは早いものです。

(次回は、松ヶ崎大黒天へ向います)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の紅葉散歩 円通寺の借景の庭 | トップページ | 京の紅葉散歩 松ヶ崎大黒天の紅葉 »

コメント

晩秋・・・もう冬本番の寒さですよね><
美人にしてくださる神様
私もお願いに行かなくちゃ
・・・時既に遅し・・・かな

こんにちは^^
NHKの朝の番組で関西の紅葉が紹介されていますが、25日は奈良の
手向け山神社でした。そして今朝は京都の大河内山荘
京都の紅葉。今でしょ!!ってところですね
水辺の紅葉は鏡に写るようで格別の趣きがありますね

こんばんは☽
今どこも紅葉が綺麗ですね
観に行けなくてもここで見る事が出来ますね(*^_^*)
馬のイベント何処か外国へ行ったみたいに見えます
川に反射した赤が春はピンクに
素敵ですね♪

>> 音姫さんへ

美しさは、年齢とは関係ありませんよね

ぜひ名物のみたらし団子を食べに下鴨までお出で下さい

>> ターコイズさんへ

こんにちは。

このところの寒さで、やっと紅葉も見ごろになりました。
でも、まだ寒さか足りないのか黄葉や緑葉がめだちます。

高野川の紅葉の水鏡は、はじめて意識して撮影しました。
毎朝晩、ここを電車で通過するのですけど、川原まで
目が行かなくて


>> na nori さんへ

こんにちは。

紅葉も山から里に下りてきましたね。
今週末が、さいごの見ごろでしょうか。

馬車が走り回っているのをみたときは、びっくり(@_@)
しましたが、写真をみているとたしかに日本離れした
風景ですね。

桜並木は、春にはカメラをもって歩き回るのですけど
秋ははじめて散策しました。近場でもちょっと探すと
いろいろと写すべきネタが転がっているものですね。
またまだ探索が足りません

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の紅葉散歩 下鴨神社の糺の森の晩秋:

« 京の紅葉散歩 円通寺の借景の庭 | トップページ | 京の紅葉散歩 松ヶ崎大黒天の紅葉 »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ