« 示現会京都展を見てきました。 | トップページ | 京の梅雨晴れの散歩 新洞学区あたり »

2014.07.08

京の梅雨晴れの散歩 平安神宮の神苑

展覧会を見た後は、ひさしぶりに平安神宮の神苑に入ってみました。
*
201407heian01
過去のブログを検索してみると、前回は2009年の6月に来てました。その時は、ハナショウブが満開だったので、今回も期待していたのですが、ちょっと遅くて、ハナショウブはすでに花を落としており、カキツバタは、庭師さんが苗の剪定を始めているところ(^^ゞ

それなりの入園料を払ったのにガックリです

まあ、仕方ないので、他の草花を見て行きます(^^)
*
201407heian02
ちょうど盛りのハンゲショウと早咲きの萩。白と緑と紫のコントラストが鮮やかです。

今年は7月2日が半夏生の日、関西ではタコを食べる日ともいわれますが、うちの近所ではそんなことはないですね。でもたこ焼きをオヤツに食べました(笑)
*
201407heian03
黄色い花を咲かす、コウホネです。水面に松の枝ぶりが写り込んでいるのが面白かったです。
*
201407heian04
中神苑の蒼龍池のスイレンです。

飛び石の「臥龍橋」は、なんと安土桃山時代に架けられた「五条大橋」と「三条大橋」の橋脚を転用しているのです。

このお庭全部が、明治の名庭師、植治こと7代目小川治兵衛の作品です。「京都の名庭園で7代目植治の手にかからないところは無い。」と云われるほどです。
*
201407heian05
みんなが必ず写真に撮る(笑)屋根付きの橋殿(泰平閣)、絵葉書ポイントなので、あえてモノクロにしてみました。
*
201407heian06
最後は、泰平閣の欄干越しにみたもみじの種で今日の神苑散歩は、終わりにして帰ることにしましょう。
*
(続く) (散歩道は、帰り道となります)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 示現会京都展を見てきました。 | トップページ | 京の梅雨晴れの散歩 新洞学区あたり »

コメント

おはようございます。
赤紫っぽい睡蓮に飛び石はよく似合ってますね(^^)
苔がつき、適度にでこぼこ感があるせいでしょうか。
モノクロ・・・美しい構図だと思いましたが、絵葉書ポイントなのですね。
京都のお庭散歩、良いですねえ♪

スイレン きれいですよね
平安神宮も はるか昔に行ったきりです(^_^;)

こんにちは。

平安神宮の神苑、良いところですね。
自分は行ったことがないので、一度行ってみたいと思いました。

どのお花も綺麗ですね。

2枚目の写真のハンゲショウの花を漢字では「半夏生」となるのですね。
初めて知りました。

>> ナルコユリさんへ

こんにちは。

この飛び石とスイレンをどうまとめてやろうかと、かなり粘ってみました。
飛び石から写したり、お池を一周して、四方から写したり・・・・

結局、四百年の時を刻んだ橋げたの石をメインにした構図をUp
しました。

屋根のある橋の方は、もうこれ以外に撮り様がないのですが
これを撮らないと、神社の宮司さんに怒られそうなので

>> 音姫さんへ

スイレンをアップで写した写真もあるのですけど、
それだと平安神宮のお池というのが分からないので
止めときました。

秋の時代祭りの頃に、お出で下さい。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

このお庭は、植物園顔負けに、いろんなお花が咲いてますが、
やはり夏場は、暑い上に花も少ないので、秋になってから
行かれるのがよいと思いますよ。

平安神宮は、まともに立ち寄ったことのない京都の有名どころです。
観光バスとか使えば、行くんでしょうね。
今日、橘殿を初めてみました。落ち着いた雰囲気、池と建造物と緑の調和が素敵です。
今度京都行ったらいこうっと!

>> キハ58さんへ

こんにちは。

平安神宮は、本殿だけお参りすると、広~い前庭と、大極殿を模した本殿には
ちょっと感心させられますが、
出てくると「これだけ?」って、なんか拍子抜け(失礼)感じがしちゃいます。

神苑まで行かれ人は少ないですけど、ここの本領は神苑にあるのかも
しれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の梅雨晴れの散歩 平安神宮の神苑:

« 示現会京都展を見てきました。 | トップページ | 京の梅雨晴れの散歩 新洞学区あたり »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ