« 昭和40年頃の地蔵盆の想いで(^^♪ | トップページ | 【叡電】夏の花シリーズ(2014)その5 つる草 »

2014.08.28

京の夏の散歩 またまた相国寺ふきんをブラブラ

梅雨に戻ったような、あるいは早くも秋雨前線に覆われたようなうっとうしい天気が続いています。

天気の思わしくない時の散歩はあまり遠くへ行けないので、東向きは銀閣寺から哲学の道、西向きは大徳寺から西陣、南向きなら相国寺から御所、北向きなら八瀬か岩倉あたりをブラブラ歩いてます。

今回は、お盆の行事も終わって、夏が去り行こうとしている相国寺の付近をブラつきます。
*
201408syoukokuji01
相国寺の北門を入ると塔頭の並んだ一角があって、禅寺らしい趣で時代劇のロケ地に最適なところがあります。

長徳院の門から前庭をみると、蝉時雨の中、百日紅の陰にちいさな祠がたたずんでいます。

前回記事にした、ホコラをテーマにした展示会の後なので、ちいさな祠やお堂がより気になります(^_^)
*
201408syoukokuji03
お隣は、大光明寺。十三佛巡りのうち普賢菩薩をお祀りしています。質素な玄関が好きです。
*
201408syoukokuji02
白砂の内庭にリンドウがひと群。

たまたま法要中で、この日の立ち入りはここまで。
*
201408syoukokuji07
花のお寺、普廣院へ。鉢植えの蓮も花弁が落ちて、ハチの巣だけが夏の終わりを告げています。
*
201408syoukokuji04
ちょっと趣を変えて、同志社大学のハリス館に入って見ました。今は大学のギャラリーになってて、「同志社と絵画」という、カンバスに描かれた同志社の風景の展示をやってます。(8月末まで)

明治の煉瓦の洋館で見るミッションスクールの絵はなかなか心に沁みますね。
*
201408syoukokuji05
出町柳駅への戻り道、「出雲路幸神社」というちいさなお宮に参りました。猿田彦大神をまつり、平安遷都のとき、都の鬼門を守るため、道祖神を祭ったのが始まりとも伝えられます。

奥に、陽石が奉ってあります。真新しい木札がなまめかしいです。
*
201408syoukokuji06
もともと現在地より東の賀茂川のほとりに鎮座していたとも伝えられ、そのためか寺町通りの石柱は、神社と反対の東側にあります。いまでは川原に出る道がなく、ここを通るたびに「どこに神社があるんやろう?」と、不思議に思ってました
*
(次回は、叡電ネタです)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 昭和40年頃の地蔵盆の想いで(^^♪ | トップページ | 【叡電】夏の花シリーズ(2014)その5 つる草 »

コメント

おはようございます。
1枚目、感じの良いお庭ですね。
禅寺の静かなたたずまいが伝わってきます。
関東も雨が降り、しのぎやすい日が続いています。
同志社のハリス館は、横浜の西洋館の面影がありますね(^^)

>> ナルコユリさんへ

こんにちは。

相国寺は、京都五山の禅寺のなかでは一番街中にありますが、意外と観光客も
少なくて、散歩するにはもってこいのお寺です。

塔頭は、非公開のところがほとんどですが、門から前庭をのぞかせてもらう
だけでも、四季折々の風情があって見飽きません。

ハリス館も、去年は大河ドラマ「八重のさくら」で、おおぜいのギャラリーが
来てましたが、今はひっそりしてます。夏休みで学生さんも誰もいません。
こんな洋館で、お茶したいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の夏の散歩 またまた相国寺ふきんをブラブラ:

« 昭和40年頃の地蔵盆の想いで(^^♪ | トップページ | 【叡電】夏の花シリーズ(2014)その5 つる草 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ