« 京の初夏の散歩 旧二条家跡の発掘調査を見学 | トップページ | 京の夏の散歩 石峰寺の若冲の五百羅漢 »

2014.06.03

京の初夏の散歩 京都御所の回りでみつけた草花と情景

先週の土曜日(5/31)に、同志社女子大の構内で、旧二条家の屋敷跡の発掘調査の一般公開がありましたので見にいきました。

その後、京都御所のまわりをまたお花を写しながら散策しました。
*
2014052_gosyo01
5月も末となると、春の一般公開も終わり、日中35℃前後まで気温の上がる時期に、御所を散歩する人は少ないです(^^ゞ

植物も春咲きの花期も終わり、出水の小川の梅林や桃苑も緑葉はより濃くなっていますが、あまり「これは!」というような被写体は見つかりません。

宗像神社に入ります。ここも一般公開の時期の大混雑がウソのように静まり返っています。

足元に、ドクダミの白い花が目に付きました。群生になっているところもありますが、ポツンと咲く花を一枚。
*
2014052_gosyo02
この後、厳島神社と九条池、閑院宮邸跡などをちょっとのぞいて、椹木門から烏丸通にでます。

菅原院天満宮で、ちょっと面白い構図を発見。
となりの聖アグネス教会の十字架と梅鉢紋が似合ってるようないないような(^_^)
*
2014052_gosyo03
一筋西の室町通を歩きます。もうすぐ今出川というところに、もうやっていないようですが、昭和モダン?の床屋さん発見。

昔は、西陣の職人さんで賑わっていたんでしょうか。
*
2014052_gosyo04
相国寺に入ります。四季花の絶えない塔頭の普広院にお邪魔します。

ありました! 探していた、まだ生き生きとしたサツキの花。大方は盛りを過ぎて写す気にならずに通り過ぎてきたのですが、やっと見つかりました
*
2014052_gosyo05
*
2014052_gosyo06
生垣としては珍しいわけではありませんが、イヌマキの花が咲いてるのをはじめて写真に撮ったような気がします。

このあと、団子のような実がなるそうです。また見てみたいですね。
*
2014052_gosyo07
相国寺を出て、本満寺へ。有名なシダレザクラの横にザクロが花を咲かせていました。夏を感じさせる色です。
*
Densyar
*
これにて、初夏の散策はお仕舞い。5月の累計歩数は、50万歩余り、一日16,000歩余りでした

(次回は、真夏日になった伏見深草を歩きます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の初夏の散歩 旧二条家跡の発掘調査を見学 | トップページ | 京の夏の散歩 石峰寺の若冲の五百羅漢 »

コメント

こんにちは。

ここ数日、真夏日が続いて、正直バテかけています

散策の際にサツキの花を発見されたそうで。
良かったですね。

それにしても、かなり歩かれましたね。
お疲れ様でした。

こんばんは~
二枚目の狛犬?ですか?
すっごく恐いです〜
なぜ、あんなに黒いんでしょう?

さつきのお花、ほんと生き生きしていますね。
梅雨が近づくこのごろ、お花の色合いは嬉しいです!

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。
今日は、午後にすこし雨が降って、ちょっとしのぎやすいですね。
これからは、雨が続くみたい。梅雨時は、カメラ散歩がやりにくいです

>> mik さんへ

こんばんは

2枚目は狛犬です。
なかなか怖い顔してますね。

黒いのは、バックの教会に焦点が当たってるので
すこし影になってるからだと思います。

>> キハ58さんへ

こんにちは。

先週末くらいから京都市内は、連日真夏日になって、花壇のお花も
グッタリしてるのが多かったです。

このお寺は、それほど大きくはありませんが、よく手入れされて整った
お庭があり、四季の花を写しに寄せてもらってます。
おそらく朝夕に、お寺の方が水やりして、花が痛まないように気をつけて
居られるのだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の初夏の散歩 京都御所の回りでみつけた草花と情景:

« 京の初夏の散歩 旧二条家跡の発掘調査を見学 | トップページ | 京の夏の散歩 石峰寺の若冲の五百羅漢 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ