« 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その1) | トップページ | 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その3) »

2014.08.19

京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その2)

バタバタのうちに(笑)、お盆休みも過ぎてしまいました。
15日に、お墓参りの行き帰りに祇園さんから清水坂を観光客に混じって歩いてみました。
*
201408yasaka01
東大谷さんのお墓から石塀小路に入ります。ねねの道などに比べると観光客は少なくて、閑散としてます。
*
201408yasaka02
八坂の塔が見えてきました。

この付近のランドマークの五重塔をいろんな角度から写してみることにします。
*
201408yasaka03
まずは、八坂道の下から眺める、おなじみの構図。

人力車を入れて、アクセントにしてみました。
*
201408yasaka04
塔の東南から夏みかんの樹を入れて一枚。

下層が茂みに隠れますが、いちばんスッキリと撮れる構図です。
*
201408yasaka05
夏らしく、かき氷ののぼり旗を入れてみましょう。
*
201408yasaka06
八坂道を二年坂のほうまで登ったところから振り返って写しています。

この構図も、ポピュラーですが、好きです。
:
201408yasaka07
最後は、八坂道の入り口、東山通りの交差点からです。
ぶら下がっているのは、くくり猿。八坂庚申堂のお守りです。大小5体の猿を軒先などに吊るして厄除けや願かけにします。
*
201408yasaka08
庚申堂の三猿(見ざる・聞かざる・言わざる)
*
201408yasaka09
五重塔の木組みにも対等でカメラに収まってくれます。
*
201408yasaka10
市バスにもピッタリ
*
(続く) (次回は、清水三年坂美術館を見学します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その1) | トップページ | 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その3) »

コメント

猿ぼぼ(?)やったっけ??
あれは飛騨か(^_^;)
くくり猿?? やね

京都らしさのコラボいいですね
清水寺といえば、サスペンスの女王、山村美紗さん宅を京都在住の方に
案内されて見に行ったのがなぜか一番印象に残っていることです(笑)

こんばんは〜*\(^o^)/*
くくり猿?お顔は付いてないんですね?
厄よけのお守りなんですね!ちょっと不思議な感じです
最初、お仕置きされてる猿かと思って ちょっと怖かったです〜(;^_^A

ポピュラーとおっしゃている構図、私も大好きです。
小道の奥に、八坂の塔・・・絵になりますね!

>> 音姫さんへ

こんにちは。

飛騨高山のさるぼぼは、元気に飛び跳ねてるイメージのおサルさん
ですけど、祇園のは、くくられてちょっとカワイソウにも見えますね。
これは、欲望を抑えて、「人間辛抱が肝心」とのおまじないなのだとか。

>> ターコイズさんへ

こんにちは。「いいね」ありがとうございます。

この付近も、家が建て込んで観光客も多くて、なかなかシャッターチャンスが
見つからず、なんども立ち止まってはカメラを向けました。

一時、山村美沙さんと西村京太郎さんという、推理小説の売れっ子ふたりが
隣同士に住んでられたお宅ですね。

山村美沙さんの作品では、名探偵キャサリンのシリーズが一番好きですね。
西村京太郎さんのは、もちろん十津川警部のトラベルミステリーです(^^♪

>> mik さんへ

こんにちは。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、真ん中の白いところが
顔なのでしょう。ただし目鼻は描かれてませんが。

くくり猿の名前の通り、猿に託して、人間の欲望を縛り付けるのが
本来の姿ですから、はじめて見る人は、ちょっと不気味(失礼)
かもしれませんね。

調べると浜松にも浜北の庚申寺にくくり猿がるようですね。

>> キハ58さんへ

こんにちは。

二年坂から見下ろすのと、東山通りから見上げるのは、ポスターに
テレビCMに、雑誌にと、いくらでも目にするのでもう食傷ぎみ
ですね。

でも定番だからこそ、ちょっと工夫して面白い絵に仕上げる楽しみが
あります。

こんばんは。

京都はしばらく行ってないので、
このお写真を拝見してすっごく行きたくなっちゃいました。
電車好きの息子と嵐山のトロッコ列車とかいいなぁなんて思ってます(*^^*)
人力車にも憧れます☆


おはようございます。

京都って、本当にいろいろな観光スポットがありますね。

この中では、八坂の塔と人力車、庚申堂の三猿が個人的に気に入りました。

>> ちゃけ☆ さんへ

こんにちは。

わたしも、きれいになった姫路城を見たいなぁ
と、思いながらも、なかなか神戸から西へは行けてません(^^ゞ
涼しくなったら、プチ旅行しましょうね。

人力車は、なかなか楽しそうですが、けっこう乗り賃がするので
一度も乗せてもらったことがありません。

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

この辺は、定番のところ、隠れた人気スポットと、自分のお好みで
楽しめそうですね。

近いので、またお出で下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その2):

« 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その1) | トップページ | 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その3) »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ