« 京の春の散歩 梅と椿を写しに大徳寺へ | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2014)その1 お彼岸の草花 »

2014.03.23

京の春の散歩 梅と椿を写しに妙蓮寺から相国寺へ

長かった寒い季節もようやく終わり、日脚しとともに、一日一日本格的な春が近づいてくるようです。

やっと梅や椿が満開になってきたようなので、大徳寺から西陣の寺町を通って、相国寺へと、梅見、椿見の散策に出かけてきました。
*
2014031daitokuji15
大徳寺をでて、北大路通りをはさんで南側の境外塔頭の雲林院に回ります。

ここは狭いながらも、四季の花が丹精されているお庭があります。塀の外から、ピンクのつばきを写しています。りっぱな軒先の組み物に注目!
*
2014031daitokuji17
ちょっとシャレた感じの花が目立つサザンカです。
*
2014031daitokuji18
こちらは、大振りの真っ白な椿花です。
*
2014032syoukokuji03
西陣の街中を抜けて、御会式桜が咲き誇る妙蓮寺へ。この桜は晩秋から早春までかなり長い期間、花を咲かす品種ですが、やはり春先の暖かくなってきた頃が、見ごろですね。
*
2014032syoukokuji01
お馴染みの塔頭の門前の吊るし花瓶は、真っ赤な実とツタの葉でした。
*
2014032syoukokuji02
長谷川等伯展をやってましたが、一度は見たことがあるのでPass(^^)
*
2014032syoukokuji04
上立売通りを東に向って、相国寺に入ります。弁天堂の前では馬酔木とサザンカが競い合って咲いてました。
*
2014032syoukokuji06
普廣院のピンクの斑入りのツバキです。このお寺もいろいろとお花を植えられていて、散歩の途中の楽しみにしています。

この日は、はじめてお寺の方ともお話させてもらう機会があり、日ごろの撮影をお礼ができましたm(__)m
*
2014032syoukokuji07
お庭の桃色の梅が満開です。ほかにも白梅やもっと濃い紅梅も植わってます。
*
2014032syoukokuji11
放生池では、亀さんが日向ぼっこしてました。
*
(次回は、花とえーでんです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の春の散歩 梅と椿を写しに大徳寺へ | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2014)その1 お彼岸の草花 »

コメント

春を感じる京都の色合いですね~昨日食べた京漬物の色合いを改めて感じました!

こんにちは。

そういえば、花の色も春霞のように淡い色が多いですね。
何事も、オブラートのように包み込んで、本心を明かさないのが
が京都の良さであり、ウィークポイントでもあるんですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の春の散歩 梅と椿を写しに妙蓮寺から相国寺へ:

« 京の春の散歩 梅と椿を写しに大徳寺へ | トップページ | 【叡電】春の花シリーズ(2014)その1 お彼岸の草花 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ