« 【叡電】初夏の花シリーズ(2014)その5 初夏の花いろいろ | トップページ | 京の初夏の散歩 京都御所の回りでみつけた草花と情景 »

2014.06.02

京の初夏の散歩 旧二条家跡の発掘調査を見学

6月になりました。

カレンダー的には、5月までが春で、6月から夏なので、6月を初夏というのでしょうけど、最近の季節感では5月のGW前後から初夏で、6月に入るともう「真夏」ですね。

京都の散歩道も、蒸し暑くなかなか歩く辛い時期に入ってきましたが、できるだけ凉しそうな話題をさがしてお届けしていきたいと思ってます。

さて、先週の土曜日(5/31)に、同志社女子大の構内で、旧二条家の屋敷跡の発掘調査の一般公開がありましたので見てきました。
*
2014051_doshisha01
大学の東口には、「二条家邸跡」の石碑が立ってます。この横手にはホンの数メートルですけど、昔の屋敷の土塀が残されているところもあります。
*
2014051_doshisha02p
現場の全景です。 思ったよりひろい敷地でびっくりしました。
(写真は、クリックすると拡大します)

さすがに、お公家さまの中でも最高のクラスにある摂関家のお屋敷ですねぇ。

ちかくに今も残る「冷泉家」くらいしかお公家さんのお屋敷の現物を見る機会はありませんが、失礼ながら上から4番目のクラスの羽林家(うりんけ)のお屋敷とは比べ物になりません。
*
2014052_gosyo08
ちょっとでも雰囲気を感じてもらうために、京都御所の中に残る旧閑院宮邸の北門の写真を貼っておきます。

このような門をくぐると厳しい玄関があって、お座敷があって、中庭をとおって、茶室や離れがあって、奥には蔵があって、使用人の長屋や馬小屋や牛車があって、庭には池も作られていて......

と、想像すると楽しいですね。
*
2014051_doshisha03
全体写真の奥にある、建物の屋上から発掘現場を大きく写したところです。

建物の配置や通路や池のある庭などが確認できるそうです。
*
2014051_doshisha04
新聞やネットニュースでも紹介されてた、「尾形乾山」の銘の入った陶器の破片です。 

当時の二条家の当主は、乾山のパトロンになって鳴滝窯などを築かせてここで焼き物を造らせていたことが文献から判っていますが、それが実物で確認された貴重な遺物だそうです。
*
2014051_doshisha06
これは、二条家の家紋の「二條下り藤」が染め付けられた皿です。

最初にも書きましたが、やはり摂関家ともなると日用品にも家紋をいれた立派な品を使っていたようですね。

こんなお皿で食事をしながら、平安貴族のような優雅な生活をしていたのでしょう

と、皆さんお考えかもしれませんが、現実は、そうでもなかったようです。あまり現実的なことを書くと、みなさん興ざめされるかもしれませんが、江戸時代の大名家と同じで、お公家さんも、格式や体面を繕うのが大変で、いつも台所は火の車 だったそうです。

摂関家クラスは別としても、中下位の公家では、当主自らが内職しないと食っていけなかったともいわれます。

ホンとかウソかは知りませんが、京の商人たちは「お公家さんの屋敷の前で、売り声を出してはいけない。どうせ買ってもらえないんだし」と話していた。
という冗談を聞いたことがあります。
*
(続く) (次回は、京都御所のまわりを散歩します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】初夏の花シリーズ(2014)その5 初夏の花いろいろ | トップページ | 京の初夏の散歩 京都御所の回りでみつけた草花と情景 »

コメント

うちの台所も 火の車~~
今日は特に・・・
ひとり3個のはずのひとくちカツを ひとり4個付けてしまって
気付いた頃には 遅かった

しかし暑いねーーー

>> 音姫さんへ

こんばんわぁ

日が暮れると、まだヒンヤリして過ごしやすいけど、昼間はもう
出歩けないね

トンカツの数が間違っててお客さんは、大喜びだったでしょうね
明日は、ぶ厚い衣で膨らませた(笑) 天ぷらだして元取る(^_^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の初夏の散歩 旧二条家跡の発掘調査を見学:

« 【叡電】初夏の花シリーズ(2014)その5 初夏の花いろいろ | トップページ | 京の初夏の散歩 京都御所の回りでみつけた草花と情景 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ