« 京の梅雨晴れの散歩 哲学の道のアジサイ | トップページ | 京の梅雨晴れの散歩 神楽岡・吉田山に花を探して »

2014.07.01

京の梅雨晴れの散歩 大豊神社の参道にて

いろいろと用事が続きまして、散歩どころではなかったのですが、 ようやく一段落着いたので、の頃以来、2ヶ月ぶりに哲学の道から神楽岡・吉田山を歩いてきました。
*
201406tetsugaku15
訳けあって、しばらくは神社へ参るのを遠慮しなければならない身なので、本殿までは行かずに、参道を歩くだけに止めます。

まず目に付いたのが、石灯籠にアジサイの明かりが灯ったように見える光景。偶然かはたまた必然(笑)なのか?
*
201406tetsugaku13
反対側は、鹿のレリーフのある石灯籠。
手前のアジサイとバックの石垣は、実は真っ白なんですけど、お遊びで(笑)、塗り絵してみました
*
201406tetsugaku12
もうすこし行くと、石灯籠の基壇にちょこんと乗せられた干支の置物。向って右は巻物、左は珠をもって、名物の狛ねずみのミニチュアです。
*
201406tetsugaku11
キンシバイの向こうにひっそりとたたずむ2匹。
:
201406tetsugaku10
ヘビ(巳)さんは、赤い実のなる木の陰に、3匹ならんでいました。デザインがどれも違うので、だれかが持ってきて置いたのでしょうか?
*
201406tetsugaku14
きれいな斑入りの葉っぱのガクアジサイが植えてありました。
*
201406tetsugaku16
こちらは、斑入りのススキ。

他にも、いろいろな花が咲いてましたが、まだ椿の花が咲き残っていたのには驚きました。さすがに椿の名所しても知られる神社だけのことはあります。

次は、白川通りを渡って、黒谷さんの境内に向います。
*
(続く)
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の梅雨晴れの散歩 哲学の道のアジサイ | トップページ | 京の梅雨晴れの散歩 神楽岡・吉田山に花を探して »

コメント

こんにちは^^
斑入りの葉っぱは大好きなんです
でも紫陽花の葉で斑入りというのは珍しいですね。
初めて見た気がします。 どの写真も技ありというところですが、
中央に、斜めと真横に線が入ってるのが気になりますが。。。
(3枚目と4枚目です)

こんにちは。

こじんまりとした雰囲気の場所に、ちょこんとお花や置き物が添えてある雰囲気が感じ取れて、とても良い感じですね。

>> ターコイズさんへ

こんにちは。

斑入りの葉っぱは、お好みですか(^^)
また、目についたら写しときます。

写真に、線が入ってるのは、やっぱりやり過ぎ(笑)ですね。
とりあえずこのままにしときますが、落ち着いたら差し替えるかも

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

なかなかこの雰囲気を写し取るのに苦労しました
でも、変に細工せずに、素直なままが良いみたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の梅雨晴れの散歩 大豊神社の参道にて:

« 京の梅雨晴れの散歩 哲学の道のアジサイ | トップページ | 京の梅雨晴れの散歩 神楽岡・吉田山に花を探して »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ