« 【京都市電】梅小路公園の市電ひろばへ行ってきました。(その3) | トップページ | 京の早春の散歩。京洛に知らない街の華を探して(その1) »

2014.03.13

【京阪】くずはモール3000広場を見てきました。

3月12日のくずはモールのリニューアルオープンにあわせて、モールの南館の一階に「3000広場」が開園しました。

初日の会社帰りに途中下車して、さっそく見てきました。梅小路の市電ひろばの話題の最中ですが、割り込みでお伝えします。
*
201403kuzuha01
ショッピングモールに入って、すぐに広場があって、旧3000系の先頭車が置いてあるのが、目に入ります。
*
201403kuzuha02
昨年3月末のさよなら運転以来、一年ぶりの再会です。廃車になってから、この一両だけ解体をまぬがれて、楠葉に移送されたのは知ってますが、まさか、こんな立派な施設でお目にかかれるとは思ってもいませんでした。

せいぜい、ショッピングセンターの中庭に、保存展示されるのが関の山と思ってたのです。

さすがに、京阪電車の3000系に対する思い入れは、大変なものですね。
*
201403kuzuha03_2
車内の様子です。シートはひと昔前のデザインに張り替えられ、その他の小物も当時のものが取り付けられ、パッと見には、どこかの駅に停車中といった感じです。
*
201403kuzuha04
テレビカーも再現されています。京阪のCMを流しているようでした。
:
201403kuzuha05
京阪の沿線風景を再現した、おおきな模型があります。
*
201403kuzuha06
ここの一番の呼び物は、この運転シミュレーターでしょう。3mくらい離れた柵の外から見てますが、非常にリアルです。
*
201403kuzuha07
パネルや写真、ポスターなどの展示も充実してますが、一番気に入ったのは、このふるい行き先表示板やヘッドマーク類ですね。
*
201403kuzuha08
このレアな一枚を、ここに掲示した担当者は、よほど「鉄道ファン」の心理を知り尽くした方 と、お見受けしました。

30年以上前に、廃止になった運行系統と思われますが、このような列車があったのは、私も知りませんでした
*
(次回は、梅小路の話題に戻ります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【京都市電】梅小路公園の市電ひろばへ行ってきました。(その3) | トップページ | 京の早春の散歩。京洛に知らない街の華を探して(その1) »

コメント

こんばんは。

さっそく行かれたようですね。

自分は個人的な事情で、そちらに出向くのも、難しい状況に陥っております・・・

「いつかは、行ける!!」ことを肝に銘じて、この記事を拝見させていただきました。

>> 京阪快急3000さんへ

まだオープンしたてですから、都合の良い日に行かれてください。

ショッピングモールですよね。イヤー凄いなあ。
関西へ行った際には・・・っと、メモメモ・・・。

こんばんは☽
今日は良いお天気でした(#^.^#)
お久しぶりに成ってしまいました
最近バタバタでなかなか来れなくてごめんなさい
ショッピングモールなのに電車が~

3000広場を考えた方は、かなりの鉄子さんですよね
古い看板を集めるのも大変だったのでは…
もしやコレクションしていたとかね(#^.^#)
なかっちょさんにはキッと見飽きない場所だったのでしょうね♪

>> キハ58さんへ

こんにちは。

スーパーや家電ショップのとなりに、本物の電車が置いてあるのは
ちょっとシュールかも

大阪にお出での祭は、ぜひ寄ってください。

>> na nori さんへ

こんにちは。

この週末は、良い天気みたいですね。
きっと、くずはモールも大勢の買い物客で賑わうことでしょう。

電車好きの子供とお父さんは、この広場で遊んでてもらって、
お母さんは、ゆっくりショッピングなんてことも出来そうですね。

古い看板類は、京阪のコレクションだと思います。この日の
ために大事に取ってあったのかも?

しばらくしたらまた行って見ます。あたらしい発見があるかも

初日に早速行かれたのですね。
SANZEN-HIROBAは期待以上の出来だと思います。宝塚ファミリーランドにあった電車館に匹敵するんじゃないでしょうか。模型も走っているようですが、京阪電車の歴史がわかるような、昔の車輛もあればいいですね。
屋内保存とはいえ、保守が大変と思います。とにかく長く続いて欲しいものです。

「中書島-深草」は宇治線系の出庫か入庫ですかね?

>> ヤマさんへ

こんにちは。

SANZEN-HIROBAの内容の充実ぶりには、ほんとうに驚きました。
これがひらパーの中の有料の施設として開館しても、みんな入場券を
買ってでも見に行くでしょうけど、それが無料とは太っ腹(笑)です。

屋内施設なので、風雨による劣化には問題ないでしょうが、これだけ
ひとの出入りがあると、やはり擦り切れたりするところは出てくるで
しょうね。数年後にまた補修などしてくれるとありがたいですが。

「深草-中書島」の裏は、「三条-中書島」ではないかとおもってます。
伏見地区の初電、終電としての送り込み、取り入れ用ではないかと?
鉄ピクの京阪特集にでも、答えが載ってるかもしれませんね。
探してみます。(ネットでは判りませんでした)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【京阪】くずはモール3000広場を見てきました。:

« 【京都市電】梅小路公園の市電ひろばへ行ってきました。(その3) | トップページ | 京の早春の散歩。京洛に知らない街の華を探して(その1) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ