« 【近鉄】春の撮影会その1(郡山付近と木津川鉄橋) | トップページ | 京の春の散歩 咲き始めた桜を探して御所周辺へ(その1) »

2014.03.28

春の撮影会その2 郡山城跡と帯解寺に春の花を探して

電車の撮影会の合間に、その付近の名所も何ヵ所かまわって見ました。

まずは、郡山城跡から。
*
201403koriyama01
この城山には、古くは12世紀から砦が作られたようですが、現在の城跡につながるのは、戦国時代に筒井順慶が郡山城を築いてからのようです。

その後も、織田、豊臣、徳川の配下の有力な武将が次々に城主となり、1724年(享保9年)、徳川綱吉の側用人として有名な柳沢吉保の息子の吉里が甲府から国替えで入城し、以来、明治維新まで柳沢大和郡山藩が続きます。

城は、明治6年に廃棄となり、いまは石垣や堀、復元された櫓などが当時の面影を偲ばせています。
*
201403koriyama02
城内では、お城まつり(桜祭)の準備が進められてましたが、時折小雨の降る寒い日で、まだ桜のつぼみも堅く、花見が近い雰囲気ではありませんでした
*
201403koriyama03
もと天主のあったところには、柳沢吉保公をまつる、柳沢神社がありました。

ちょうどモデル撮影会の最中で、春の装いに身を包んだキュートなモデルさんにプロカメラマンがレンズを向けて、ポーズをつけておりました
*
201403koriyama07
城跡から、すこし西大寺方によったところに、植槻八幡神社という小さなお宮がありました。

村の鎮守様といった感じですが、創建は不明なれど、平城遷都のころ(8世紀初め)にはすでに平城京の裏鬼門(南西)の鎮護の社として存在していたとされる歴史を誇る古社だそうです。

ちょっとした小道にも歴史が隠れているところが、古都奈良らしいですね。
*
201403koriyama04
近鉄編にも載せましたが、いかにも金魚の町らしいオブジェです。
*
201403koriyama06
街角にも、いろいろなデザインの金魚のオブジェが見られます。ひとつずつ丁寧に見ていると、これだけで半日がつぶれてしまいそうです(笑)
*
201403koriyama05
郡山の旧城下町の案内図です。タイルに地図が焼き付けてあり,なかなか凝った代物です。

箱本とは、江戸時代の郡山城下の自治制度のことで、今でいう町内の自治会のようなものです。

前から、この町並みをじっくりと歩きたいと思っているのですが、今回もただ通過するだけになってしまいました。またの機会に楽しみは取っておきましょう
*
Obitoke06
郡山を後にして、桜井線の帯解駅に来ました。この駅は、帯解寺の最寄り駅です。

ここで、桜井線をすこし撮影する予定だったのですが、急に黒雲が出て、霰(あられ)や雹(ひょう)が降ってきて、あわてて退散になってしまいました。天候が持ち直してから、お寺に行って見ました。
*
201403obitoke01_2
最初に参ったのが、龍象寺です。聖武天皇の勅願所として、行基上人の開基と伝えられる古刹です。
*
201403obitoke02
境内には、立派な八重の椿がみごとな花をいっぱい咲かせていました。

雨霰の急襲で、カメラのレンズに水滴が付いたままだったようです。偶然ですが、ちょっと面白い画像になったので良しとしましょう(笑)
*
201403obitoke04
続いて、帯解寺に参りました。こちらは安産の腹帯をもらう 妊婦さんや、お宮参りのご家族で賑わっています。

美智子皇后さま、秋篠宮妃紀子さま、皇太子妃雅子さまにも腹帯を献上しているのだそうです。
*
201403obitoke05
境内には、たくさんのお地蔵様がまつられています。梅の花や、
:
201403obitoke06
サンシュユの花と合わせて写させていただきました。
*
Nara01
帰り道の奈良駅で、「天王寺←クハ221-1+サハ220-1+モハ220-1+サハ221-1+モハ221-1+クモハ221-1→加茂」と、みごとにトップナンバーばかりが揃った編成に出会いました。

ここまで、1番が続くのは珍しいですね
*
(続く) (次回は、交通科学博物館です)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【近鉄】春の撮影会その1(郡山付近と木津川鉄橋) | トップページ | 京の春の散歩 咲き始めた桜を探して御所周辺へ(その1) »

コメント

こんにちは。

桜井線は残念でしたね。

でも、他の花のお写真は素晴らしいですね

最後の221系のトップナンバー編成は、数年前に乗った記憶がありますよ。

金魚の大和郡山、聞いた通り、金魚の街なんですね。
昨日の記事と合わせ、私鉄優位の関西を改めて感じることができました。

柳沢神社。
初めて知った。
忠臣蔵の悪役。
駒込の六義園も、まだ行ったことありません。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは、前回の桜井線撮影もここに来ているのですが、そのときも
イチマチで、今回はと、期待していたのですが。
どうやら、桜井線との相性は最悪 みたいですね。

221系のトップナンバーばかりの編成は、わりと有名みたいですけど
はじめてじっくりと見れました。

>> キハ58さんへ

こんにちは。

大和郡山市では、夏休みに「全国金魚すくい選手権」が開かれるなど
金魚で町おこししてるところです。
なんと金魚の出荷量は、金魚が年間8000万匹、錦鯉が200万匹と
全国の40%を占めるのだそうです。(市のHPより)

今回は行きませんでしたが、金魚資料館や金魚販売センターなども
あります。

奈良県の鉄道網は、関西線の天王寺~奈良間を除いて、圧倒的に
近鉄優位ですね。奈良線や桜井線や和歌山線には、SLやディーゼルカー
が走っていた頃とそんなに変わらないのどかな風景があちこちに
残ってます。でも、関西鉄道時代のレンガ造りの施設を探して歩くのも
楽しいですよ。

>> 笠井君へ

こんにちは。

赤穂浪士を立てるなら、吉良義央や柳沢吉保を悪者にしないと
芝居が成り立ちませんよね(^^)

史実では、吉良や柳沢も、それなりに功績を残しているし
領民には慕われたとされてます。

まあ、いつの世も政治家は、いろいろ叩かれてナンボ(笑)
なんでしょうね。

駒込の六義園は、私も行ったことがりません。コメントをいただいてる
キハ58さんのブログに、訪問記が載ってますので、いちど
見にいってください。なかなかすばらしいお庭みたいですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の撮影会その2 郡山城跡と帯解寺に春の花を探して:

« 【近鉄】春の撮影会その1(郡山付近と木津川鉄橋) | トップページ | 京の春の散歩 咲き始めた桜を探して御所周辺へ(その1) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ