« 【叡電】宝ケ池行きのハイキング臨時列車運転 | トップページ | 京都精華大の卒業・進級制作展を見てきました(その2) »

2014.02.25

京都精華大の卒業・進級制作展を見てきました(その1)

年度末、学年末を迎えて、各芸大・美大の卒業、進級制作展のシーズンになってきました。

若い方のハツラツとした作品をみていると、下手の横好き(笑)で写してる写真にも、すこしは変化が現れて(^^ゞ なかなか効果がありまするbleah

続いては、京都精華大の卒展・進級展を見てきました。非常に作品数が多くて、会場も何ヶ所かに別れているので、3回に分けてお届けします。最初は、京都市美術館本館の芸術学部とデザイン学部のみなさんの作品から。

なお感想は、管理人の個人的なもので作者の思いとは違うかもしれませんが、ご容赦ください<m(__)m>
*
201402seika01
最初の部屋は、グラフィックデザインコースの作品です。

このお弁当の数々restaurant。ファインダーに入りきらなかったのが、まだあって、全部で100個くらい描かれてます。参考にしたレシピ本(笑)があるのかもしれませんけど、よくこれだけ作ったもんです。
*
201402seika02
ゴミ袋に貼るだけで、ゴミも妖精ミーゴちゃんに変身shine
ゴミ出しも楽しくなって、環境美化につながるかも(^^ゞ
*
201402seika03
これは、コラージュのように見えますが、デジタルクリエイションコースの作品です。

全部は紹介しきれませんが、デジタル機器を使いこなすことによって、実用的なものからお遊び(ゲーム)までいろんなアートデザインが作り出せるものだと感心します。
*
201402seika04
これもデジクリの作品ですが、自分で書いた小説に、いろんなデザインの装丁の表紙をつけてあります。中身は同じでも、ぜんぜん違った本に見えるのが面白いですね。

わたしも、コンピューターで飯を食ってる人間ではありますが、その使い方は、アートとは程遠い(笑)、事務計算・技術計算ばかり、羨ましいなぁ(^^)
*
201402seika05
立体造形コースです。こちらはどちらかというと手わざの世界ですね。巨大な作品が目立ちます。

このピラミッド(?)なんかは、パワー感じますよね。
*
201402seika06
ペンキの塗ってない(^_^) マジンガーZ (←古いなぁ) みたいの。素材の質感が残ってるのが、逆に野生的で好きかも。
*
201402seika07
木場そのもの、(運び込むの大変だったでしょうねぇ) みたいの。こいつが特にデカかったcoldsweats02

これを作るためか、丸太を切ってフォークリフトで移動させてるのをキャンパスで見たことがあります。とても大学の授業には見えなかったcoldsweats01
*
201402seika08
「冠婚葬祭 -芸術をやめるために-」というタイトルが付いてます。これは、最初みたときは何か理解できなかったけど、説明書きを読んで納得happy01 っていう、作品です。

でも、第三者にまた説明するのがまた難しいんだよなぁ。実物をみてみて(笑)
*
201402seika09
こちらは、陶芸コース。呉須の染付けの皿ですけど、その文様が、いかにもマンガコースの充実してる大学らしいcoldsweats01

こんなんが、料亭で出てきたら.....って、考えると面白いよねgood
*
201402seika10
ユニークな、カマキリのピッチャーとコオイムシ(子負虫)のコップ。展示には飲み物は入ってませんが、写真でお茶を注ぐところが示してあります。

実用になるかは?だけど、インテリアにしたい作品(^^)
**
201402seika19
ユニークといえば、空中に浮遊するセラミックのオブジェ。

このモチーフはよく見かけますけど、焼き物で表現したのがすごいかも。落としたら割れるでぇ(~_~)
*
201402seika12
版画コースです。

オーソドックスな作品は、見てて安心感がありますね。
*
201402seika11
精華大の版画コースは、いわゆる木版や孔版だけでなく、写真やデジタルアートと融合した作品もあり、なかなか間口が広いのです。

これは、立体造形の手法を取り入れて、人間の視線の動きを表現しています。背伸びしたり、座ったりして視線の高さを変えて鑑賞すると、作者の意図がよくわかります。
*
201402seika13
「性格適性検査」のレーダーチャートをモチーフにした作品。それぞれに、どのような性格なのかの説明書きが付けられてるのがミソですねbleah

「こんなグラフひとつで、進学や就職の道筋が決まるのは、オカシイような気が、わたしもするのですけど......」っていう、作者のコメントに共感するひとは多いのでは。
**
201402seika14
テキスタイルコースの作品です。絵の具で描いたようにみえますが、タペストリーです。真ん中の赤いのは、馬なんでしょうか?

こんな作品が壁に掛かっていると、座が和むでしょうねぇ(^^♪
*
201402seika15
これは、12ヶ月の年中行事が染め出された丸いのれんです。今の季節の部分を写しています。月の満ち欠けに十二支、放物線みたいのは、衛星の軌道を表しているのでしょうか。
*
201402seika16
テキスタイルから、もうひとつ。

かなり辛辣な図柄ですsmile
まぁ、いくらなんでもここまではヤラナイでしょうけど....
*
201402seika17
プロダクトデザインコースです。

この部屋には、すぐにも使えそうな実用的な作品が多く並んでますが、眼を引いたのが「女性向けのデジタル一眼レフカメラ」。

「オシャレした女性が、バッグのように持ち歩けるデジイチ」がコンセプト。性能面の制約を解消できれば流行るかもcamera
*
201402seika18
この作品は、外国からの留学生さんが「京都の旧街道で出会った日常、たたずまい、かたちをモノクロ写真で記録したアルバム」です。

読ませてもらって、非常によく出来ていると感心しました。日本人より京都らしさをつかみ取ってるかも。もしできるなら一冊わけてほしいです。
*
201402seika20
日本画コースです。

「じゃあ、またね」というタイトルから夕方、子供たちが帰って、急にさみしくなった庭先の情景でしょうか。この朦朧とした筆致が好きなんです。
*
201402seika21
これは、「その先へ」という題名の作品です。

こういう題名の歌もありますが、作者の成長を願うこころが表されているのかもしれません。
*
201402seika22
「誰そ彼」という題が付いています。

おそらく、嵐電の某駅のスケッチでしょう。夕刻の電車が発車した直後なのか、誰もいないわびしい情景になっています。

写真では、なかなかこの雰囲気をだすのが難しいんですね。
*
201402seika23
最後に、洋画コースから、この明るい自画像?を。
若いって、いいですねぇbleah
*
A
他にも、紹介したい作品がたくさんあるのですが、容量の都合で、本館の展示からは、ここまでにさせていただきます。

最後に、ひと言。失礼ながら、日本画、洋画コースの作品では、わたしの感覚で申し訳ありませんが、あまりgood と、いうのがありませんでした。デザイン系のコースが最近の流行のようで、おじさんの頭では芸大の本命といべきコースは、人気がなくなってきているのでしょうか?
*
201402seika25
美術館の本館をでて、近くの別館で開催の「手技に学ぶ」展へ。
これは、京都の伝統産業の職場でのインターンシップ(就業体験)の実習報告です。

学校の講義や実習では学びきれない、実社会の作業現場での制作体験は、学生さんによい経験になるようです。

写真のキャビネットは、京指物の会社で実習した学生さんの作品で、中心軸で回転できるようになってます。物の出し入れに便利かも。
*
201402seika26
これは、京象嵌の会社で実習した学生さんの、時計とネックレスです。廃材を素材に使用とありますから、生地の金属がリサイクル品なのでしょうか。
*
(続く) (次回は、立体造形3回生の進級展と人文学部の卒展と版画コース3回生の進級展です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】宝ケ池行きのハイキング臨時列車運転 | トップページ | 京都精華大の卒業・進級制作展を見てきました(その2) »

コメント

なんかすごく楽しそうnotes
一瞬 本物のお弁当かと思いましたよcoldsweats01
ゴミの袋 かわいいねlovely
ゴミ入れにしたくないかも。。。( ´艸`)プププ

色んな作品に込められた魂が垣間見えましたhappy01

>> 音姫さんへ

こんにちは。

本当に、いろんなジャンルの作品があって、楽しかったです。
音姫さんも、いちど、大阪地区の芸大の展示会に行かれては。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/59174674

この記事へのトラックバック一覧です: 京都精華大の卒業・進級制作展を見てきました(その1):

« 【叡電】宝ケ池行きのハイキング臨時列車運転 | トップページ | 京都精華大の卒業・進級制作展を見てきました(その2) »

フォト

ススキ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ