« 【本】陽だまりの彼女 越谷オサム | トップページ | 梅宮大社の「梅産まつり」にいってきました。(その2) »

2014.03.03

梅宮大社の「梅産まつり」にいってきました。(その1)

梅津の梅宮大社の「梅産まつり」に行ってきました。

寒波の影響で、梅林の梅の花の開花が遅くて、ちょっと残念でしたが、芳しい香りに包まれて、神苑を巡ることができました。

梅の花と、それ以外のお花の2回にわけてご紹介します。
*
201402umemiya01
このちょっと変わった名前のお祭りは、この神社のご祭神のコノハナサクヤヒメが天孫ニニギノミコトと結婚して、海幸・山幸伝説で有名な、ホデリノミヒト・ホスセリノミコト・ホオリノミコトの三兄弟を生み、

山幸彦ホオリは、海神の娘トヨタマビメと結婚して、ウガヤフキアエズノミコトをもうけ、

ウガヤが叔母のタマヨリビメと結婚して、もうけたのがカムヤマトイワレビコノミコト、後の初代神武天皇だ。

とする日本神話にもとづきます。

早い話(笑)、子授け・安産・子育てに霊験あらたかな女神様なので、梅宮とお産を掛けてあるのでしょう。

ただし一般的には、桜の花を象徴する女神さまとされますが、梅でも桃でもきれいな花ならなんでも良いのでしょう
*
201402umemiya02
やはり子授け・安産の神様ですので、普段の散歩はひとり歩きが多いのですが、今回は家内を連れて行きました。

我が家もこの神様に息子をいただいたのですが(笑)、おなじような若いご夫婦や小さな子供をつれた親子三代の家族連れも目に付きます。

まずは、本殿にお参りして、梅ジュースの接待を受けてから(なので梅酒は)、神苑に回ります。
*
201402umemiya03
子宝に恵まれるという「またげ石」の奉られた神域の前に咲く、しだれ梅です。まだ3分から5分咲きといったところ。
*
201402umemiya04
神苑に入ってすぐの咲耶池のほとりに咲く紅梅です。

ほとんど品種名が書いてないので種類はわかりません。(以下おなじ-品種名のわかる方がおられましたら、コメントででも教えてくださいね。)
*
201402umemiya05
ほんのり桜色が美しいです。桜や桃は満開がみごとですが、梅はちらほら咲きのほうが風情が感じられますね。

ただ明け方までだったせいか、あまり梅の甘酸っぱい香りがしなかったのがチト残念です
*
201402umemiya06
池のほとりに立つ、お茶室を望んでいます。葉芽のあかくなっているのは、楓の木でしょうか。
*
201402umemiya07
背景の紅梅・白梅はかなり咲いている種類なのですが、近寄ってカメラを向けてみると、あまりパッとしないんですねぇ。絞り込んで春霞のように仕立ててます。

腕が悪いのか、感性が足りないのか、カメラが安モンなのか(^^)、梅は写しにくいです
*
201402umemiya08
アップで写した枝では、これが一番マシに撮れたかな(^^ゞ
*
201402umemiya10
梅は、これくらいにして、ツバキやサザンカといった早春の花に目をやることにしましょう。
(下巻に続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【本】陽だまりの彼女 越谷オサム | トップページ | 梅宮大社の「梅産まつり」にいってきました。(その2) »

コメント

蕾の中で1輪咲いている1枚が、最高ですね。
「うめうめ」語呂が良すぎます!

>> キハ58さんへ

こんにちは。
梅の花は、小さいのがパラパラと咲いていくので、なかなか
被写体が絞り込みにくく、写すのはむつかしかったです。

「うめうめ」とは、うまく名づけたものですね。感心しました。

こんばんは。
『うめうめまつり』やはり一人では行きにくいものですか(#^.^#)
息子さんは梅宮大社での授かりものでしたか♫
それは感謝をしなくてはいけないですね♪
一番初めの梅の写真が雪が降っているような写真で良いって思いました♫
最後の写真も同じ写真でアングルが梅の花と椿の花二つで来たら面白い~
などと生意気な事も感じてました(~_~;)ゞ
いつもほっこりお写真有り難うございます♪

おはようございます。

「うめうめ」とは、見事なネーミングですね。
京都にこのような神社があるなんて、初耳でした。

梅って、そんなに写すのが難しいのですね。

自分も梅が咲きだしたら行くことにしている、元離宮二条城の梅を(スマホで)うまく写すコツなどをご存じでしたら、ご教示いただけないでしょうか・・・?

こんにちは^^
今年は花の開花が昨年より早いと思っていましたが、
2月になってからの寒さで、ブレーキがかかった状態ですね
梅の名前は御苑でも特に個別の名札はありませんが、昨年湯島天神でみた
(思いのままに)という、一本の木に白、ピンク、紅と色とりどりの花が咲く
梅の花がとても印象に残っています。

梅の花 きれいですね
なかっちょさんの手にかかれば 小さな花も大輪の花に見えるわ

>> na nori さんへ

こんにちは。

やっぱりひな祭りとか子授けのお祭りなんかには、おっさんひとりでは
行きにくいですね(笑)

べつに出来なかったわけではないのですが(笑)、そろそろ作ろうかという
キッカケのために、拝んでもらってきました。

最後の写真も、ピントの合わせ方によっては、ウメもツバキもはっきりと
写しこむことも出来たんでしょうけど、喧嘩するといけないので(^^ゞ
片方は、ぼかしてます。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

「うめうめ」って、面白い名前ですね。この前日にたまたまラジオのリポートで
このお祭りのことを放送してて、それで行って見ることにしたのです。

ウメは、花が小さくてしかもたくさん枝に咲くので、焦点がつかみにくくて
むつかしく感じました。

うまくとるコツは、練習あるのみですよ。近くの公園にいって、咲いてるウメでも
ツバキでもスイセンでも、何十回、何百回とアングルや露出を変えて写してみてください。
きっと、帰る頃には、自分でもびっくりするほどすばらしい作品が出来てますよ。
わたしも、ひとにお世辞でも と、言ってもらえる写真を撮るのに3年は
掛かりました

>> ターコイズさんへ

こんにちは。

今年は、寒波の影響で、ウメの開花は遅れているみたいですね。
去年は、春の訪れも、夏の暑さも早くやってきましたが、今年は
その逆なのでしょうか?

一本の木に3色の花を咲き分けてくれる種類もあるのですね。
と、おもって調べてみると、梅宮大社の梅園にも植えてあるとネットに
出てます。

見落としてたみたいです

>> 音姫さんへ

いえいえ、下手な写真ばかりでお目汚しです

まだ満開にはならないので、3月半ばくらいに、もういちど行きたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅宮大社の「梅産まつり」にいってきました。(その1):

« 【本】陽だまりの彼女 越谷オサム | トップページ | 梅宮大社の「梅産まつり」にいってきました。(その2) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ