« 京の梅雨晴れの散歩 大豊神社の参道にて | トップページ | ゴム鉄砲展示会を見に行ってきました。 »

2014.07.02

京の梅雨晴れの散歩 神楽岡・吉田山に花を探して

いろいろと用事が続きまして、散歩どころではなかったのですが、 ようやく一段落着いたので、の頃以来、2ヶ月ぶりに哲学の道から神楽岡・吉田山を歩いてきました。
*
201406yoshida01
大豊神社をでて、天王町から岡崎神社と本願寺岡崎別院の間の細い道を登って、黒谷さんにお参りします。

裏参道から入る形になるので、本堂へは石橋を渡ります。この橋を極楽橋、池を蓮池、別名「兜池」と呼びます。

蓮池は、今月半ばごろにハスが見ごろになるからですが、兜池は、その昔、熊谷直実が平敦盛を殺した罪を償うため、この池で兜を洗い、法然の弟子となったとの伝承によります。
*
201406yoshida02
塔頭の永運院の塀越しに花を伸ばしているのは、ハハコグサの一種でしょうか?

バックの屋根瓦との対比が面白かったので
*
201406yoshida03_2
こちらは、塔頭の龍光院のギボウシです。この写真を撮ったときは咲き始めでしたが、今はもう見ごろかも。
*
201406yoshida04
お隣の塔頭の顕岑院の板塀にからまっていたノウゼンカズラです。これもつるが縦横に伸びて、幾何学模様に見えたので、写してみました。
*
201406yoshida05
吉田山を越えて、吉田神社の参道に降りてきました。朱色の鳥居と、ブルーのアジサイの色合いの対比の妙が良かったです。
*
201406tetsugaku01
最後は、やはり電車で締めましょう

クチナシの花に彩られた一乗寺塚本公園の京都市電720号です。
*
201406tetsugaku03
掲示板に現役時代の写真が貼ってありました。北野白梅町の交差点を、西大路通りから今出川通りへ左折しているところです。向って左には、嵐電の北野白梅町駅があります。

撮影時期などは書かれていませんでしたが、昭和40年頃の撮影でしょうか?
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の梅雨晴れの散歩 大豊神社の参道にて | トップページ | ゴム鉄砲展示会を見に行ってきました。 »

コメント

おはようございます。

ハスやアジサイは知っていますが、それ以外の花の名前は、初めて聞きました。

下から2枚目の写真は、梅小路の市電ひろばでしょうか?

最後の現役時代の写真、貴重ですね。

心が凹んでる時 なかっちょさんの写真で癒される
肩の力が抜けて ふぅ~~って見入ってるもん(o^-^o)

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

わたしも、ちょっと前までは、花壇の花を見てもぜんぜん名前がわからなかった
のですが、写真に撮ると、やっぱり名前が知りたくなって、ネットの植物図鑑などで
調べるようになりました。

京都市電は、叡電茶山駅から徒歩5分くらいのところの公園に置いてあります。

>> 音姫さんへ

こんにちは。

こんな写真でも、癒し効果があるのなら、アップしたかいがありますね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の梅雨晴れの散歩 神楽岡・吉田山に花を探して:

« 京の梅雨晴れの散歩 大豊神社の参道にて | トップページ | ゴム鉄砲展示会を見に行ってきました。 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ