« 今年は雨でした。 鷺森神社の春の大祭 | トップページ | 京の初夏の散歩 街中でみかけたお花たち(その2) »

2014.05.07

京の初夏の散歩 街中でみかけたお花たち(その1)

GWも、特に遠出する予定も無く(^^)、近場をカメラ片手に、ぶらぶらと散歩して終わってしまいました 

4日は、春の非公開文化財特別公開を見に、西陣の本隆寺と千本釈迦堂(大報恩寺)へ行ってきました。

あちこちで道草を食いならぬ、道草の花を写しながら、ユルユルと向います。
*
201405nishijin01
家をでて、5分ほど歩くと高野川にかかる馬橋を越えます。川原にポピーが咲いてるので一枚

「比叡山には、雛罌粟が良く似合う
*
201405nishijin02
ヒナゲシの花言葉には、「陽気で明るい」があるそうですが、そのままですね(^^♪
*
201405nishijin03
家をでて、1時間足らずで、最初の目的地、上御霊神社に到着。イチハツが満開になってます。

まだ朝方なので太陽が回ってこずに日影になってます。午後に来れば良かった
*
201405nishijin04
陽の差し込んでる花を選んで一枚。アヤメの類が咲き出すと初夏の訪れを実感しますね。
*
201405nishijin05
境内には、18日の御霊祭のお神輿がすでに飾られていました。社務所の前のツツジを見て回ります。白と赤紫色の単色の花が多いですが、なかには自然に交配するのか、白に赤紫の斑入りのものや
:
201405nishijin06
赤紫の筋入りのものも咲いてます。
*
201405gosyo01
同志社大を抜けて、御所に入ります。一面にウマノアシガタが黄色の群生になっている草むらがありました。

他にも、ヒメジョオンやスイバ、チドメグサ、スズメノカタビラなどなどいろんな野草が生えてます。写真には撮ってませんが日本在来種のタンポポや紫の小さな花を咲かすキランソウも目に付きました。貴重な自然の宝庫ですね。
*
201405gosyo02
でも、この黄梅のような花のどこが馬の足形(?)なんでしょうねぇ。
*
201405gosyo03
御所の南端の九条池にいたハトさん。

ホントは、バックの燃えるようなツツジを写すつもりだったのですが、目の前でポーズ(笑)をとってくれたので、写して差し上げました
:
201405nishijin07
再び同志社大学までもどって、上立売通りを西へ。堀川通りを越えて、智恵光院通りの雨宝院に参ります。

桜はすべて散って、また静かなお堂に戻ってます。ひと月ほど前の喧騒は何だったんでしょうね

まっ白なツツジを見下ろして、違い大根の提灯が揺れていました。
*
201405nishijin08
シャクナゲも見ごろを迎えています。

シャクナゲの花言葉には「威厳」「荘厳」「危険」「警戒」などがあるそうです。もともと高山植物で庭木より山歩きの途中で見かけるほうが似合う花なので、このような言葉がイメージされてきたのでしょうね。
*
201405nishijin10
雨宝院の前は、今日の特別拝観のある本隆寺の境内が広がっています。裏庭の芭蕉の葉を眺めながら受付に進みましょう。
*
(続く) (次回は、本隆寺、千本釈迦堂、平野神社の花をお届けします)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 今年は雨でした。 鷺森神社の春の大祭 | トップページ | 京の初夏の散歩 街中でみかけたお花たち(その2) »

コメント

初夏の花がいっぱい
朝からきれいな花見て 気分爽快

さぁ・・・仕事しよ

おはようございます。

京都には、きれいなお花がたくさん咲いているのですね。

かくいう自分も、少し前から市内を歩きながら、いろいろなお花を観察していますよ。
あの箱庭ゲームの参考にもなりますし(笑)。

ハトさんはナイスショットですね。

自分の住んでいるマンションのベランダからですが、朝方洗濯物干しなどをしていると、高架の道路沿いにハトさんが数匹佇んでいたり、たまにですが、手前に見える街路灯の上にハトさんがのっていたりする光景を見ることができますよ。

こんにちは^^
たくさんのお花をみせていただいて和みました。
自然の力は凄いですね。色々な模様の花を作り出すし、
そういえば、御苑でのバラウォークの時に聞いた話ですが、
突然変異によって新種のバラが誕生するのも珍しいことでは
ないそうですよ

ウマノアシガタの群生、見事です!
手を入れたのではなく、自然の力は素晴らしいですね。

>> 音姫さんへ

こんにちは。
気に入っていただいてうれしいです。
あと、2・3回続けますので、また見てくださいね。

>> 京阪快急3000さんへ

春先は、梅や桜に目が奪われて、鉢植えや花壇の花まで
目が行きませんが、GWに入って、気分的に落ち着いてきて、
いろいろと目に留まるようになってきました。

ハトは意外と賢くて、いちどベランダからエサをやったりすると
覚えていてまたオネダリに飛んできたりしますね。
フンを撒き散らかされなければ ペットがわりに
なるんですけど(^^)

>> ターコイズさんへ

こんにちは。

本当に、自然のちからは不思議で偉大ですね。
ド根性ダイコン(笑)ではありのせんが、よくこんなところにと、思うような
ところにも根を張って葉を広げて花をつけてます。

突然変異で、新種が誕生ですか。庭の鉢植えからも、アッと驚くような
花が、ある日突然、咲き出すこともあるかもはれませんね

>> キハ58さんへ

こんにちは。

実景は、もっと一面の黄色のジュウタンのような感じなのですけど
写真に撮ると、そのよさの半分も伝わらなくてすみません。

最近は、自然のままの原っぱが少なくなって、都心のオアシスに
なってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の初夏の散歩 街中でみかけたお花たち(その1):

« 今年は雨でした。 鷺森神社の春の大祭 | トップページ | 京の初夏の散歩 街中でみかけたお花たち(その2) »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ