« 【梅小路】桜の下を走るチンチン電車とSL | トップページ | 【嵐電】桜花爛漫の北野線(その2) »

2014.04.10

【嵐電】桜花爛漫の北野線(その1)

歩いた順が逆になりましたが、嵐電北野線沿線の桜をお届けします。
*
Toujiin01
最初は、白梅町の椿寺に出向いたのですが、また五色椿は3分咲きで来週が見ごろと判断して、嵐電の鳴滝の桜のトンネルに行き先変更。やってきた帷子ノ辻行きの電車に飛び乗りました。

運転台の後ろに陣取って、撮影ポイントをチェック! どの駅も咲いてる咲いてる ウキウキしています。

写真は、等持院駅を発車して京都学園高校のグラウンド沿いの桜並木を写しています。隣の龍安寺駅との間は200mしかなくて、長大編成の列車なら、すっぽり納まってしまう長さです
*
Sakura_tunnel03
勇んで桜のトンネルにやって来たものの、ここは、年々規制が厳しくなって、ことしは鉄パイプで柵まで作られて、あまりアングルが選べなくなっててガックリ

それでも、柵の隙間からカメラを突き出して、数枚撮影。電車より桜花に焦点を当てると、それなりに絵になりました。
*
Sakura_tunnel04
満開ですねぇ。その下をなま八つ橋の「夕子」電車が通り過ぎていきます。
*
Sakura_tunnel05
晴れたり曇ったり、時々小雨がパラついたりとめまぐるしく天気が変わって、露出に苦労します。ちょうどお日様が顔をだしたところでレトロ電車が登場。

この路線は、昼間は3編成が行ったり来たりするだけなので、この3カットで今日の被写体はすべて登場しました(^^ゞ
*
Utano02
これ以上いても、代わり映えしないので(笑)、白梅町に向けて撮影しながら戻ります。次は宇多野駅です。個人的には、旧称の「高雄口駅」のほうがしっくり来ます(^^♪

さっき通り過ぎた「夕子」電車が、ムラサキハナナと木瓜の花の咲くホームへ、小さなトンネルをくぐってやって来ました。
*
Utano01
駅の入り口の土手には、シバザクラも咲いてました。ホームとの間に雑草が生えてて、ちょっとお邪魔
*
Omuro05
次は、御室仁和寺駅です。ホームから嵐山方を見ると、土手の上に桜並木が。行き交う人も「きれい」と、おもわずつぶやく光景です。 日本に「御室の」があって良かった(^^)
*
2014041omuro01
仁和寺の御室桜は、遅咲きでまだ「つぼみふくらむ」の状態ですが、境内は早咲きの品種で満開になってます。
*
2014041omuro02
山門脇の桜です。
*
2014041omuro03
これは、有明という品種だそうです。
*
(続く) (次回は、御室仁和寺駅から北野白梅町駅まで歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【梅小路】桜の下を走るチンチン電車とSL | トップページ | 【嵐電】桜花爛漫の北野線(その2) »

コメント

こんにちは。

嵐電の「桜のトンネル」は2年前に訪問しましたが、今はこんなに規制がされているのですね。

よほどマナーの悪い輩が出没したのでしょうか・・・?

さて、京阪のHPの「おけいはん 桜開花情報」を見ると、仁和寺だけがまだ咲いている状態ではなかったので、気になっていたのですが、この記事を見て安心しました。

話は変わりますが、造幣局の桜の通り抜けが明日(11日)から17日まであるそうですよ。

自分は検討中ですが、なかっちょさんは行かれますか?

こんにちは^^
このあたりは、桜の時期に合わせて通ったところなので
とても懐かしく拝見させていただきました。
龍安寺の枝垂桜と、仁和寺のお多福桜は、まさに今日がベスト
いう日に見に行けたことが、今でも関西時代のプチ自慢です

こんばんは~
桜とレトロ電車が、ピッタリですね
大正ロマ~ンって感じがします
5枚目のお写真、山の中の線路のような雰囲気で
素敵ですね~初夏を感じます

>> 京阪快急3000さんへ

大勢やってくれば、なかにはマナーの悪い人間もいるんでしょうね。
事故があってからでは遅いので、鉄道会社でも自衛せざるを
得ないのでしょう

仁和寺のHPによると、御室桜もようやく満開だそうです。
この週末は、ものすごい人出でしょう。

造幣局の通り抜けは、電車の窓からチラッと見るばかりです。
今年はひさしぶりに行ってみようかな

>> ターコイズさんへ

こんにちは。

このあたりは、山沿いに桜の名所がいっぱいあって、ゆっくり見てたら
それこそ何日でも楽しめますね

桜は、紅葉とちがって、盛りの期間があっという間に終わるのが
ちと残念です。

落ち着かれたら、また京都へもお出で下さい。

>> mik さんへ

こんにちは。

宇多野駅は、ちょうど谷間にあるので、写真の撮り方によっては
山の中のようにも見えますね。実際は回りは静かな住宅地です。

太秦映画村が近いので、俳優さんのお家もあったりします

レトロ電車は、次回もでて来ますので、また見てやってくださいね。

おはようございます。

春の嵐電と言えばこの桜のトンネルですよね。

2年前に初めて行きましたが、朝から夜のライトアップ終了までいたことを思い出します。

今年は鉄ポールまで設置されていたのですか。

年々撮影状況が厳しくなっていっているようですね…

そう言えば2年前にも線路に近づき過ぎて電車が停止するシーンを見かけました。

その方は鉄ちゃんではなく観光客だったようでルールを把握してなかったようでした。

一般の方にもきちんとルールを理解してもらうためにも看板などを設置すればいいのかもしれませんね。

このままだとあと数年後には撮影出来なくなる状況になるかも…

>> kaz_eg6 さんへ

こんにちは。

鉄パイプの柵と、警備員も何人も配置されて、トラブルの起こる
心配はなくなったようです。
でも、いままで黙認されてた線路横断やサクラの木の下への
立入は、完全に不可能になりました。反対側に回るのにも、
10分ちかくも遠回りさせられます。

決まったアングルで、数枚撮るとすぐにみなさん立ち去って
しまってます。わたしもすぐに飽きてここを離れました。

サクラのトンネルは、はっきり言って「もう駄目」です。
ここは、走行写真を撮るところではなく、車内から見て楽しむところ
になってしまいました。

完全に撮影禁止ななるかどうかは、わかりませんが、現状の
京福電鉄さんの精一杯のご配慮をみると、そのようなことは
無いと思いたいですが・・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【嵐電】桜花爛漫の北野線(その1):

« 【梅小路】桜の下を走るチンチン電車とSL | トップページ | 【嵐電】桜花爛漫の北野線(その2) »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ