« 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その2) | トップページ | 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その4) »

2014.08.20

京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その3)

バタバタのうちに(笑)、お盆休みも過ぎてしまいました。

15日の祇園さんから清水坂への散歩の途中に、三年坂美術館で、幕末から明治の根付の名品を鑑賞します。
*
201408gion01
この美術館は、幕末から明治期の金工・七宝・蒔絵・陶磁器などの名品を集めた私設美術館です。

出来て十数年たつのですが、設立の経緯からして失礼ながら「金持ちのコレクションを見せびらかしているだけ。」と、思い込んで最近まで見向きもしていませんでした。

でも、コレクションの内容を知るにつけ、「これは見るべきモノだ。」と、思い直して、今回、根付の特別展があるのに合わせて見学してみました。

さすがに、すばらしい作品が揃っています。
根付は、握りこぶし大から小さいものは豆粒大の素材に、彫刻、蒔絵、金銀細工、染織の技をつぎ込んで、精緻な工芸品に仕上げられています。

虫眼鏡で拡大して、はじめてその細部がわかるようなミクロの世界です。現代の職人さんではなかなかここまでの細工は出来ないそうです。明治の職人の技はたいしたものですねcoldsweats02

洋服を着て、紙巻タバコを吸うようになると、根付や煙草入れの実用品としての用途はなくなって、いまではもっぱら美術工芸品として、一部の愛好家が集めるだけになってしまいました。

でも、ひょんなことから、このネット時代にリアルなアイテムとして復活するとみしれませんねhappy01

残念ながら、8月17日で会期は終わってます。次の特別展は、
「喫煙具 — 煙管(キセル)と筒と煙草入」です。
詳しくは、清水三年坂美術館のHPへ 
http://www.sannenzaka-museum.co.jp/index.html
dex
*.html
(続く) (次回は、美術館をでて、三年坂から清水坂へ向かいます)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その2) | トップページ | 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その4) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/60156974

この記事へのトラックバック一覧です: 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その3):

« 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その2) | トップページ | 京の夏の散歩 祇園さんから清水坂へ (その4) »

フォト

夏の終わり

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ