« 【阪急】西山天王山駅初乗降&桂川鉄橋初撮り(後編) | トップページ | 京の冬の散歩 伏見街道(本町通)を歩く »

2014.01.14

京の冬の散歩 伏見桃山の散歩みち

新年の初詣の次に来る、散歩の口実(笑)というと、十日戎があげられます。

10日の夜、会社帰りに今宮戎さんへはじめてお参りしてきたのですが、週末の宵とあってものすごい人出で、写真を撮るどころかゆっくりとお願い事をするいとまもないような始末

それで、三連休になってから、「残り福をもらえるような静かなえびすさんは、ないかいなぁ」と、「京阪沿線のえびす神社」でネットを調べるといくつかヒットしました。その中で伏見桃山の乃木神社のえびす様へ参ってきました。
*
201401momoyama01
京阪を、丹波橋で降りて、付属小学校の京都市電の保存車を見ながら坂を上っていくと、桓武天皇陵にでます。

この「鳴くよウグイス平安京794年」と覚えた、平安遷都を行われた帝のお墓もはじめてのお参りです。この古墳が本当に桓武帝の奥津城かどうかは、桃山時代の伏見城築城などもあって、疑わしい?とする学説もありますが、素直に京都の礎を築いてくださった天皇様に頭を下げてきました。
*
201401momoyama02
桃山丘陵の中を通る静かな遊歩道を伝って、次は、平安京最後の帝、明治天皇陵にお参りします。

さすがに、近代日本を造り上げられた天皇にふさわしい巨大な御陵です。
*
201401momoyama03
振り返ると、正参道の長い石段と、宇治川のながれなどが望めます。

ここに御陵がつくられた頃は、今は団地になってる向島地区には巨椋池や木幡池が広がって、今の時期なら冬の渡り鳥が何千羽と羽を休めていたんでしょうねぇ。

その池のふちを奈良線の汽車ぽっぽや出来たばかりの京阪宇治線の木造電車がガタガタと走ってたのでしょう←と、なんでも鉄ネタにコジツケルやつ
*
201401momoyama04
石段を降りて、乃木神社にお参りします。

本殿の隣にえびす神社があります。連休初日とあって、十日戎の残り福をいただく人がぼちぼちと訪れています。わたしも改めてゆっくりと、今年の仕事運の上昇をお願いしてきました。
*
201401momoyama05
この神社の見ものは、神殿に奉られた狛鯛(?)でしょう。「○○に成りたい」と願をかけて奉納するのだそうです。

リアルというよりはユーモラス(失礼)という表現があたっている鯛の表情が好いです
*
201401momoyama06
軍人であった、乃木将軍にあやかってか、こんな縁起物を売ってました。なかなかライバルに勝より、己に勝つのは、難しいようで.....
精進しましょう

拝殿の裏側に、ちいさな神苑があります。あまりそちらへ回る人はいなかったのですが、せっかく来たのだからと入って見ました。

拝殿からさらに奥の本殿の間近で参拝することができます。
*
201401momoyama07
本殿の真うしろにちいさな祠があって、真新しい地蔵様が座って居られました。お花に囲まれ、七色の玉石のネックレスをされて、微笑んでおられます。

それまでの勇ましい乃木将軍のイメージがホッとなごみました。
*
(続く) (次回は、伏見街道に沿って七条まで歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【阪急】西山天王山駅初乗降&桂川鉄橋初撮り(後編) | トップページ | 京の冬の散歩 伏見街道(本町通)を歩く »

コメント

こんにちは。

最後の祠のお地蔵さん、何だか和みます・・・
さて、戎神社ですが、自分の地元の最寄り駅のすぐ近くにもありますよ。

今週は寒い日が続くとのことです。
風邪には気を付けて下さいね。

うちの分も「商売繁盛」お願いしてきてくれましたか??
今宮えびすはすごい人でしょ><

お地蔵さんの顔がすごくいいo(*^▽^*)o
安らげますね

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

お地蔵様は、どなたが奉納されたのかしりませんが、あまりひとも回ってこない
ような裏庭におられました。和みますねぇ。

今朝の大阪は、この冬一番の冷え込みだそうですけど、もう体がなれて
きたのか、そんなに気になりませんでしたね。

>> 音姫さんへ

こんばんは。

今宮のえべっさんは、ものすごいひとで、お祈りすることも
わすれてしまいそうですね。

こちらのえびす様は、ゆっくりお参りできたので、いろいろと
頼んできました。もちろん音姫食堂の繁盛も、頼んどきましたよ

こんばんは
鯛も撫でながらお願いしたら願いが届きそう♫
最後のお地蔵様可愛いですね
和み地蔵本当にその名の通りですね
葉牡丹に囲まれてお正月を過ごされたのでしょうね❀

>> na nori さんへ

こんにちは。

このえびす様は、探してわざわざお参りした値打ちが
ありましたよ。
幸せになりタイ だれが考えたのか面白い趣向ですね。

お地蔵様は、もっと目立つところにお祭したらたくさんの
ひとに見てもらえると思うのですけど、シャイなのかな(笑)

こんにちは
桓武天皇陵、迫力ですね(゚0゚)
ここは、もっと近づけるんですか?
綺麗に整えられた砂利?道に足あとをつけるのが
恐れ多い気がしますね
離れてみていてもパワーをいただけるような雰囲気が
ありますね。

>> mik さんへ

こんにちは。

歴代の天皇陵も、巨大な古墳から、個人のお墓と変わらない様な小さなものまで
いろいろありますが、桓武天皇寮は、さすがに大きいですね。
これだけ大きいと、手入れも大変でしょうねぇ。

残念ながら、一般の人はこれより先に入れません。
入れるのは、皇族方や宮内庁の関係者だけでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の冬の散歩 伏見桃山の散歩みち:

« 【阪急】西山天王山駅初乗降&桂川鉄橋初撮り(後編) | トップページ | 京の冬の散歩 伏見街道(本町通)を歩く »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ