« 【叡電】春の花シリーズ(2014)その2 3月最後の週末の草花 | トップページ | 【梅小路】桜の下を走るチンチン電車とSL »

2014.04.07

漫画家による仏の世界展 in 東寺 に行ってきました。

今回は、花と嵐電の予定でしたが、昨日行ってきた東寺の「漫画家による仏の世界展」が良かったので、これを先に載せます。
*
201404touji04
『日本の漫画家50人が、独自のタッチで「仏」を描く』
という、コンセプトで、

赤塚不二夫さん、いがらしゆみこさん、さいとう・たかおさん、手塚治虫さん、小島功さん、ジョージ秋山さん、植田まさしさん、ちばてつやさん、里中満智子さん、変わったところでは林家木久扇師匠

といったそうそうたるメンバーの、漫画家らしいウイットに富んだ仏画の数々が展示されています。

アニメのキャラクターそのものの観音様に、艶かしい弁天さま、可愛いお地蔵様、こういう仏の世界もあるんだな。と、感心したりもします。

仏像、仏画というと、抹香くさいだの、年寄りじみてるだのと、敬遠しがちですが、昔は絵解きといって、文字を読めない庶民に、和尚様や諸国巡拝の行者さんが、わかりやすく絵をつかって、仏の教えを説いてくれたといいます。

この展覧会は、まさに現代のアニメ版絵解きです。
残念ながら、京都展は終わってしまいましたが、5月1日から13日まで、東京の増上寺で2回目の展示会があります。その後も巡回が予定されているようです。お近くに来た折には、ぜひご覧下さるようお勧めします。

詳しくは、展覧会のHP
http://butsuga.jp/
*
201404touji01_2
しだれ桜と五重塔です。曇り空でしたが、逆に塔が黒く沈んでよい感じに撮れました。お遊びでピンクのフィルターを掛けてます(^^)
*
201404touji02
すこし明るくなったときに、桜をアップで写すとこんな感じです。これでバックが抜けるような青空なら、絵葉書そのものですね
*
201404touji03
最後に、駐車場の奥のほうから遠目に撮ってみました。照っても曇っても、桜はいいですねぇ
*
(続く) (次回は、梅小路公園の桜とチンチン電車&SLです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】春の花シリーズ(2014)その2 3月最後の週末の草花 | トップページ | 【梅小路】桜の下を走るチンチン電車とSL »

コメント

こんにちは^^
東寺には3回ほど行きましたが、桜の時期ではなかったので
とても新鮮な気持ちで拝見させていただきました。
やっぱり、京都の桜は絵になりますね

見事なしだれ桜
絵になりますね~~o(*^▽^*)o

>> ターコイズさんへ

こんにちは。

わたしも、桜の時期に東寺へ行くのは、初めてなんです。
それほど桜の名所とは聞きませんが、(むしろ夏の蓮の花を
よく見に行きます。) さすがに手入れされたお庭に咲く
は、見事! としか、言いようがありませんね(^^)

>> 音姫さんへ

こんにちは。

ここは、お寺なのでドンチャン騒ぎはもちろん、庭園でお弁当を
食べることもできません。

でも、静かに桜を楽しめる良い場所ですね。

静かに桜を愛でる、まさにそんな時間ですね。
ほんと、絵葉書のようです!

>> キハ58さんへ

こんにちは。

なかなか静かにさくらを楽しめるところは少ないですね。
絵葉書写真も、また良きかなです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漫画家による仏の世界展 in 東寺 に行ってきました。:

« 【叡電】春の花シリーズ(2014)その2 3月最後の週末の草花 | トップページ | 【梅小路】桜の下を走るチンチン電車とSL »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ