« 【京阪】交野線のトーマス号に乗ってきました(^^♪ | トップページ | 京の春の散歩 梅と椿を写しに妙蓮寺から相国寺へ »

2014.03.22

京の春の散歩 梅と椿を写しに大徳寺へ

長かった寒い季節もようやく終わり、日脚しとともに、一日一日本格的な春が近づいてくるようです。

やっと梅や椿が満開になってきたようなので、大徳寺から西陣の寺町を通って、相国寺へと、梅見、椿見の散策に出かけてきました。
*
2014031daitokuji01
行きは、疏水分線沿いを通りました。川岸に白いスイセンの群生がありました。
*
2014031daitokuji02
いつもよく通るところなのですが、早春に歩くことがなかったのか、この景色は初めてです。新しいお花畑を発見すると得した(笑)気分になりますね。
*
2014031daitokuji05
大徳寺に着いたのは、10時前くらいでしたが、特別公開が行われているので、すでに多くの観光客が歩いてます。

まずは、お気に入りの塔頭、芳春院へ。お寺の名前にふさわしく、古瓦を塗りこんだ土塀をバックに紅梅が満開になっていました。ただしここは非公開なので、門からのぞくだけですが、参道をあるくだけでいっぱい「春」を感じられます。
*
2014031daitokuji06
このお寺は、加賀百万石の開祖、前田利家の夫人のまつが建立された前田家の菩提寺です。芳春院はまつの法号から取られています。

護国禅窟の額のかかった庫裏の前には、まだつぼみの紅梅が植えてありました。
*
2014031daitokuji09
続いて、特別公開中の興臨院へ。古木の紅梅、白梅が並んで植えられています。

観光客の途切れる一瞬をまって一枚

このお寺は、前田利家公が改修して菩提寺にされたのだそうです。さすがに百万石のお殿さまはご夫婦で別に菩提寺をもってられるんですね
*
2014031daitokuji10
門前の掃き清められた白砂庭と切石の階段が、よい雰囲気を出してくれてます。
*
2014031daitokuji11
通路を挟んで反対の龍源院の檜皮葺きの方丈の前にも、紅梅・白梅が咲き誇っています。禅寺は、重厚な黒瓦葺の本堂が多いのですが、この古風な屋根も一見の価値ありです。
*
2014031daitokuji12
反対から見たところです。まるで時代劇のセットみたいです。今にもお侍さんが歩いてきそうです。
*
2014031daitokuji13
通路の奥の、大慈院の前庭には、黄色い花が咲いてました。サンシュユでしょうか? 黄土色の土塀によく合います。
*
2014031daitokuji08
大徳寺の本坊の前に、いかにも禅寺らしい刈り込まれた常緑樹の生垣に藪椿が一輪。利休翁の侘び寂びの世界を見るようですね。

この演出(?)も、毎年いま頃の季節に見られるのですが、いつも感心してしまいます
*
(続く) (次回は、雲林院から妙蓮寺・相国寺へ向います)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【京阪】交野線のトーマス号に乗ってきました(^^♪ | トップページ | 京の春の散歩 梅と椿を写しに妙蓮寺から相国寺へ »

コメント

和歌山も梅が満開でした
南部まで足を運べば 梅でお花見ができる時期
もうすぐ 来月には桃も膨らみ始めるでしょう。。。
桃の花のお花見もまたいいですよ

赤い椿が1輪 凛としてますね

今宮神社から大徳寺を散策したのを思い出しました。
大徳寺って、大きいお寺ですよね!

>> 音姫さんへ

こんばんは。

昨日は真冬の寒さで、今日は春の暖かさ、体調管理に苦労しますね。
お彼岸になって、やっと梅が満開とは、ちと遅いです。
秋から冬になるのも遅かったけど、冬から春のバトンタッチもだんぶん
遅れてます。

桜祭りの準備をしているところは、花がいつ咲き出すのか、気を揉んで
いるでしょうね

こんばんは。
大徳寺から相国寺ですか。
さすがなかっちょさん、健脚ですね。
もう3月というのに、水仙もまだまだ勢いがありますね。
ありんこも行ってみようかなぁ、大徳寺

>> キハ58さんへ

こんにちは。

毎年、その年の春の花の撮りはじめとしてこのコースを歩いています。
去年は、春の訪れが早くて、駆け足であちこちの梅林や桜祭りを回りましたが
今年は、ゆっくりと見て回れそうです

大徳寺は、広いですね。本堂以下おもな伽藍が5、6軒、塔頭や別院も
20以上あります。

ゆっくり見ていると、ここだけで半日は楽しめそうです。

おはようございます。

大徳寺というお寺に行かれたのですね。

きれいなお花がいっぱいですね
でも、「サンシュユ」というお花は、初めて見ました

自分は予定では、元離宮二条城の梅を見にいくことにしていましたが、実現できませんでした
なので、市内の神社でお茶を濁しました

今度は桜ですね。
どこにするか、検討中です。

>> ありんこさんへ

こんにちは。

このコースは、四季の花と社寺を見て歩くのに最適なので、ちょっとずつコースを
変えながらね、何回も歩いています。

わたしの見たところでは、大徳寺はあまり桜が植えてないので
梅や椿が見ごろの今の時期が春の散策には持って来いみたいです。

その次は、GW頃の庭木と苔庭が新緑に輝く時期が良いようですね。
またのお出でをお待ちしてます。

>> 京阪快急3000さんへ

このお寺は広いので、あちこちのお寺の庭にお花が植えてあります。
ただし禅寺なので、あまり一般の拝観を受け付けていないところもありますが、
見せてくださる塔頭を訪ねるのも良いですよ。

この黄色い花が、サンシュユなのかは、実は自信がありません

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の春の散歩 梅と椿を写しに大徳寺へ:

« 【京阪】交野線のトーマス号に乗ってきました(^^♪ | トップページ | 京の春の散歩 梅と椿を写しに妙蓮寺から相国寺へ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ