« 京の紅葉散歩 上高野の隠れた名所、宝幢寺へ | トップページ | 奇妙機械応援展 in 亜蛮人 を見てきました。 »

2013.12.05

京の紅葉散歩 三宅八幡宮から岩倉へ

11月最後のもみじ散歩は、三宅八幡宮に進みます。
*
201311_3kamitakano09
宝幢寺をでて、上高野の集落を抜けていくと、高野川のほとりの蓮華寺前にでます。

さすがに、洛北でも有数の紅葉の名所だけあって、大勢のお参りです。個人的には人ごみの中でお参りする気はないので(^^ゞ、の日か平日に休みを取って朝一番にさっとお参りすることにしているので、今年はパスです

お庭の隅のマンリョウの実と散り紅葉を撮れば十分(笑)
*
201311_3kamitakano10
三宅八幡宮に着きました。手水舎にこんな鳩の紋を染め抜いた風除けが取り付けてありました。

真っ赤なモミジによく合います。今まで気づかなかったのが不思議です。最近取り付けられたのでしょうか?
*
201311_3kamitakano11
ここの境内のモミジもきれいなのが多いのですが、蓮華寺と実相院という名所に挟まれて、あまり目立たないのが残念です。

まあ、その分落ち着いて撮影できるメリットはありますが(^^♪
*
201311_4iwakura03
実相院への道に、お手製(?)の飛び出し坊やが交通安全の見張りをしてました。通学路ですがそんなに車も通るようには見えないのですが
*
201311_4iwakura04
実相院も、大混雑でしたが、紅葉は早やピークを過ぎて落葉のほうが多く、先週に十二分に撮影しているので、一枚も写さずに帰路に着きました。

帰りの高野川の支流で、唱歌♪「もみじ」の「渓の流れに散り浮くも紅葉♫」という情景を目にすることが出来ました。

砂利道に落ちているように見えますが、鏡のような水底に浮いているのです。「水の上にも織る錦♪」ですね。
*
201311_4iwakura05
帰り道の宝ケ池公園からみた比叡山です。

洛北も宅地開発が進んでなかなか家並みや電柱などの邪魔物なしに、山並みを撮影できるところは少なくなってきました。

あちこち探してましたが、やっとモノにできて満足です。
*
(次回は、翌12/1の八瀬地区です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の紅葉散歩 上高野の隠れた名所、宝幢寺へ | トップページ | 奇妙機械応援展 in 亜蛮人 を見てきました。 »

コメント

こんばんは^^
実相院の大混雑に参加していたことが懐かしいです
しかし、1年目の反省をふまえ、2年目にはそれこそ、今でしょ!!って
いう時に、床紅葉をみれた事はいまだにプチ自慢のひとつです
川沿いの道に随分赤い実が生ってるなあと思いながら通りましたよ

>> ターコイズさんへ

こんにちは。
実相院の床紅葉は、この頃ものすごい人気ですねぇ。
テレビや雑誌で紹介されたせいもあるのでしょうけど。

なかなか「今日がBest」という日には当たりません
ねぇ。そのような日の床紅葉をみれて良かったですね。

今年は、全体に黄葉だったので、とうとう中には入りません
でした。

特別公開も今週末までです。
次は、雪の降った朝に訪れて見たいです。

鳩の紋って珍しいですね。。。
最近付けられたものなのか 見落としていたのか??
見ているようで 見えていないものもたくさんありますよね
私なんて 目の前にある老眼鏡を捜してますから~~ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

>> 音姫さんへ

そうなんですよ。
見ているようで、見てないことって多いんですよね。

たまたま建物が取り壊されて更地になってるとこを通りかかると
「ここに、何が建ってたかなぁ?」
なんて、考えたりすることありますよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の紅葉散歩 三宅八幡宮から岩倉へ:

« 京の紅葉散歩 上高野の隠れた名所、宝幢寺へ | トップページ | 奇妙機械応援展 in 亜蛮人 を見てきました。 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ