« 【叡電】夏の花シリーズ(2014)その5 つる草 | トップページ | 京の夏の散歩 旧山陰道の初っ端だけ歩く(その2) 樫原 »

2014.08.31

京の夏の散歩 旧山陰道の初っ端だけ歩く(その1) 梅小路

8月最後の週末は、最高気温も30℃以内で収まって、非常に過ごしやすい一日でした。ふだんの年なら、まだまだ残暑はこれからといったところですが、今年は、カレンダーどおりに秋となるのでしょうか?

で、前から行ってみたかった山陰道の最初の宿場町「樫原」まで2日間に分けて京都市街と旧街道を歩いてみることにしました。

コースは二条城をスタートして、七条通りから桂川をわたり、樫原へ至ります。編集の都合で、バラバラでアップしますのをご容赦くださいませm(__)m
*
Umekouji17
現在の交通網では、山陰道の基点は、烏丸五条の国道9号線起点となりますが、旧街道では現在の梅小路公園付近の千本七条の旧丹波口が起点となります。

梅小路に来れば、やっぱりSLとチンチン電車見物(笑)でしょう。
この日のSLはD51-200号機でした。
*
Umekouji18
夏場なので花とSLが撮れるか心配してましたが、さすがにサルスベリの花は、元気に咲いてました。
*
Umekouji19
この前は、春の梅見、花見の時期に来てますがなぜかピンク色の花ばかりですね(^^♪
*
Umekouji20
偶然、国鉄色の特急がすれ違ってくれました。きのさき10号の381系です。

国鉄色の電車はどんどん減っているので貴重なツーショットになりました
*
Shidenhiroba02
チンチン電車の軌道も芝生が伸びてグリーンラインになりました。
*
Shidenhiroba03
お花畑を縫って進んでいきます。
*
Shidenhiroba04
保存車の方向幕に、いつのまにか「梅小路公園・総合案内所」の文字が入ってます。
*
201408sanindo01
梅小路公園の入り口からすこし西に行ったところにある、松尾大社のお旅所。

ここが旧山陰道の起点。ここから北西に丹波・丹後を経て出雲・石見国に向います。
*
(続く) (次回は、一気に樫原宿へ飛びます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 【叡電】夏の花シリーズ(2014)その5 つる草 | トップページ | 京の夏の散歩 旧山陰道の初っ端だけ歩く(その2) 樫原 »

コメント

二日間とはいえ、二条城~樫原とはよく歩かれましたね
私も結構歩くけど、感心しました(*^-^)
土曜日は雨に降られてしまいましたが、強い日差しがなくて良かったです。

京都時代のラストは洛西ニュータウンでした。
バイクのカブ(当時はまだ原付はノーヘル)のフルスロットル(制限オーバーの時速60㎞くらい)で、片道三十分近くかけて大学まで通いました。
九号線=五条通=一号線(だよね?)を堀川で左折、までが遠かった。
それから先も遠いけど。
あの頃の50ccカブは人間工学的に座り心地が悪く、ほとほと通うのが嫌になりましたよ。
それでも電車(阪急桂駅~)よりはマシでした。
電車・バスだと30分では無理だし交通費もかかるし。
しかも当時、地下鉄の終点は北大路だし。
今なら桂から神山までどんな電車ルートになりますか?

おはようございます。

こちらでは、昨日(先月31日)の朝から涼しくなり、今朝も扇風機がいらないくらい(笑)涼しいです。

そういえば自分はまだ、梅小路公園の「市電ひろば」に行っていませんでした(^^ゞ。

今月から、土休日を趣味活動に費やすことに、先月段取りを組みました。

市電ひろばは、押さえておきます(笑)。

>> ナビさんへ

土曜は、出町柳から御所、二条城、四条大宮、三条京阪と歩いて、8キロ余り
日曜は、樫原から桂、西京極、梅小路、清水五条とあるいて、やはり8キロほどです。

土曜は、午後からが降る前に帰れてよかったです。
日曜は、もう完全に初秋の雰囲気ですね。島原の角屋の一般公開が
面白かったです。

>> 笠井くんへ

こんにちは。
洛西ニュータウンから上賀茂までの通学は大変でしたね。

いまは、地下鉄が国際会館まで来ているので、ここから神山行きの
直通バスに乗る学生さんが多いみたいですよ。
朝のバス乗り場は、産大と精華大の学生でごった返してます。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

しでん広場も、いっときに混雑はなりをひそめて、完全に公園の施設の
一部になりきってますね。

チンチン電車にのって、SLをみて、半日楽しめます。

D51に元祖振り子なんて素晴らし組み合わせですね。
きのさきに使われているんですね。山陰本線の旧線・保津川あたりのクネクネを走っている姿を見たかったです!

>> キハ58さんへ

こんにちは。

貴重なシーンですが、特急もSLも午前11時すぎにかならずここを通過するので
その気になれば、毎日でも見れるのかも(笑)

中央西線が電化されて、D51が去り、381系がやってきる引継ぎの数ヶ月
中津川~塩尻間の各駅では、こんなシーンも見られたんでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の夏の散歩 旧山陰道の初っ端だけ歩く(その1) 梅小路:

« 【叡電】夏の花シリーズ(2014)その5 つる草 | トップページ | 京の夏の散歩 旧山陰道の初っ端だけ歩く(その2) 樫原 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ