« 御室仁和寺と花園妙心寺のヒガンバナ | トップページ | 【叡電】有頂天家族イラスト電車 »

2014.09.26

【叡電】初秋の花シリーズ(2014)その3 コスモス・ススキほか

「花とえーでん・秋3号」は、コスモス・ススキほかです。
*
721_0100
ふつうのコスモスは、まだ咲きかけです。また見ごろになった頃に写してあげましょう。

宝ケ池~三宅八幡間
*
801_0114
コスモスの隣は、ムラサキシキブ (正しくは、コムラサキ)の実です。緑から赤紫へのグラデーションが美しいですね。ここは藤色のラインカラーのデオ813号に来て欲しかったcoldsweats01

宝ケ池~八幡前間
*
711_0101
ススキも早や見ごろです。

三宅八幡駅
*
731_0095
ススキと酔芙蓉が並んで電車を迎えてくれてました。

三宅八幡駅付近
*
731_0096
club酔芙蓉は、朝は白色、午後は桃色、夕方から夜に紅色になります。酒を飲んで顔色がだんだんと赤くなるのに似ているので、この名がついたといわれます。

heart芙蓉・酔芙蓉の花言葉には「繊細な美」「しとやかな恋人」「富貴」「微妙な美しさ」などがあるそうです

spade中国では、酔芙蓉を酒に酔って頬を染める楊貴妃の美しさにたとえたりしています。

diamond日本では、富士山の美しさをたたえて「芙蓉峰」と呼びます。
*
(次回は上賀茂神社周辺を散歩します)
*
pinboke_entry
お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ。

« 御室仁和寺と花園妙心寺のヒガンバナ | トップページ | 【叡電】有頂天家族イラスト電車 »

コメント

おはようございます。

もうススキの時期なのですね。

今年は、季節の移り変わりが早いような気がします。
昨日の新聞では「今冬は暖冬」と報じられていました。
その分、昨年と比べ、過ごしやすそうだと思いました。

酔芙蓉、初めて聞きました。
そんなお花があったのですね。

こんにちは^^
昨年、酔芙蓉を時間差で写真撮りに行ったことを思い出しました。
紫式部というくくりで呼ばれてもいますが、こんなにびっしり並んで
実をつけるのは、コムラサキの方だと思います。
御苑には、コムラサキ、白式部、紫式部と3種咲いてましたので
当然その違いを比べてしまいます。悪しからずcoldsweats01

>> ターコイズさんへ

こんにちは。

コムラサキとムラサキシキブは、別の品種なんですね。調べるとムラサキシキブは、
山野草で庭木として栽培されるのは、ほとんどがコムラサキとの説明もありました。

いままでシロシキブも含めて、ごっちゃにしてましたbleah

>> 京阪快急3000さんへ

こんにちは。

ほんとに今年は、夏は雨ばかりで、秋の進むのが早いですね。
フィールドワークには、好都合ですが、天候不順に泣いてるお店もあるとかconfident

酔芙蓉は、今の時期なら、庭先や公園でも見つかりますよ。
気を付けて探してみてください。

京都では、地下鉄東西線御陵駅ちかくの
大乗寺が「酔芙蓉の寺」として有名です。
http://www.geocities.co.jp/junfumihp/dtop

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69436/60321213

この記事へのトラックバック一覧です: 【叡電】初秋の花シリーズ(2014)その3 コスモス・ススキほか:

« 御室仁和寺と花園妙心寺のヒガンバナ | トップページ | 【叡電】有頂天家族イラスト電車 »

フォト

叡山ケーブル

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ